7月18日(日)  はれ

最低気温22℃ 最高気温29℃
サル来苑時間9:25

最近のサルたち公苑滞在状況
10日(土)8:30〜17:00
11日(日)8:30〜17:00
12日(月)8:30〜17:00
13日(火)8:50〜17:00
14日(水)8:30〜17:00
15日(木)8:30〜17:00
16日(金)8:30〜17:00
17日(土)8:50〜17:00

16日に甲信越地域も梅雨明けとなりました。梅雨明けと同時に天気は快晴。気温も一気に上昇し、30℃近くになっています。

公苑での観察は野外が主。日差しを避ける屋根等がなく、木陰も少ないので、来苑の際には帽子や日傘などお持ちいただくと良いでしょう。

公苑には自動販売機がなく、給水器もコロナウイルス感染症対策の為使用不可となっておりますので、水分補給に水筒やペットボトル飲料をお持ちください。*売店にてミネラルウォーターの販売はしております。

公苑内で食べ物の持ち込みはお断りしておりますが、飲料に関しては積極的に行っていただいたいて構いません。

熱中症にお気をつけいただき、観察を楽しんでください。
写真 2021-07-18 15 12 44





「1位オスの負傷」
ゴロンと寝転んでいる1位♂トアミ00。

16日の午前中に手(前足)を負傷したようで、地面に手を付きたくない為、17日と18日は終日ジッとしている様子。

写真 2021-07-18 15 12 56写真 2021-07-18 15 13 18





「指先をケガ」
右手の中指と薬指、左手の薬指を負傷。

ケンカの際にオスに噛まれたような雰囲気で、傷口は「刃物のような鋭利な物で切った」切り口と言うよりは「切れ味の鈍いもので裂けた」という感じ。

ご心配される方もいらっしゃると思いますが、傷そのものは浅く軽傷の類です。なので、心配はいりません。

裂傷箇所の痛みはあるので、その痛みが気になるのと、地面についた時に痛みが強くなるので地面に手を付きたくない為に、じっとしていたいという所でしょう。

顔色は良く表情も「痛いなあ」を我慢しているレベルの表情。本当に調子が悪ければ顔色は白くなり、熱などが出るので表情もぼんやりとした顔つきになります。

咄嗟の時はちゃんと動けます。

一般的に、1位オス・ボスザルというのは特別な権利を持っていて、2位オス3位オスは1位になるのを虎視眈々と狙い、ここぞという時にクーデターを仕掛ける。いわゆる「ボス争い」をして勝利した方がボスになる…という認識がされがちです。

この話が本当であるならば、現在1位は傷自体は浅いものの、通常時よりも俊敏に動く事は出来ずピンチと言って良いでしょう。

逆に2位オス3位オスにとってはチャンスでしょう。

しかし、2位オス3位オスはそんな事に関心はなさそうです。もちろん3位よりも順位が低いオスたちも。

実際に「ボス争い」という事は、まず行われません。発情期などでカッとなった拍子にケンカが激しくなって順位の入れ違いが起きる事がありますが、これはあくまで「ケンカしたら勝ってしまった」という結果。

「ボスになる為にケンカを仕掛けて勝った」という目的ではありません。

そして、ここから言えることは、2位3位がチャンスと見れば座を狙うという程「ボスというのはそこまでの特権はない」という事です。

実際、オスは習性で群れから出て行きます(これもオス個人の自由)

1位が群から抜ければ2位が自然と順位を上げて1位になる。そういう流れの中で順位は変わっていきます。

自分の自由でいずれ群れから出て行くので、1位という存在もその立場に執着している訳ではないですし、2位以下のサルたちも順位が上がるのを待たずに群れから出て行ってしまいます。

ニホンザルのサル学が始まった当初、「ボス争い」を含む「現在で言われている所のボス」という考え方がありました。

しかし、研究が進むにつれて、「どうもサルたちのボスは、今まで言われてきたような特別な存在ではなさそうだ」という考え方となり、現代ではその考え方が訂正されています。




植物こらむ
第146回
サワシバ 葉
サワシバ


サワシバ(沢柴)
カバノキ科

花期4~5月
果期8〜10月

特徴は、葉が互生し、葉の形は卵形で葉と枝の接続部が明確な心形(ハート形)になっていること、葉脈がハッキリしていること。
樹皮は灰褐色〜緑色を帯びているものまで様々あるようです。
果実は葉がいくつもより集まった松ぼっくりの縦長版のようなみてくれをしており、ホップの花を大きくしたような姿です。果実と言っても、水分の多い果肉をつけるわけではなく、種を葉のようなものが包み込むようになっており(果苞)、この包み込まれている種のことは堅果に区別されます。

名前の由来は、やや標高の高い沢地や川沿いの斜面に多く、成長の速さから薪(柴)に使われたことから。別名をサワシデと言い、花の形などはクマシデなどにそっくりです。

サワシバは遊歩道沿いでご覧いただけます。ネームプレートもついていますのでわかりやすくなっていますよ。