2月23日(土)くもり時々ゆき

最低気温‐4℃最高気温0℃
サル来苑時間9:00

くもり空の中、時折雪が降っています。風が強く吹く時は横殴りのような雪になりますが、雪の粒自体は小さいので積もるような雪ではありません。

昨日22日(金)などは晴れて暖かく、雪もどんどん少なくなって春の気配を感じます。

最近、日なたではプラス気温になる事もありますが、観察スペースや遊歩道は日が当たりにくい箇所。今日のように不意に雪が降る事もあります。まだまだ冬の装いは必要です。

IMG_5964IMG_5976





「寒の戻り」
温度計を見ると0℃程。さほど寒い訳ではありません。しかし最近暖かかった影響か、非常に寒く感じます。サルたちも同じなのでしょう。抱き合ったり温泉に入ったりして暖まっています。

もうじき厳しいシーズンは終わりとなりますが、まだ大雪になったり冷え込みが厳しくなる可能性は十分あります。

1月2月と本当の厳しい時期を乗り越え、ここまで来れば一安心…とはいかず、寒さの緩むころになって命を落とすサルも時折います。

秋に脂肪を蓄え、そのエネルギーを少しずつ消費しながら耐えてきているので、随分痩せている者もいます。今年は雪が少ないとはいえ、消耗しています。*尤も、秋に「太って」いるので普通の体形になってきた…と言えますが。

雪の溶けている場所ではフキノトウも顔を出し始めています。あとちょっとの冬。頑張って耐えて欲しいものです。