陣内耳鼻咽喉科クリニック
診療内容
院長紹介
病院内の様子
コラム
新医療研究
トップページ



『実践ロハス生活!〜これであなたも医者いらず〜』(ID:0000164378)
メールアドレスを入力してボタンを押すと
登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ



このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
トップページ > コラム

2013年09月22日

【サフランを使い始めました】

 最近、サフランを使い始めました。

 サフランと言えばサフランライス??

 そう。そのサフランです。

 実は血の滞りを除いてくれる強力なアイテムです。先日、これで耳鳴を治しているという耳鼻科の先生の論文を読み、使ってみようと思いました。

 よく巷ではどろどろ血、というような表現で言われますが、とくに糖分の摂取が多いときには血が滞りやすくなりますね。

 あと動脈硬化でも血管が細くなるので血が流れにくくなります。

 そういう状態を見るのに一番良いのが舌の裏面です。ここは舌静脈という比較的太い血管が見える場所です。どす黒く見えるだけが正常。黒くないと血が足りない血虚証、血管が張り出しているとお血証という血液の滞りを意味しています。

 私もお血証になることが多いので、以前から田七人参を飲んでいます。これもかなり効果がでますが、苦いんですよね〜(笑)。

 サフランはどのくらいの効果があるのか、確認しながら使っていこうと思います。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  

2013年09月08日

【現代人の不眠はメラトニン不足か?】

 先日聞いた講演で、現代人の不眠は不安型の不眠ではなく、光刺激によるメラトニン不足によるものである、というお話を聞きました。

 日本は世界一、夜が明るい国と言われています

 昼夜逆転の生活をしておられる方も少なくない印象ですが、体調を崩されている人が多いように感じられます。

 そう。

 やはり夜は寝る、昼は活動する、そういう生活が重要だと思います。

 昔、テレビは12時前後に終わりました。今は終日プログラムがありますよね。メディアの力は強いのですから、大衆を深夜に誘うような番組制作は止めませんか。

 自然に逆らって生きることを強いられるのは、ストレスが大きいですよ。

 私は数年前からテレビは1番組だけしか見ません。天気予報にも興味がなくなってしまいました。でも、干した洗濯物が突然の雨で濡れてしまうくらいで、あとは何も困ることはありません。テレビを見なくなった時間を睡眠に当てれば良いのでしょうけれど、それはまだ実現していません。。。

 話をもとに戻しますが・・・

 不眠ですが、そういう明るい夜ですから、体が起きる刺激を受けて寝られないということもあるかもしれませんね。

 良いのか悪いのか分かりませんが(良いように感じています)、メラトニンという体内時間を調節する物 質が睡眠薬として使用され始めているようです。




メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。

  
2013年09月01日

【困ったウイルス感染の診療について】

 これは本当??という気持ちで聞いてほしいのです。信じないこと(笑)。

 さて、・・・

 先日、診察をしていて困ったなあ、と思った事がありました。

 明らかにコクサッキーウイルスの感染症なのです。自分なりに何度確認してもコクサッキーウイルスでした。私はエネルギーで確認しますので不確かだ、とおっしゃる方がいるかもしれません。でも普段の診療で不確かだと感じたことはほとんどありません。

 ちなみにウイルスはエネルギーのみの存在で、質量はほぼありませんので、平素から、通常の質量に依存した検査はなじまないと思っていますが。これは余談です。

 ところが、患者さんのご希望でインフルエンザ検査をしたら陽性反応が出るのです。ちなみにエネルギーで確認したらインフルエンザは完全に否定的です。

 「う〜ん、、、。インフルエンザですねえ。」

 納得はいきませんが、それ以外に説明のしようがありません。

 インフルエンザウイルスとコクサッキーウイルスに交叉反応があるということも聞いた事がありませんし、本当に困りました。

 この件については結論が出ていませんが、そういうことがあったということだけお伝えしておきます。


メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  


copyright (c) 2004-2005 'jinnouchi' all rights reserved.