12月11日(月)くもり時々雪

最低気温‐2℃最高気温‐1℃
サル来苑時間9:00

最近のサル来苑状況
10日(日)9:00〜16:00

今日は、くもり。気温の冷え込みもほどほど。ここ数日寒い日が続いたので、同じような服装で外にいるとやや汗ばみ、「あ、今日はやっぱりここ最近では温かい」と感じました。寒さで、太陽の光を求めていて動いていたサルたち。今日は群れの動き方の雰囲気がやや違います。2♂や3♂が、穏やかな天気になったのでまたもや発情
が戻った様子。時期的に、ラストスパートといった所でしょう。

IMG_1949





「温泉お兄さん」
サルたちの動きも穏やかになりだし、寒さも厳しくなってきたので温泉に入るサルの姿が多くなってきました。温泉に入るのは基本的にメスやお母さん。大人のオスは基本的に温泉に入りません。ですが、画像の大人オスは温泉に入る個体で「大人オスは温泉に入らない」事情を知っていると、異色な存在。
過去にも温泉に入る大人オスはいて、やや年配のオスが温泉に入る光景事から「温泉おじさん」と呼ばれていました。温泉おじさんが去年の夏に群れから離群し、温泉に入る大人オスがいなくなったと思った、その冬に温泉に入りだしたのが彼でした。私は「温泉お兄さん」とひそかに呼んでいました。
温泉お兄さんはこの12月頃の冷え込んだシーズンに温泉に入り、真冬の1月や2月頃になると温泉に入らなくなりました。温泉に入る姿は、一年ぶり。このシーズンならでは温泉に入る“理由”が、彼にはあるのでしょうか。
ただただ眺めていれば“サルが温泉に入る”光景ですが、じっと見ていると温泉に入る姿にも皆それぞれ“理由”がありそうです。

IMG_1959





「明日からまた雪の予報」
ここまでに降った雪はほぼ消えてしまいました。明日から数日間雪の予報が続きます。白く染まった世界は美しく、魅了すらされます。が、そこで暮らす“雪片付け”がついて回る地元民には雪の降る量というのは、心配の種。とはいえ、まったく雪がないのも寂しいものですし、長野県で冬のレジャーを楽しむ方も多く、雪が降って欲しい事情もあります。ほどほどが良いんですけどね。ヒトには、天気・自然の事はどうする事も出来ようもなく、起きた事を受け止めるのみです。



冬のシーズンとなりました。現状、地獄谷周辺はあまり積雪はありません。しかし、凍結し滑りやすい箇所が出来るようになりましたので、滑りにくい履物をご用意ください。地獄谷野猿公苑は野生のニホンザルを観察する場所です。野外での行動が主となりますので、アウトドアレジャーに適した服装・履物をご準備ください。革靴、ヒールの高い靴はもちろん、サンダルやスリッパなどは絶対におやめください。」

夕暮れ時、陽が落ちるのが早くなりました。17:00となれば真っ暗で足元すら見えなくなってしまいます。
冬のシーズンは16:00まで営業しておりますが、遊歩道は時間がかかり灯りのない道である事をご考慮いただき、16:00には帰り支度が出来るよう、時間に余裕を持ったご計画をお立てください。
また、夕方にお越しの場合はペンライトやヘッドライトなどお持ちいただけると安全です。