5月1日(水)あめ

最低気温3℃最高気温11℃
サル来苑時間9:20

最近のサル公苑滞在状況
4月28日(日)8:30〜17:00
  29日(月)8:30〜17:00
  30日(火)8:30〜17:00*14:10〜15:20までの間山へ帰りかける

平成から令和へ。新しい年号となりました。

生憎の天気で、午前中から長い時間雨がふっています。それでも今日も多くのお客様に来苑いただき、ありがたい事です。

今朝のサルたちは開苑から1時間程の遅刻。昨日30日も午後になって慌ただしく移動を始め、苑内にサルが数頭しかいない事態になってしまいました。山の食べ物がおいしい時期。

不安定な動きは、これから7月程まで続きます。開苑時間・朝の早い時間帯や閉苑間際・午後の遅い時間帯の来苑は注意が必要です。

IMG_6181





「令和産まれ」
今日も出産をしたお母さんがいました。

トックリ92‐00♀。群れの最長老トックリ92の娘です。現在19歳。私が入社して17年となりますので、彼女が小さい頃から顔なじみ。

小さい頃や成長する過程では、トックリ92にあまり似てないなあと感じていましたが、近ごろはトックリ92が10代後半だった頃にそっくりになってきました。トックリ92も、その母であるトックリの晩年の頃にそっくりです。

サルたちはヒトよりも寿命が短い分、我々よりも成長(あるいは衰え)が早くもあります。世代が変わっていく様を見ながら、子や孫たちを見て「やっぱり親子だな」と感じ、亡きサルたちを思い出すことがあります。

今日産まれたこの子も、成長してお母さんみたくなり、お婆ちゃんみたくなり、ひいお婆ちゃんみたくなるのだろうなあ。

世代を越えたサルたちの付き合いを持つと、「その子の母」「その子のお婆ちゃん」「ひいおばあちゃん、ひいひいお婆ちゃん…」の面影を思うと、どのサルにもそれぞれの思い入れはあります。

なので、時々「お気に入りのサルはどれですか?」と聞かれると、チョット迷って考え込んでしまいます(笑)