9月21日(金)くもり時々あめ

最低気温 最高気温
サル…公苑に来ず

どんよりとしたくもり空で、時折しとしと雨がふる日。サルたちを探しに山へ入り、一通り探して見ても気配がないので険しいルートを登る。険しいルートの終わり、尾根の終わりまで行くと少しサルの気配がしました。

時刻は9:20頃。登りの険しいルートではありますが、公苑から直線距離でそれほど遠い訳ではないのでサルの足なら20〜30分程でたどりつくような距離でした。

サルたちを誘導すると尾根伝いに下り始めますが、丁度その時に雨の影響で濃い霧が周囲を囲み、視界が悪くなります。

後を追いますが、尾根伝いに下りていたはずのサルたちは、途中で気配が消えてしまいます。

辺りを注意深く探っていると、一旦下ったかに見えたサルたちは尾根から西側に逸れて動いたようです。西側に逸れた後も慌ててどこかに行ってしまうような様子はなく、再びサルたちと合流し公苑側に下ろそうとしました。しかし、今度は東側…尾根の下り口まで行くと足が止まります。

三度誘導を試みますが、また西側に逸れて、同じことの繰り返し。4度目の誘導をした所で、最初にサルを見つけたスタート地点に戻ってしまい、サルたちの誘導をするためのエサや道具も尽きてしまいました。その時点で11:30。

これ以上は無理だと判断し、下山しました。

DSC_0106[1]





「濃い霧」
今日の原因は濃い霧でしょう。サルたちの動きは非常に慎重で、エサの誘導も効くのですが、「他のサルとはぐれないように、突出しすぎないように…」という感が見えます。

また、山の食べ物も多くなってきているので、「わざわざ山を下らなくても、ここで食べ物あるし…」という雰囲気も見えました。

最終的にエサや誘導の為の道具が尽きてしまいましたが、恐らく霧が晴れるまで動いてくれることはなかったのではないかと思います。

明日からまた3連休。順調に公苑に来てくれると良いのですが。