1月7日(火)

最低気温-7℃最高気温-1℃
サル来苑時間9:00

最近のサル公苑滞在状況
1日(水)9:00〜16:00
2日(木)9:00〜16:00
3日(金)9:00〜16:00
4日(土)9:00〜16:00
5日(日)9:00〜16:00
6日(月)9:00〜16:00

新年、あけましておめでとうございます。

年末年始の混雑の中、なかなか更新ができずにご挨拶が遅くなっていしまいましたが、本年もよろしくお願い致します。

6日にまとまった雪が降り、今シーズン一番の積雪30センチほどとなりました。しかし、7日の「ぽかぽか」陽気の勢いも良く、徐々に雪がなくなっています。

雪は少ないのですが朝の冷え込みは厳しい時もあり、凍結しやすいコンディションは例年通り。今朝も夜間の冷え込みで凍結し、遊歩道は非常に滑りやすくなっています。

IMG_6919





「未だ…」
雪も積もり、遊歩道は凍結していますが、例年に比べ“緩い”寒さ。

未だ発情がだらだらと続いています。1月になっての発情、ない事もないのですが、交尾をしているサルたちは割と多く、緩い寒さを改めて感じます。

山へ早帰りしてしまう程ではありませんが、苑内をグルグル駆け巡る姿もあり、「早く落ち着いてほしいなぁ」と思いながら様子を眺めています。

IMG_6909





「ルールとマナーを守りましょう」
年々、冬季は非常に混雑しています。年末年始のお正月休みも合わさり、一日単位という中では、経験した事のないような人数の入苑者となった日もありました。

行政の協力もあり、駐車スペースも確保いただいて、そちらにお停めいただいております。しかし、公苑として用意している駐車スペースがあるにも関わらず、他店の駐車場に駐車してしまったり、民家の付近に路上駐車されるトラブルが起きています。

近隣にお住いの方、営業されている方に迷惑となる行為はおやめください。ルールとマナーを守って、ご来苑ください。



植物こらむ
第50回

あけましておめでとうございます。今年もブログの隅をお借りしてコラムも書いて参ります。サル観察のお供に、少しでも、楽しみがひとつ増えたと思っていただけるよう頑張ります。今年もよろしくお願いいたします。

C5F8BD24-24B5-4ECD-B24D-ECF81B3F3BD1






513ACA69-695C-4FA5-9354-BD2D81E7909E








スギ(杉)
ヒノキ科

アレルギーや花粉症持ちには敬遠されがちなスギ。日本の固有種であり、日本の人工林面積の約4割を占めています。幹は加工しやすいことから家具や家屋などに、樹脂はあかぎれなどの薬に、葉はお線香の原料になっているようです。

その問題の花粉ですが、主な散布時期は2月〜4月にかけて。花粉の生産量は、日射量が多く降水量が少ないと多くなる傾向にあるそうです。11月ごろに雄花の中の花粉が成長する→寒くなり始めると一旦休眠状態に入る→冬の寒さに一定期間さらされると覚醒する→花粉を飛散させる準備を始めるそうです。今の時期はまさに『嵐の前の静けさ』と言ったところでしょうか。

ちなみに、画像のまつぼっくりのようなものは雌花です。スギの葉もじっくり見るとなかなか面白い形をしています。

今の時期でも観察できる唯一の植物といっても過言ではありません。
雪の中の杉林を見ていると、より一層『冬』という感じがします。春が待ち遠しい季節ですね。