8月16日(金)くもり時々あめ

最低気温 最高気温
サル来苑時間9:20

最近のサル公苑滞在状況
12日(月)8:45〜16:30
13日(火)8:30〜16:00
14日(水)11:45〜17:00
15日(木)8:30〜16:10

台風10号が本州西部を通過して行きました。

我々の地域では昨晩から今朝7時くらいまで強い風が吹きつけていました。公苑近辺では遊歩道に折れた枝が多数落ちて散乱するなどしていますが、幹ごと倒れたというような被害はなく、本日も平常通り営業しております。

今週に入ってサルたちの動きがやや不安定です。

何かお目当てがある…ようには見えませんが。

ただ、お盆を過ぎると、山は秋の実りが始まります。サルたちの動きも、例年この時期から落ちつきが無くなります。

これからのシーズン、注意が必要になります。

IMG_6666

「言ってるそばから…」
さて、今日はどんな話をお伝えしようか…

ブログの話を練り上げている最中、午後2時を回った頃。言ってるそばからサルたちが動き始めてしまいました。

山登りの準備をし、サルたちを追いかける。厳密にいうと、サルたちは急勾配の斜面を上っていたので、直に追いかけるのではヒトの足では却って時間がかかってしまう。なので、大回りして追いかける。

相手は直進、こちらは回り込みをしているのでそれだけ時間はロスしている訳ですが、公苑から近い場所でサルたちとは合流できました。

さて、とりあえず追い付いたものの、サルたちは私の誘導に対し食い付きが悪い。

方々に散らばりながら、手近にあるものを食べている様子。

目に付いたのは、早々と栗を食べているサル。

さすがに青くて、尚早という具合だが、それでも「食べるに値する」ものなのでしょう。

なんとかトックリ00を含む上位陣のメスを集める事が出来たものの、No.1♂No.2♂は、一番のご馳走であるリンゴにも関心がない様子。

不意にメスを攻撃する姿を見せていたNo.1♂に最近気になっていたところですが。No.1♂No.2♂共に、なんとなく様子が、発情しだしたオスの雰囲気を感じます。

誘導を何度か試みましたが、少しずつ山へ上がってしまうサルたち。

15:30を過ぎたところで、

「公苑から随分離れてしまったし、よしんばこれからに下せたとしても、もはや閉苑になってしまう」

という時間になってしまい。見切りを付けて、書きかけのブログを山中にて仕上げているところです。

今シーズン、冬の終わりが遅く、その分春夏と訪れが遅くなりましたが、秋は早いのかもしれません。




植物こらむ

第24回

1565930392615



1565930396149



モミジガサ (紅葉傘)

キク科

開花時期:8~9月


“シドケ”の名でも知られている山菜、モミジガサ。夏に白い筒状の花を咲かせます。名前の由来は、葉がモミジの形に似ていて、傘をひろげたように反り返ることから。ぱっと見、白い筒状花とひょろっと伸びた茎が、ニョロニョロしているやつやユラユラしているやつに似ている気がします。(写真はまだ蕾であるようです)

若芽は食用になるそうで、芽吹いたばかりの時には葉を畳んでおり、こちらは傘を畳んだ時の形に似ています。味は「少しえぐみがある大人の味」のようです。ある県では一時期とても人気があった山菜のようで、栽培も盛んに行なわれていたそう。期待大です。

建物手前のスロープ中間あたり、右側斜面に生えています。

調べているうちに、これは本当にモミジガサなのかとても不安になってきました…。もし違う植物でしたら、来春までにご一報頂けると助かります。