3月3日(木)はれ時々くもり

最低気温-1℃最高気温3℃
サル来苑時間9:00

最近のサルたち来苑状況
2月17日(木)9:00〜16:00 18日(金)9:00〜16:00 19日(土)9:00〜16:00 20日(日)9:00〜16:00 
  21日(月)9:00〜16:00 22日(火)9:00〜16:00 23日(水)9:00〜16:00 24日(木)9:00〜16:00
  25日(金)9:00〜16:00 26日(土)9:00〜16:00 27日(日)9:00〜16:00 28日(月)9:00〜16:00
3月1日(火)9:00〜16:00 2日(水)9:00〜16:00

2月の後半で雪降りもありましたが、先週末位から天気の良い日が続いています。

太陽の位置も随分高くなってきたので、公苑内に差さなかった陽射しが入るようになり、寒さがだいぶ緩んだように感じます。

公苑内の通路は、雪が溶けて地面が出ているので、滑りやすい場所はほとんどなくなりました。

ただ、駐車場〜公苑までの道のり(遊歩道2)は杉林の中。日差しが入らないので、多くの雪が残っています。

滑りやすい箇所があったり、雪が緩んだことにより足元が沈むような箇所もあるので、くるぶしから脛辺りまでカバーできる履物がベストかなという状況です。

春めいた陽気もありますが、まだ3月。冬は終わりきっていません。

三寒四温の言葉通り、寒さと暖かさが繰り返し、徐々に暖かい日が増えていくこの時期。

暖かいからと油断していると、急激な寒さがやって来る事があります。

まだまだ「暖かめ」の服装を意識して、準備をしてください。

IMG_1118






「温泉の姿も少なく」
冬の間、公苑内に陽が入りませんでしたが、今は苑内観察スペースのほとんどに陽が入るようになりました。

陽の当たる範囲が増えたので、「わずかに陽の当たるポイント」に集まらなくても陽を浴びる事が出来るようになりました。

サルたちは濡れる事を好みません。温泉に入るのは、寒さを凌ぐ為「やむなく」はいるもの。

太陽の光を浴びやすくなったので、自然温泉に入る姿は少なくなります。

これまでは、厳しい寒さの中で身を寄せ合って耐えしのぐ姿や、温泉でジッとしている姿が多かったです。

最近は、厳しさが緩み「余裕」が出てきたので、元気いっぱいにそこらじゅう駆け巡るコザルや、地面にゴロンと寝転んでお腹を出す姿をよく見かけます。

冬の“静”の光景から春の“動”の光景に移ってきたのです。

温泉に入る姿が見れなくて残念…と思う事もあるかもしれませんが、“動”の姿は冬の時期には見れない光景です。

温泉だけでなく、こういった姿の中の楽しみにも気づいてほしいですね。