1月31日(金)ゆき

最低気温-4℃ 最高気温-2℃
サル来苑時間9:00

最近のサル公苑滞在状況
27日(月)9:00〜16:00
28日(火)9:00〜16:00
29日(水)9:00〜16:00
30日(木)9:00〜16:00

昨夜にわずかに雪が降ったようで、公苑周辺は白く染まっています。朝方には止んでしまった雪ですが、9:00頃から降り始めています。

まとまった雪になるようですが、現在のところ勢いとしては弱く、積雪になるような雰囲気はありません。

気が付くと一月も終わり。

月日の過ぎ行くのは早いもの。ですが、今シーズンは雪がなく、春すら感じる事もあり、殊更時間の経過が早いような気がします。

サルたちの行動、生態系の変化も気になります。降るべき時に降る。ずっと続いた当たり前の事が、当たり前でなくなる…。実際、怖いことだと感じます。


IMG_7058






報道等でもご存知の通り、新型肺炎が世界的に広まり、懸念されています。

25日は、中国系の旧正月「春節」があり、その関連の連休に伴って来苑者が毎年多くなる時期ですが、中国側から出国が規制される等の影響か、例年よりは混雑が少なくなりました。

我々もマスクやうがい・手洗いを行い、自主的に予防を行っております。

皆さまもお気をつけ下さい。



植物こらむ
第53回

ハマキゴケ(葉巻苔)
センボンゴケ科

コンクリート壁や石の側面に生息するコケ。特徴として、葉は湿ると緑褐色で乾くと褐色に見えることがあげられます。名前の由来は、葉が乾くとくるくると葉の縁を巻き込むような姿になることから。

日本の在来種であり、人里の日当たりの良い場所でよく見られるようです。確かに、写真は8月ごろに遊歩道の道中で撮ったものですが、日当たりの良いあまりジメジメしていないところだった記憶があります。
葉の長さは1.5〜2僂半さいですが、固まって生息しているので見つけやすいとは思います。

画像のハマキゴケは葉が開いている状態ですが、乾いて閉じている姿はなんだかバラの花のようで、色では劣るものの可愛らしい姿です。

(画像を張り忘れてしまいました。。。すみません。。)