11月22日(木)くもり

最低気温2℃最高気温5℃
サル来苑時間9:00

最近のサル来苑状況
18日(日)9:00〜16:00
19日(月)9:00〜16:00
20日(火)9:00〜16:00

タイトル通り、ライブカメラについてお知らせがございます。

現在、PCの故障にてライブカメラがご覧いただけない状況となっております。修理を進めておりますが、数日間は時間を要する見込みです。申し訳ございませんが、しばらくの間お待ちください。

いつも楽しみにお待ちいただいている方には、大変ご迷惑をおかけいたします。ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

IMG_5305





「衝動」
訳もなく鳴く若いメス。

オスは、発情の中で猛り、勢いでメスを攻撃します。それは、きっと熱となるパワーの吐き出し方の一つの現れだと感じています。

一方、メスの方は冷静なのかと言うと、やはりそうではなく、オスとは違う形の衝動が湧き上がっているのが見てとれます。面白いのはオスの場合、ほとんどが「攻撃」という結果になる事が多いのに対し、メスの場合はそれぞれに個性があるように思う所です。

画像のメスは、高い声で鳴いています。意中のオスを探し呼んでいるようにも見えます。しかし、他のサルたちはこの個体の鳴き声に対して至って無反応であり、意に介していない様子。

それは、きっと自分の気持ちを伝える意味の鳴き声ではなく、湧き上がる衝動が「叫び」という形として現れているからではないでしょうか。

自分より立場の弱いオスに、やや強引に要求するように交尾を求めるメス。見知った顔が嫌なのか、ハナレオスと行動を共にし、一時群れから消えるメス。メス同士で交尾のようにマウンティングをする…等。それぞれ個性のある「恋の混乱」模様。

ここ最近は、サルたちの動きも安定し、開苑時間から閉苑時間まで落ち着いて公苑にいてくれることが多くなっています。少しずつですが、「恋の熱」が覚めてきている雰囲気があります。




*11月となり、営業時間が9:00〜16:00となりました*

秋も深まり、日没時間が早くなりました。地獄谷野猿公苑は駐車場・車両の入れるエリアから遊歩道を2卻發い神茵∋海涼罎砲△蠅泙后M景眛讃紊録郵の灯りはなく、日没となると数メートル先、足元すら見えない暗闇となってしまいます。

午後の来苑をご検討の皆さまは、15:30までには入苑できて、16:00には帰り支度の間に合うよう時間に余裕をもった行動を心がけください。

また、閉苑時間までいらっしゃる場合は、ペンライトや懐中電灯、ヘッドライト等、お持ちいただいた方が良いでしょう。

地獄谷野猿公苑は野生のニホンザルを観察する場所であり、「野生動物が生息するような」環境の中に施設はございます。施設の特性へのご理解、ご協力をよろしくお願い致します。