2月3日(土)くもり

最低気温‐5℃最高気温0℃
サル来苑時間9:00

先週は雪の日が続きましたが、今週は週明けから晴れの天気が続きました。また、冬らしからぬ陽気。昨日は少しの雪が降っていましたが、少量。5僂らいの積雪でした。天気予報では来週月曜辺りから寒気が入り込み、しばらく天気が悪くなるそうです。

昨今、冬のシーズンは海外からいらっしゃったお客様が多くなります。1月も終わり、その波もやや穏やかになった感があります。お客様の層の多くがオーストラリアの方が多く、オーストラリアの長期の休みが終わった頃という事もあり、それが関係しているのかなと思います。…が、まだまだ多くのインバウンドの波は続きます。特に、これから中国系の方々の春節(旧正月)があり、今年は2月16日が春節にあたるようで、すでに春節に関係したお休みが始まっている企業などもあるようです。この流れは16日前後をピークに、26日くらいまで続くようなので、これからまた賑やかになるのかなという予想です。

IMG_2551





「怒髪天を衝く」
激しく怒ると、髪の毛が逆立つほどの激しい形相になる事から「怒髪天を衝く」と言われます。サルは威嚇の際、目が吊り上がるような形相の顔になり、こめかみ辺りの毛が逆立つように見えます。ヒトが見てもいかにも「怒っている」「威嚇している」と分かる表情。
怒りの表現になりますが、チョットしたいざこざの時にもこういった顔をするので、「怒髪天…」といわれるほど激しい怒りの感情でもない時もあります。

IMG_2565





「楽しげ」
子ザルたちは寒い中でも楽しげ。飛び回り、じゃれ合ってます。雪まみれになりながら遊ぶさまもこのシーズンならでは。

苑内でお客さまとお話しさせていただいていると、偶然にも「ブログ見てきたんです」と言っていただく事が度々あり、細かくチェックいただいている様子などをお聞きしていると、やはりうれしいもので。私も人間なので「こうやってブログを書いているけど、確認してくれている人いるのかしらん」などと不安を覚える事もあり、こういったお話しは、まさに僥倖でございます。
恥ずかしながら「25日くらいで更新が…」というお話しをいただいて「ヤヤ、前のアップからそんなに時間が経っていたのか」と思い、今日のアップに至りました。慌ただしさの中、過行く時間は早く、光陰は矢の如し。
今日もこうしてブログをチェックしてくださった皆さん、本当にありがとうございます。



冬のシーズンとなりました。凍結し滑りやすい箇所が出来るようになりましたので、滑りにくい履物をご用意ください。地獄谷野猿公苑は野生のニホンザルを観察する場所です。野外での行動が主となりますので、アウトドアレジャーに適した服装・履物をご準備ください。革靴、ヒールの高い靴はもちろん、サンダルやスリッパなどは絶対におやめください。

夕暮れ時、陽が落ちるのが早くなりました。17:00となれば真っ暗で足元すら見えなくなってしまいます。
冬のシーズンは16:00まで営業しておりますが、遊歩道は時間がかかり灯りのない道である事をご考慮いただき、16:00には帰り支度が出来るよう、時間に余裕を持ったご計画をお立てください。