12月20日(水)はれ

最低気温‐2℃最高気温−8℃
サル来苑時間9:00

非常に良い天気。ですが、放射冷却で冷え込みが厳しい日となりました。しっかりと着こんだ防寒着でも、冷たい冷気を感じました。本当に冷え込むと‐10℃を更に下回り、16℃くらいになる事もあります。毎回のようにこちらのブログでも触れていますが、冬のシーズンは暖かい服装と、滑りにくい装備は必須です。特に路面が凍結して滑る事に関しては、ケガをした場合転倒されたご自身だけでなく付き添われる方も大変な思いをされます。お気を付けください。
サルたちは苑内に日が当たらないので、日差しを求めて動く日となりました。夏の頃は日差しが強すぎて木陰を求めるのとは逆の目的でサルたちは動きます。

IMG_1962





「もこもこ」
サルたちの体は冬の準備が整い、体脂肪を蓄え一回り大きくなり、毛も伸びて長くなりました。子供たちは、ふわふわもこもこの体をして、体全体の大きさに比べて顔が小さく見えます。バランスが悪くも見えますが、こういう子供たちがかわいい。

IMG_2004





「まうんてぃんぐ」
サルたちの交尾はオスがメスに乗り、行われます。こんな感じに。ただし、この格好「マウンティング」はオス同士や子供同士でも行われるのでこの光景を目にしたら、必ずしも交尾をしている…という訳ではありません。このマウンティング、オス同士で行われる際は上位の者が下位の者に乗る事で立場の優劣を現す、確認するという意味合いがある…という説があります。サルたちの姿を観察していると、確かにそうかもしれないと思う事もありますが、実際のところ下位が上位に乗る事もあり、その理由ははっきりしません。
子供同士で行われる場合はまた違った意味合いがありそうです。が、この場合もあまりはっきりとした理由は分かっていません。




冬のシーズンとなりました。凍結し滑りやすい箇所が出来るようになりましたので、滑りにくい履物をご用意ください。地獄谷野猿公苑は野生のニホンザルを観察する場所です。野外での行動が主となりますので、アウトドアレジャーに適した服装・履物をご準備ください。革靴、ヒールの高い靴はもちろん、サンダルやスリッパなどは絶対におやめください。

夕暮れ時、陽が落ちるのが早くなりました。17:00となれば真っ暗で足元すら見えなくなってしまいます。
冬のシーズンは16:00まで営業しておりますが、遊歩道は時間がかかり灯りのない道である事をご考慮いただき、16:00には帰り支度が出来るよう、時間に余裕を持ったご計画をお立てください。
また、夕方にお越しの場合はペンライトやヘッドライトなどお持ちいただけると安全です。