10月11日(日)くもり

最低気温10℃ 最高気温15℃
サル来苑時間11:35

最近のサル公苑滞在状況
2日(金)8:30〜17:00
3日(土)9:30〜17:00
4日(日)12:25〜17:00
5日(月)8:30〜17:00
6日(火)12:55〜17:00
7日(水)8:30〜17:00
8日(木)サル不在
9日(金)サル不在
10日(土)8:30〜17:00


サルたちの動きが活発となってきました。

朝は遅刻して公苑に来ることが多くなって来たので、午前中の来苑は注意が必要となっています。

台風14号の接近の影響か、8日は一日中雨。山の中は霧が濃く立ち込めていて、雨で音が聞こえず、霧で見通しも悪くサルたちを見つける事が出来ずに諦めていました。公苑に向かって帰ろうとしていた最後の最後で霧が晴れ、サルたちを発見する事ができましたが、既に14:00を過ぎていました。

公苑から遠い場所で、何事もなく公苑に行けたとしても15:30頃になってしまう見込み。そして、霧も再び濃く立ち込めてきたのでサルたちも動かなくなってしまったので断念。

翌9日に同じ場所に向かってサル探しに向かいましたが、手がかりもなし。やはり台風接近の影響か、強い風が吹いていたのでサルの気配を掴む事も困難であり断念。

翌10日は、サルたちの方から公苑に来てくれたので一安心です。

IMG_8729





「台風の被害はなし」
懸念した台風14号ですが、本州半ばで大きくカーブし太平洋側へ行ってしまいました。

7日夜〜8日夜にかけてほぼ一日長い雨が続いていて、9日も強い風が吹き荒れる天候となりましたが、幸い被害には繋がりませんでした。

サル探しの為、これまでよりも深くまで山へ入りましたが、山の木の実の状況はあまり良くないようでした。

10日に公苑に来た際も随分とお腹を空かしている様子です。

先週までオスの発情のスタートを感じましたが、今週はメスたちの発情がやや始まっている様子が見えます。

交尾の真似事のようなモノも始まっています。オスたちの発情は先週よりも進み、先週までは数頭のオスの発情が確認出来ましたが、今週は全体的にオスが発情している気配があります。

「食べ物の秋」と同時に「恋の秋」も本格化していきます。ますますサルたちの行動は活発かしてコントロールが難しくなっていきます。

来苑前に「サルがいるのかいないのか」を気にしていただき、Facebook等チェックしてから来苑の準備をしていただければと思います。

また、日が暮れるのが日に日に早くなっています。公苑は山の中にあり、人工の明かりのない山道を歩くようになります。営業時間は17:00までですが、17:00に公苑を出ると真っ暗です。夕方来苑される際は懐中電灯などの明かりをお持ちください。




植物こらむ
第105回
48e62305-9829-49d7-859b-29684b5c0e45


ミツバカエデ(三つ葉楓)
カエデ科

開花時期:4〜5月

名前の通り、葉は3枚1組の「三出複葉」というつき方をしています。葉の縁は粗くギザギザしており、同じく「三出複葉」のメグスリノキと見分けることができます。(メグスリノキは葉の縁がギザギザしていません)

こちらも一見カエデらしくない木ですが、紅葉した姿とプロペラ形の種子を見れば仲間とわかります。多くは、オレンジ〜紅色に紅葉するようです。

遊歩道、東屋を通り過ぎて公苑寄りに多く生息しています。

地獄谷でもちょっとずつ木々が色づいてきました。お隣の志賀高原では1番早く色づく「一沼」での紅葉が始まったそうですよ。