11月9日(木)くもり時々小雨

最低気温1℃最高気温4℃
サル来苑時間9:00〜14:30

最近のサル来苑状況
6日(月)9:00
7日(火)9:00
8日(水)10:10

先週はサルたちが山から下りてこない状況が続きましたが、一度公苑に来てくれるようになってからは朝の様子は落ち着いています。
早々とサルたちから自発的に公苑に来てくれたり、スタッフが山に探しに行っても近間のポイントで発見したりと、読みやすい動きをしています。
ただし、今日は午後に山側に動き出したかと思うと、こちらの呼びかけに反応することなく一気に山へ帰ってしまいました。
山の落ち葉はすっかり落ち、公苑から見える志賀の山もうっすら白くなり始め、晩秋の頃となりました。
サルたちの発情もピークです。

DSC_0048[1]





「別行動」
今朝、私が山に登りサルたちを探し始めた頃、公苑から、サルが降りてきたという連絡が入り、一安心。それでも私のいたポイント近くでも声が聞こえ、気配のある方向に移動してみると、1♂トマム95と15頭ほどのメスや子供たちのグループと遭遇しました。
私のいたポイント自体公苑から遠い場所ではなかったのですが、すでに公苑に下りた群れの本隊から少し離れています。
どうも1♂は新しいお目当てのメス・トライチ03‐08に着いて動いているようで、1♂を頼りにしている連中が本隊とやや別行動気味になっている感じでした。ここ最近、1♂が慌ただしく動くせいか、群れのほとんどのサルたちは1♂よりも2♂を頼りに動く様子です。
オスたちが発情するメスも度々変わるようになり、サルたちの状況もそれにつれ変わっていきます。


PB080547





「かわいいお尻」
サルたちは冬を前に脂肪を蓄えたり毛が伸びたりで、夏の頃より一回り大きくなっています。1歳〜3歳くらいの子供がコロコロした体で動き回る後ろ姿、お尻が可愛らしい。このシーズン、個人的な楽しみです。