12月12日(日)はれ

最低気温5℃最高気温9℃
サルたち来苑時間9:00

最近のサルたち公苑滞在状況
9日(木)9:00〜16:00
10日(金)9:00〜16:00
11日(土)9:00〜16:00

11月末に降った雪が消えてしまい、0℃よりも気温は高く、冬にしては暖かい日が続いています。

秋の発情は、雪の到来による本格的な寒さにより収まる傾向です。

発情で熱くなった頭が、寒さで文字通り「熱が冷める」のでしょう。

雪が降って以降、サルたちの発情は収まってきていて落ち着いてきていましたが、暖かさが若干戻ったここ数日で、発情の気配も戻り、騒がしい雰囲気になっています。

明日13日(月)は天気予報で雪の予報。それ以降はまた天気が良いようです。

再度の雪の訪れで、収まっていくのか…。いずれにしろ、群れ全体的にも12月中には発情は終わり、個体ごとに発情が長引く者もいますが、1月の前半には完全に収まります。

これで、最後の最後のラストスパート。

IMG_0620






「いつもある光景」
サルたちが食べる物は、植物性が主だというお話を前回のブログでしました。食べる物の80%くらいが植物性でしょうか。

そして、残りの20%程が捕食です。捕食といっても捕まえて食す対象は「昆虫」です。

サルたちが食べる昆虫は、サルたちの様子を見ていると好みがあるようで、昆虫だったらなんでも食べるという訳でもなく、食べる昆虫のほとんども「チョット手を伸ばせば容易に捕まえられる」くらいの時に手を出す程度。

走って追いかけてまで食べたい…となると、そう種類は多くないようです。

その昆虫の中の一つが、カメムシ。

カメムシは、見つけると積極的に追いかけて食べます。あの臭いがクセになるんでしょうか?

今年の秋を振り返ると、山全体の実りが良く、非常に活発的に山の中を動く結果となりました。山の実りが豊作の年となったと言えるでしょう。

ところが、今シーズンはほとんどカメムシを見なかった気がします。

私の目でカメムシを見つけられなくても、大概山の中や公苑でサルたちと一緒にいると、日当たりの良い所でカメムシを捕まえて食べている姿を見るものですが、今年の秋はそういうサルたちの姿も見ませんでした。

いつもこの時期は、屋根の上の日当たりよく暖かい所にカメムシが集まるので、公苑事務所の屋根の上で走り回るサルの足音が聞こえるものですが、今年は静かな物です。

志賀高原でも、場所によっては大量に出現していた所もあったようですが、そこにばかり集中してしまった…という単純な話だと良いのですが。

カメムシは苦手ですが、いつもある光景が無いというのは、チョット心配になります。



〜冬期間のご案内〜

12/1〜3/31までは「渋温泉・地獄谷有料駐車場」が閉鎖となります。冬期間は「上林温泉・野猿公苑専用駐車場」からのみお越しいただけます。
また、野猿公苑自体が山の中にあるので、カーナビに野猿公苑の情報を入力していただいても、正確に案内されない場合や、冬季は閉鎖中の地獄谷有料駐車場を案内されてしまう場合がございます。

カーナビに入力される際は、野猿公苑専用駐車場近くにある「上林温泉ホテル仙壽閣」さまの情報を入力してください。

上林温泉ホテル 仙壽閣 ☎0269-33-3551

*野猿公苑専用駐車場は仙壽閣さまの道なり進んで200m程の場所にあります。ナビ案内後、そのまま道なりに進んでいただければ右手側に駐車スペースがございます。



秋〜冬期間となり、日が落ちるのが早くなってきました。
地獄谷野猿公苑は山の中にある公苑です。駐車場から公苑まで2卻發い突茲討い燭世場所となり、駐車場〜公苑までの道のり(遊歩道)は照明器具がありません。
遊歩道は、日が暮れると真っ暗になってしまい足元も見えなくなってしまいます。
午後の遅い時間に来苑される際は、早め早めの行動を心がけてください。また、閉苑時間(16:00)まで観察をされるお客様はヘッドライト・ペンライト・懐中電灯…等お持ちください。

施設の特性につき、ご理解・ご協力をお願い致します。