12月27日くもり

最低気温‐1℃最高気温0℃
サル来苑時間9:00

21日(土)9:25〜16:00
22日(日)9:00〜16:00
23日(月)9:00〜16:00
24日(火)9:00〜16:00
25日(水)9:00〜14:30
26日(木)9:00〜16:00

雪がなかなか降らないので、暖かいです。

晴れて気温が上がった際に、オスの“ぶり返し”の発情がずるずると続いています。また、雪が積もらない為かドングリなどの“秋の食べ残し”を食べているようで、お腹が膨れていて公苑の餌の食いつきも悪くなっています。

撒かれた餌を残さず完食するのがこのシーズンですが、ここ数日は食べきらず残しているのが目立ちます。

今週も秋のような動きをしながら山へ早帰るする場面が出ています。

繁忙期となり、苑内は大変な混雑。忙しさに時間を忘れていましたが、気が付けばもう12月も終わる頃。「秋の終わり」という感覚がありましたが、暦では冬真っ只中です。

クリスマス、年末となれば、地獄谷は雪で覆われているシーズン。

「冬が来ていない」という感覚なのは、忙しさだけではなく、雪がない風景のせいもあるでしょう。季節のズレに戸惑っているのはサルたちだけではなく我々ヒト側も…という事です。

IMG_6098





「消えた老婆」
群れの最長老となったトラミ♀。先週から姿を見なくなっていました。

他のサルたちと比べ明らかに痩せていて、背中が曲がり、動作も俊敏性をかけるようになり、見た目としても「おばあちゃん」という風体でしたが、姿を見せなくなる数日前から更に弱ってきている様子も見て取れました。

なかなかに人気のあるおばあちゃんで、常連さんの間でもファンも多く、海外のファンもいるほど。

一週間くらい苑内で姿を見なくなったので、さすがに「死んでしまったかもしれない」と諦め始めていました。

が、昨日姿を現しました。山に入った際も見かけていませんでしたが、恐らくは発情のぶり返しで慌ただしく動く群れとは別に派手に動かずに無駄なエネルギーの消費を抑えていたのかもしれません。

暖かい日が続き、発情のぶり返しがあって、秋のように動く群。とはいえ、食べるべきものが尽きているのも事実。ならば、秋本番よりも大きな動きをするわけでもなし、待っていれば公苑に群れはやってくるさ…そう見切りをつけていたのかな。

DSC_9412DSC_9584





「公苑復旧完了」
なかなかブログもアップできずに情報公開が先延ばしになってしまっておりますが、台風によって被害を受けた河原の復旧も完了いたしました。

これにて通常通りの範囲で観察が可能となりました。お楽しみください。


*年末年始の営業について

地獄谷野猿公苑は年末年始、大みそか・お正月関係なく営業しております。
おかげさまで冬季は海外からのお客様が非常に多く来苑されています。
今シーズンも例年通り、混雑をしております。
年末年始は日本人にとっても長期休暇を取れるタイミングともなっておりますので、さらなる混雑が予想されます。
公苑内、売店休憩所、共に非常に混雑いたしますので、皆様でスペース譲り合いながら観察をお楽しみください。
また、駐車場も大変混み合っており、駐車場の収容可能台数を超えてしまう事もあります。駐車できるスペースがない場合は時間をおいてから来苑していただく…等の対応をお願い致します。
上林温泉エリアは民家もございます。無理な駐車は近隣にお住いになっている方のご迷惑となりますのでおやめください。