10月3日(火)くもり時々小雨

最低気温10℃最高気温14℃
サル来苑時間10:40

最近のサル来苑状況
2日(月)10:40

ここ最近、夕方山へ帰る際にエサ場の奥側に帰る事が多かったのですが、昨日は事務所側の山へと帰っていきました。今年の秋のシーズンは、事務所側に帰ると朝早くに公苑に来ていてくれたのですが、やはり秋の食べ物が出てきているのか、なかなか下りて来てくれません。なので、いつものように山へ登っていきました。
事務所側の山は久しぶりに登りました。ここ最近いつものように登るエサ場奥側よりも紅葉が進んでいる印象。日々寒さが増し、あたりの風景も移り変わっていきます。

PA030388






「お年頃」
サルたちは発情を迎えると、ホルモン分泌が活発化し、顔が赤くなります。すでにオスの何頭かは赤くなり始めていましたが、メスたちの中でも顔が赤くなり始めてきました。サルの出産は早い者で5歳くらいから。画像の子はメスの4歳(トックリ00‐13♀)。来年は5歳ですから、出産可能なシーズンで、お年頃のシーズン。元々赤黒い顔をしているので発情の気があるのかは不明ですが。まだまだ子供なので遊びたい盛りのようにも見えます。

PA030391





「新商品!!オリジナルぬいぐるみ」
地獄谷野猿公苑オリジナルのぬいぐるみができました。今までにもぬいぐるみの販売はありましたが、今回は既存の物より少し大きめサイズ。おおよそ高さ20僉濾20冂。存在感アリ。

PA030392





「これからのシーズンこれくらいはね」
スノーモンキーという事で、冬アイテムのマフラーもして、防寒対策もばっちりです。

PA030394





「アップ」
毛皮の部分はやや毛足が長く、ふわふわのさわり心地。愛くるしい顔立ちです。地獄谷野猿公苑のオリジナルの商品となりますので、他のお土産屋さんでは置いていません。お手に取って気に入った際は、公苑の売店にてお買い求めください。






秋のシーズンとなりました。秋は山の食べ物が多くなることや、サルたちの発情期となる事で、サルたちの動きが活発化するシーズンとなります。山の実り方や発情状況によってその年の動き方にバラつきがありますが、例年このシーズンはサルたちが公苑にやってくる時間や山へ帰る時間が不安定となります。ブログやFacebook等参考の上、来苑予定をご計画ください。
地獄谷野猿公苑のサルたちは野生の動物であり、サルにはサルの山で生きていく上での都合があります。絶対的なコントロールの出来ない生き物であることを前提に、だからこそ何物にも縛られない自由な生き生きとした姿を観察できるという事への楽しみをお持ちただけるよう、施設の特性へのご理解ご協力をお願いいたします。


地獄谷野猿公苑には給水器はございますが、販売機等ございません。ジュース、お茶などの飲み物はご持参ください。苑内での食べ歩きは禁止させていただいておりますが、ペットボトルや水筒を飲んで水分補給していただく事は問題ありません。こまめに水分をとって熱中症対策を心がけてください。その際にペットボトル等を置いて離れてしまうと子ザルの遊び道具にされてしまいますので、手元から離さないで持ち歩きましょう。

遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑
は適しておりません。おやめください。