陣内耳鼻咽喉科クリニック
診療内容
院長紹介
病院内の様子
コラム
新医療研究
トップページ



『実践ロハス生活!〜これであなたも医者いらず〜』(ID:0000164378)
メールアドレスを入力してボタンを押すと
登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ



このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
トップページ > コラム

2007年10月27日

【気管支炎に対する認識】

 先日、患者さんに面白いことを聞きました。

 私が急性気管支炎と診断した患者さんがいるのですが、内科の先生に真っ向から否定されてしまったようです。

 「気管支炎なのに熱がでないなんておかしいから、気管支炎ではない」と患者さんは言われたようです。

 私は怒り心頭です。「気管が赤いのをファイバースコープで見たんだよ!」

 私はそのときに怒る(心の中で、ですよ)と同時に、内科では気管を見る手段がないから、そう思うのも仕方ないのかもしれないなあ、と思っていました。

 でも・・・(怒りの反省モード)。

 よく考えると声門下喉頭炎が気管に広がったものだから、喉頭炎というべきなのかな、という疑問もあります。気管が左右に分かれるところまでいかないのですから、気管支には炎症がなくて、厳密には気管支炎ではないとも言えます。

 しかしこの部位の炎症が風邪のあと続いていて、放置されていつまでも咳がでて苦しんでいる人もたくさんいるのです。ただ、内科では呼吸音が正常なので、気管支炎ではない、と診断を受けることになります。

 じゃあ部位を正確に伝えるため、「気管炎です」と言うのも何だかおかしい感じです。だいたい気管炎などという医学用語は聞いたことがないです。やはり気管が赤いのみでも「気管支炎」と言ってしまう方が、患者さんにも伝わりやすいように感じます。やや正確さを欠きますが。

 確認方法を教えておきましょう。両側鎖骨が中央でくびれていますが、その上までは気管が浅いので触れます。強く押すと苦しいので、軽く押してみて痛みがあるようなら「気管炎」と言えます。医師には気管支炎の対応をしてもらいましょう。


メルマガ「実践ロハス生活!これであなたも医者いらず」より




  

2007年10月20日

【インフルエンザのローカル感染状況について】

 東京、神奈川でローカルなインフルエンザ感染があるようですね。真夏から沖縄にずっと少数の患者さんが出ていたのも不思議でしたが、まだ寒くないいまどきにインフルエンザなんて変ですね。

 都下には学級閉鎖があったという情報もありますよ。びっくりです。
(注:未確認情報です)

 異常なのは気象だけでなく、病状も気候に合わせて変化していくものなのかもしれませんね。気をつけて見ていきます。



メルマガ「実践ロハス生活!これであなたも医者いらず」より


  
2007年10月14日

【秋の花粉症対策・・スギ花粉も!!?】

 早朝のテレビで秋にもスギ花粉症が起こることが放送されていました。秋の雑草の花粉症が起こることは大分認識されてきたように思いますが、スギ花粉も飛散することはあまり知られていません。

 でも、実際にスギ花粉は少しですが飛散しています。誤差の範囲かもしれませんが、特にスギ花粉飛散量が多い地域では、5月初旬と同程度に飛散しているところもあるということは言えそうです。これは青梅地域の例です

 テレビではアレルギー反応を抑制する物質を含むつくし、わさびなどを食すると良いとか、断肉が良いというように言っていましたが、食事内容でアレルギー対策を考えるときには、あまり極端にならないように気をつけたいものです。

 同じ放送で、ヨーガが良いのではないか?蒸気浴が良いのでは??と紹介されていました。これらにはそれなりの根拠がありそうです。生活の中に取り入れられる方は試してみると良いでしょう。

 昨今は風邪をひいても「アレルギーになりました」と言って来られる方がとても多いですね。秋の花粉症はあまりひどい症状がでないことがほとんどですし、晴れた日、風の強い日に症状が出やすいです。一方で風邪のときには2−3日経過すると鼻症状は収まります。ご自分でもだいたいの判断はできると思いますよ。


メルマガ「実践ロハス生活!これであなたも医者いらず」より

  
2007年10月07日

【真夏のミステリー〜食中毒激減】

 東京都の月別食中毒患者が激減しているようです

 これは面白い記事ですよ。

 今年7月は3件14人、8月は6件30人とのことで、記録的な少なさのようです。ちなみに昨年7月は13件242人、8月は12件188人。

 厚労省は個人が注意し始めたというコメントを出していますが、これはあまり信憑性がない印象です。

 「暑いと食べ物がすぐに腐る」と人は考えるというのが識者の意見ですが、これは一理あるかもしれません。というのは屋外イベント時の弁当などに、主催者はかなり気を配ることが予想されるからです。

 私の個人的意見ですが、私は個人レベルで気をつけたからではないと考えています。屋外イベント自体があまりの暑さで少なかったのではないかと思うのです。

 イベント件数を調べようとしましたが、上手く行きません。誰か教えて・・。

 みなさんのご意見は如何でしょうか?何か思いついたらlohas@jjclinic.jp
 まで!



メルマガ「実践ロハス生活!これであなたも医者いらず」より


  


copyright (c) 2004-2005 'jinnouchi' all rights reserved.