陣内耳鼻咽喉科クリニック
診療内容
院長紹介
病院内の様子
コラム
新医療研究
トップページ



『実践ロハス生活!〜これであなたも医者いらず〜』(ID:0000164378)
メールアドレスを入力してボタンを押すと
登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ



このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
トップページ > コラム

2010年11月28日

【飲酒と健康の関係】

 お酒を飲む人にとっては、健康とお酒の関連と言えば「酒は百薬の長」ということになりましょう。しかし、このことわざはかなり時代を遡ります。ネット検索によると、前漢時代に「其れ、塩は食肴の将。酒は百薬の長、嘉会の好。鉄は田農の本。」と言われたのが始まりとか。この時代だと、食べ物も十分でなく体もエネルギー不足であったので、酒があるとエネルギーを補えたという背景があったのかもしれません。

 しかし現代は皆、熱量を多く持っているため、飲酒するごとにエネルギーが過剰になっていき、同時にビタミンなどの栄養素は消費されてしまい、不足の傾向になっていきます。今週立て続けに、飲酒が原因と思われる、鼻出血、難聴(ビタミン欠乏による)、副鼻腔炎の患者さんがこられたので、ちょっと気になり書きました。飲酒の習慣がある人は総じて、飲酒が病気の原因とは考えていないので、ちょっと困ることがあります。





メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  

2010年11月21日

【インフルエンザの話題】

 インフルエンザの患者さんが増えています。正確に言いますと、インフルエンザ疑い、の患者さんです。鼻水を採取して検査をするのですが、検出には限界があるようで、あまり陽性になる方はいらっしゃいません。しかしインフルエンザ独特のだるさが現れ、通常の風邪の経過と全く異なる経過をとり、波動では殆どの人からA香港型インフルエンザが確認されます。
 鼻水にインフルエンザウイルスの増殖が認められないうちから、だるさの症状はでてしまいます。患者さんはウイルスが増殖を始める前から辛い症状をもっておられるようです。高熱が出るわけではありませんから、耳鼻科にも患者さんはやってきます。発熱前、増殖前のだるさにどう対応するかが考えどころです。





メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2010年11月14日

【耳に関する二題】

玩具が耳に入って取れない事故が増えているそうです。当方ではお目にかかりませんが、粘着質のビーズを耳に入れてしまうと、最悪の場合、全身麻酔をかけないと取り出せないケースがあるようです。お気をつけください。

 耳を必要以上に触る人が増えています。年末にかけて忙しかったり、忘年会が続いたりすると、のぼせと同時に耳も痒くなりますので、何とか睡眠時間だけは十分に割いて、かゆみが出にくいようにしましょう。






メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。



  
2010年11月07日

【携帯電話の体への影響について】

携帯電話をズボンの左ポケットにずっと入れていましたが、左の足の付け根が痛くなったのが携帯電話のせいではないか?と考えてから、携帯電話は麻袋に入れた上で、かばんの中に入れるようになりました。

 そうして2ヶ月弱経過しました。以前だと山歩きしたり、ボウリングしたときに、痛んでいた足の付け根が、だんだん痛くなくなってきました。

 携帯電話の体への負荷は決して小さくないと感じます。原因不明の病気の原因になり得ると思いますので、ずっと携帯電話を触る習慣や、首から携帯電話を下げて歩く習慣は改めた方が良いと思いますよ。




メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。

  


copyright (c) 2004-2005 'jinnouchi' all rights reserved.