12月2日(土)雪

最低気温1℃最高気温4℃
サル来苑時間9:00

最近のサルたち公苑滞在状況
11月26日(日)9:00~16:00
 27日(月)9:00~16:00
 28日(火)9:00~16:00
 29日(水)9:00~16:00
 30日(木)9:00~16:00
12月1日(金)9:00~16:00

【11/25~12/1までのサルたちの様子】
発情も下り坂。

発情最盛期を10とするなら、現在は4〜6のあたり。

暖かくなった時などは血行の促進などから発情がぶり返しているような雰囲気ですが、それでもピーク時に比べれば、どこか冷静な様子です。

オトナオスが猛りに任せてメスやコドモたちを攻撃してしまう際も、しつこく攻撃する事も少なくなり、すぐに熱が冷めて冷静になってきているのを感じます。

今シーズンは元々サルたちの動きは静かでしたが、発情もおさまってきたので、これまでより落ち着いた状態になりました。

この1週間、開苑時間には公苑に来てくれていて、遅刻を一回もしませんでした。

例年、「秋の慌しさ」は12月10日前後までという話をしていますが、すでに秋の慌しさは終わったと捉えてもよいかもしれません。

雪の降る日も増えて、いよいよ暦も12月。天気的にも気温的にも暦的にも、冬へと突入です。

IMG_3480






「ときどき雪。まだ積もってはいない」
11月の13日に初雪が降ってから、公苑周辺では時々雪が降っています。

ですが、地面が冷えていないので、降った雪はすぐに溶けてしまいます。

雪は積もっていませんが、冷え込みがいっそう厳しくなってきたので、早朝などは-5℃付近まで気温が下がる日もあります。

こうなると道路では、路面凍結の箇所も出てきます。

国道沿いのトンネル付近や、大きな橋では凍結によりスリップしやすくなります。

タイヤのスリップによる事故は毎年発生しています。

これからのシーズン、野猿公苑にお出かけの際は、スタッドレスタイヤは必須となるでしょう。