1月7日(日)雪のち晴れ

最低気温 最高気温
サル来苑時間9:00

あけまして…には、少しタイミングが遅くなってしまいました。気が着けば、2018年になって最初の一週間が終わりそうです。
慌ただしい中で、遅ればせながらでございますが、ご挨拶。
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

野猿公苑は、年末年始のお正月シーズンと、祝日を含んだ連休の流れがあり連日多くの観光客の皆さんが訪れています。苑内は混雑し、にぎやかな「お祭りムード」が漂うせいか、気のゆるみでサルたちに触ってしまう人等が残念ながら時折います。説明するまでもございませんが、サルたちになぜ触ってはいけないか。それはサルが怒って攻撃してくるからです。ケガをする恐れがあるからです。
また、サルが怒った勢いで他のお客様にとびかかるという事もあります。本来、動物を観察する施設では「檻」のようなもので動物とヒトを隔離します。それはヒトを守る為です。野猿公苑ではヒトとサルを隔離するモノはありませんが、本来「檻」が持つ「安全性」は皆さんのルールを守る気持ちによって保たれています。
ルールの必要性をしっかりご理解の上、観察をお楽しみください。

IMG_2081





「親子で」
群れの中でも温泉をよく利用するトミコ05♀。寒さ厳しいシーズンとなり、ほぼ毎日温泉に入る姿を見ます。その子供も母の遺伝子を受け継いだのか、トミコ05と並びよく温泉に入っています。

IMG_2080





「仲良し?」
群れの長老トックリ92♀とトグラ93♀。25歳と24歳のおばあちゃんコンビ。傍から見ていて「仲の良い」関係ではありませんでしたが、温泉に入るシーズンとなり、度々よく顔を合わせるせいか随分仲良しに並んで温泉に入っています。観察しているとほのぼのとした雰囲気に見て取れますが、本人たちは厳しい寒さが堪えて温泉に入っているのでもっと切実な思いがありそうです。


6日〜8日まで連休期間となります。期間中大変混み合う事が予想されます。お車でお越しの場合、冬の間は上林の野猿公苑専用駐車に駐車をお願いいたしておりますが、駐車スペースに限りがございますので、混雑時は国道沿いのロマン美術館にて駐車をお願いしております。
冬期は駐車場に誘導のスタッフを配置しておりますので、誘導スタッフの指示に従って駐車ください。
*ロマン美術館でも駐車が不可能な場合は、時間をずらしていただいたり、申し訳ございませんが日を改めての来苑をご検討ください。路上駐車等、無理な駐車はお止めください。駐車場が混雑しているという事は野猿公苑内も非常に混雑しております。無理やりに来苑いただいても観察するスペースがなくなってしまうだけとなります。ご理解ご協力をお願いいたします。




冬のシーズンとなりました。凍結し滑りやすい箇所が出来るようになりましたので、滑りにくい履物をご用意ください。地獄谷野猿公苑は野生のニホンザルを観察する場所です。野外での行動が主となりますので、アウトドアレジャーに適した服装・履物をご準備ください。革靴、ヒールの高い靴はもちろん、サンダルやスリッパなどは絶対におやめください。

夕暮れ時、陽が落ちるのが早くなりました。17:00となれば真っ暗で足元すら見えなくなってしまいます。
冬のシーズンは16:00まで営業しておりますが、遊歩道は時間がかかり灯りのない道である事をご考慮いただき、16:00には帰り支度が出来るよう、時間に余裕を持ったご計画をお立てください。


また、夕方にお越しの場合はペンライトやヘッドライトなどお持ちいただけると安全です。