陣内耳鼻咽喉科クリニック
診療内容
院長紹介
病院内の様子
コラム
新医療研究
トップページ



『実践ロハス生活!〜これであなたも医者いらず〜』(ID:0000164378)
メールアドレスを入力してボタンを押すと
登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ



このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
トップページ > コラム

2006年11月29日

【日経CME座談会2006年11月29日「地域に根ざした花粉症治療を考える2007」】

花粉症の低年齢化にどう対処するか
東京の花粉症予測と対応について  

2006年11月28日

【夕刊フジ2006年11月28〜30日】

「インフルエンザ今年の傾向と対策1・2・3」  
2006年11月26日

【口腔アレルギー症候群について】

 とある講演会で、「口腔アレルギー症候群」について聞いてきました。

 口腔アレルギー症候群
 
 シラカバとかハンノキの花粉症の人に多いのです。シラカバはブナ目カバノキ科カバノキ属、ハンノキはブナ目カバノキ科ハンノキ属です。

 余談ですが、人工甘味料のキシリトールの原料はシラカンバ樹液のようです。

 こういう花粉に対するアレルギーを持っていると、それらの花粉の性質と似た性質を持つ抗原を持つ果物や野菜に対するアレルギーが生じてきます。これが口腔アレルギー症候群なのです。

 私のクリニックでも今まで記憶では2名いらっしゃいます。リンゴ、ビワを食べると口の周りが腫れてしまうとのことです。

 リンゴもビワもバラ科の植物なのですね。各種の報告でもバラ科の果物、特にリンゴで症状が出ている人が圧倒的に多いです。

 バラ科の果物が列挙されていますよ。

 もしかしてこういう事件?も口腔アレルギー症候群かもしれないと思ってしまいます。意外に患者さんが多いのかもしれませんね。

 給食アレルギー事故年300件、原因最多は果物

 講演の途中、ハンノキ属のオオバヤシャブシという植物が気になりました。いや、単に名前が覚えられず、あとから調べたというのが本当のところです。

 ところが、この植物、少し問題になっているようなのです。

 養分の少ないやせた土地に強く、生長が早いために治山や緑化を目的に植樹されているとのこと、一時期のスギの話と似ていますね。そして既に六甲山系では特異な花粉症を引き起こしているとのことです。

 この植物は全国的に新興住宅地に植樹されているらしいので、注意が必要でしょう。季節が同じとは言え、スギ花粉症と思っても、果物を食べたあとに口の周りがかゆくなるようでしたら、オオバヤシャブシを含めたハンノキ属のアレルギー検査が必要と思われます。


メルマガ「実践ロハス生活!これであなたも医者いらず」より



  
2006年11月18日

【めまいと気管支炎の予防について】

 今週、めまいの患者さんは減りましたが、気管支炎の人は相変わらず多いです。

 めまいは気候の影響もあると思いますが、たいていは三大原因であるストレス、睡眠不足、疲れがあります。ですので、かなり予防できるのではないかと思います。

 問題は気管支炎です。どう予防するか、作戦が必要です。

 風邪をひいて5日目に喉が渇かないようにすればいいのです。まずは風邪の5日目を認識するところから始めましょう。まず、鼻水、熱発から頭痛、喉の痛みが昨日から始まって、今日増してきた、というところがだいたい5日目です。

 幼児は半分くらい、老人では1.2倍くらいをいつも想定しています。したがって、幼児は3日目、老人では6日目と考えます。もちろん個人差も多少はあります。

 そこでしてはいけないことなどを書いてみます。

 1)ストレス、睡眠不足、疲れ
  めまいと同じですが、これらも喉の潤いのために大切なのです。

 2)部屋の乾燥
  加湿器などで調整しておきましょう。

 3)飲酒
  これは意外に多いのではないかと思います。喉が脱水状態になりますから、
  気管支炎が生じやすくなります。

 4)タバコ
  気管の潤いが慢性的に乏しくなります。タバコをやめてもすぐに潤いは改
  善しませんが、吸い続けると気管支炎がいつも生じやすくなるでしょう。

 上記3つは即効性があると思います。いつも診察のときには原因をほじくり出して(笑)指導するように心がけています。

 禁煙は即効性がないですが、長期的には価値のあることだと思っています。

 昨今、気管支炎の方が増えているのは、私はストレス、睡眠不足、疲れのためではないかと考えています。


メルマガ「実践ロハス生活!これであなたも医者いらず」より




  
2006年11月12日

【今週の病気の傾向】

 今週の診察でとても特徴的だったのは、気管支炎とめまいの患者さんがとても多かったことです。

 あまり知られていないことですが、気管支炎は風邪をひいてから5から6日目に一番かかりやすいのです(あくまで私見ですよ)。

 11月7日、8日に気管支炎の患者さんが多かったことを考えると、11月1日か2日ごろに何かが起きていると考えました。

 ところが、気象庁のホームページで気温、湿度の値を確認してみましたが、何も特徴的な数値はありませんでした。めまいも増えているので湿度に変化があるものと確信を持っていましたが、あまり変化はないですね。

 ローカルな風邪の流行だったのでしょうか??めまいの原因はわかりません。

 原因がよく分からず、何か消化不良です。まあ仕方ないですね。


メルマガ「実践ロハス生活!これであなたも医者いらず」より


  


copyright (c) 2004-2005 'jinnouchi' all rights reserved.