10月12日(火)くもり

最低気温15℃ 最高気温16℃
サル来苑時間11:00

最近のサルたち公苑滞在状況
9月27日(月)8:30〜13:30(早退) 28日(火)サル終日不在 29日(水)9:30〜10:00(遅刻&早退)
 30日(木)9:55〜17:00(遅刻)

10月1日(金)9:30〜13:30(遅刻&早退) 2日(土)サル終日不在 3日(日)9:10〜14:55(遅刻&早退)
  4日(月)10:30〜17:00(遅刻)   5日(火)9:20〜17:00(遅刻) 6日(水)サル終日不在
  7日(木)サル終日不在     8日(金)8:30〜17:00    9日(土)サル終日不在
  10日(日)サル終日不在    11日(月)サル終日不在


前回ブログから15日ぶりの更新となってしまいました。

サルたちの公苑滞在状況を見ていただいての通り、開苑時間8:30から閉苑時間17:00まで公苑にいてくれたのは、1/15となっています。

9月29日のように、公苑に下りてきても、束の間で、あっという間に山に登って行ってしまう日もあります。*サルたちは「公苑に来た」というより「公苑を通って別の山へ登って行った」という感じです。

食べ物が豊富になっている事、そして発情がピークとなってきているので、サルたち各々が活発に動いています。なので、群れとしてまとまりがなく、サルたち同士でもパニックになるほど群れとしての動きが不安定です。

IMG_0002





「出産の半年前」
ニホンザルは基本、春に出産をします。

春にも地域差があるので、具体的に何月に産まれるかはその地その地によって多少は変化します。

地獄谷のサルたちの場合はだいたい4月下旬から6月いっぱいにかけて…となります。

今年の出産スタートは4月28日。そして今年最後の出産は6月7日となりました。

早い時で4月10日前後に出産スタート。遅い時で7月の5日前後でラスト。稀な例として3月31日頃の出産と7月30日頃の出産がありますが、これは本当に稀なケースです(3月のケースに至っては死産)

色々なケースがありますが私の感覚だと、4月の20日前後〜6月の20日前後が平均かなと感じます。

だいたいが4月20日位〜6月20日位と考えてみましょう。

そして、サルたちの妊娠期間はおおよそ6カ月です。平均では173日程といわれています。

本日、10月12日の半年後は4月10日前後(173日後であれば4月3日)

と、なればこれからの発情が「子供を授かる」本格的な発情といえます。

IMG_0316





「これからが本当の本番」
8月から9月に発情の気配がありましたが、あくまでも「前兆」でした。

秋の実を食べ、エネルギーを得て、身体は大きくなり毛もフワフワと長くなり、冬の準備も整ってきました。

そして、そのエネルギーが発情に本格的に使われていきます。

面白いもので、この発情の熱は雪の到来と共に一気に冷めます。

長野県の場合は、雪と「目に見える冬の到来」がはっきりしているので、そこで「発情は終わり。次は耐えしのぐ時期」と体が反応するのではないでしょうか。

雪の到来といっても、単純に雪が降れば…ではなく、本格的に積もるような雪です。その「積もるような雪」はおおよそ12月10日前後に到来します。

12月10日前後の到来で、発情の熱が冷め、余韻を残したとしても12月の後半ごろには、はっきりと冷めてしまう…

だから6月20日前後で出産もだいたい終わる。

そんなサイクルとなっています。

食べ物の動きと共に、本格的な発情のパニックも重なる時期となってきました。

今年は特に例年以上に活発に動いていますので、来苑の際には事前のチェックがおススメです。



植物こらむ
第156回
オニフスベ



オニフスベ(鬼燻)
時期:晩夏、初秋


キノコっぽくない食べられるキノコ、オニフスベです。

名前の「オニ」は大きいという意味、「フスベ」は「こぶ・いぼ」という意味で、大きいコブのようなキノコであることからこの名前がついたようです。いぼというよりは地面に転がっているボールか、頭蓋骨にもみえなくないような…

中身がまだ白い若い頃は食用になり、外側の皮を剥いで内側のはんぺんのような部分を食べることができますが、独特の苦味を持っていてあんまり美味しくはいただけませんでした。でも、鍋に入っていて「これははんぺんですよ」と言われればなんの違和感もなく食べてしまうくらい、外見も食感も似ています。

写真のものは苑内に生えていたもので直径13cmくらいの大きさでしたが、大きいものだと30〜50cmになるものもあるようです。


以下余談ですが…某カードゲーム、デュ●ルマスターズには、「オニフスベダケ」というカードがあるようです。筆者はデュ●ルする人ではないので詳しい効果は解説を読んでもよくわからないのですが、カードの絵は老菌のオニフスベの姿に似ていました。もし、デュ●リストがいたなら、雑学のひとつとして面白いかなぁと思いご紹介しました。