10月24日(木)くもり

最低気温8℃ 最高気温11℃
サル来苑時間12:00

最近のサル公苑滞在状況
21日(月)8:30〜10:00 10:40〜16:15
22日(火)8:30〜17:00
23日(水)サル…不在

サルたちの様子は、先週から引き続き慌ただしい状況です。

22日は、開苑時間から閉苑時間まで公苑にいてくれましたが、よくよく今月の記録を見ていると今月で初めて営業時間中に公苑にずっと居てくれた日になりました。

次の23日には、また不在。山の中を探せど探せど見つからず…となってしまいました。

本日24日、ようやくサルたちを発見しましたが、やはり遠くのポイントへ行ってしまっていました。どんなに急いでも、公苑から片道1時間半ほどかかってしまう距離の場所。

うまく公苑まで誘導できるか心配でしたが、ゆっくりな足取りながらなんとか公苑まで。

DSC_9437DSC_9434





「山ぶどうを食べる」
山奥で発見したサルたちは、山ぶどうの群生している場所にいました。

サルたちの近くに居ると、ぼとんぼとん…と山ぶどうが落ちてきます。樹上でぶどうを食べているサルが多くいましたし、その落ちてきたぶどうを食べているサルもいます。

その場から動くか微妙な雰囲気で、実際なかなか動きませんでしたが、食べ飽きてきたのか、次第に公苑側に動いてくれました。

お尻が膨れているメスがいます。いよいよ、交尾の準備が整ってきたサインでもあり、本格的な交尾も始まろうとしています。

食べ物も「多く成っている」場所もあり、これからまだまだ荒れそうな気配です。



植物こらむ

番外編

今回は、以前にご紹介した植物たちのちょっと興味深い“その後の姿”をお届けします。
ネタに困ったとかそういったことではないですよ…。

1571893211387







こちらはクサギの実。

クサギの紹介時にも書きましたが、花びらのように星型に開いているのは萼。中心の藍色のものが実です。染料になるとのことで実際に潰してみましたが、ツユクサのような優しい藍色でした。匂いは桜餅のような感じで、葉とは違う匂いがするのはなんだか不思議です。

クサギの実は今が見頃です。


オオウバユリのその後…

花を咲かせるまで長い歳月を要するオオウバユリ。一度咲くと種を残して枯れてしまいます。
1571893241200







(撮影日 8/11 落花&結実)
1571893479798







( 9/9 実が膨らむ)
1571893851697







(10/23 枯れる)

こんな感じで咲き終わりました。果たして種は残せたのでしょうか。
7年後、また会えることを願って。

15718938607851571893866511









少しずつですが、木々たちが赤黄色に色付いてきました。今の時期、遊歩道や苑内では特にそういった木々を観察することができます。サルだけでなく、そちらもぜひ楽しんでいってくださいね。