9月9日(日)くもり

最低気温 最高気温
サル来苑時間8:30

最近のサル公苑滞在状況
8日(土)11:50〜17:00

夏の間の雨不足を補うかのように、連日雨が降り続けております。昨日8日は朝から非常に多くの雨量の雨が降っていて、サルの気配が一向に掴めない状況でした。

山の奥へ奥へと入っていくと標高の高い位置の木は葉が紅葉に変色し始めていました。しかし、木々に成った実はサルが積極的に食すような程ではありません。春先に来ていたであろうポイントにたどり着いても、春以降立ち寄ったような形跡はなく、そう遠くへ行っているようでもない。

全く手がかりも掴めず、強い雨に「これ以上の捜索は危険」と判断し諦めて下山を始めた頃、ようやく雨足が弱まり、山に入る時には全く気配のなかった場所からサルたちの鳴く声がかすかに聞こえました。

深い藪が生い茂る先を、声を頼りに進んでみると、サルたちを発見。サルたちは腹をすかしているようで、私の気配に気づくとすぐに群がり公苑側に下りていきました。

ようやく公苑に到着したのは、お昼に近い時間となってしまいました。が、ひとまずは安心。

久しぶりの苦戦です。これからのシーズンはこういう日が増えていきます。

今朝も、明け方からかなりの雨量となりましたが、朝方には止み、開苑時間前にサルの方から下りてく来てくれています。

IMG_4751





「遊び年」
赤ちゃんたちの遊びが非常に活発的です。子ザルは無邪気で、いつも活発的に遊んでいるように見えますが、“その年”によってよく遊ぶ、あまり遊ばない…と、あるように思います。

2016年は、赤ちゃんの数が過去最高数となりましたが、意外と遊ぶ赤ちゃんは少なく、遊び方も静かでした。

2017年は、逆に例年より少なめの赤ちゃんの数でしたが、前年とは打って変わって活発的。

今年の赤ちゃんは、昨年に続き活発的。しかも、今年は赤ちゃんが多いので、昨年よりにぎやかです。

遊び方も“その年”毎、特徴があります。今年は「とにかく群がって遊ぶ」のが特徴的。最初2〜4頭くらいで遊んでいたのが、10頭程の集まりになって遊びます。

IMG_4725





「虫さされ?」
3日ほど前から片目がやや塞がっている赤ちゃんがいます。傷はなく、腫れて塞がっているよう。虫刺されのような腫れ?

あまりサルたちが虫に刺されるというイメージはありませんが、原因を考えるとそれくらいのモノで、大したケガではなさそうです。発見した当初よりも腫れや赤みが引いているので、数日のうちに治るでしょう。