1月23日(水)はれ

最低気温-9℃最高気温‐1℃
サル来苑時間9:00

放射冷却で冷え込みが厳しい朝となりました。昨日夕方が少し温かく、雪の表面が若干溶け、今朝の冷え込みで再凍結して表面がテカテカと光ってます。

塩カルや滑り止めの砂等で対策を講じていますが、「絶対に滑らないようになる」という魔法のようなものではありません。観察する側の注意力・警戒力も必要となりますので、お気をつけください。

DSC_8936






「土日は混雑激しく」
先週の日曜日の様子。平日は混雑具合が納まりますが、土日はやはり混み合います。

今年は中国系の旧正月「春節」が2月5日となるようです。春節を起点として前後1週間ずつ、いわゆる正月休みになるようです。今月末くらいから2月の中旬頃にかけて、春節関係のお客様が多くなります。

また、大学生の長期休みも重なり若い世代の日本人旅行者も増えてくる頃です。

転倒は危険。そして、混雑での転倒は周りの方を巻き込んでしまう可能性があります。「滑りにくい履物・暖かい服装を」という呼びかけをさせていただいて、しっかりとした準備をしてくださる方が増えました。

ただ、若い世代の方は装備が軽いなと感じる事が多いです。寒かったりするのは、個人の問題なので仕方がないとしても、転倒は周りを巻き込む事もあり危険ですので、ご理解をお願い致します。

昔とは違い、遊歩道の入り口上林温泉エリアでは、簡易型のアイゼンの販売もされていますし、公苑でも販売しております。せめて「滑って危なそう」と感じたらすぐに使用する事をお薦めいたします。

IMG_5765






「寒さに耐えて」
寒さ厳しい状況。オスたちはすっかり発情の気は覚めてしまったようです。

メスの中で様子のおかしなものがいます。オスに付いて回り、オスに乗っかったり、移動するオスを追いかけたり…。様子から言って発情しているようですが。

さすがにオスも覚めきってしまい、「寒くて、それどころではない」とばかりにメスから逃げますが、その後をしつこく追うメス。次第にはオスに威嚇され、しぶしぶ引き下がりますが、しばらくするとまた追いかけます。

そして最近、ケンカがよく起きます。そして、普段であればすぐに終わっていまいますが、長引いてしつこくケンカしています。あるところで起きたケンカが元で、ヒートアップした勢いで別の場所でケンカを始める。そんな混沌とした風景もあります。

雪の量も関係してなのか。いつもとは違った調子のサルたちです。