陣内耳鼻咽喉科クリニック
診療内容
院長紹介
病院内の様子
コラム
新医療研究
トップページ



『実践ロハス生活!〜これであなたも医者いらず〜』(ID:0000164378)
メールアドレスを入力してボタンを押すと
登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ



このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加
トップページ > コラム > 診療一般

2018年05月10日

【風門を閉じてみよう!】


風門というツボをご存知でしょうか?

tsubo_365













背中の上の方に左右2つある、風邪の入り口。

悪寒がするのは、ここから寒邪が入った時です。

このツボを小さくしたり大きくしたりできるのです。

小さければ風邪をひきにくく、大きければすぐに風邪をひく。ことになります。さて、では何が大きさ決める要因なのでしょう?

・・・

現状、私が知っているのは睡眠時間です。

たくさん寝ると閉じて、睡眠不足だと開いてしまう。

睡眠不足は風邪がひきやすくなるのですね。驚きました。
  

2018年04月03日

【聞こえは話し方で変わる?】

英語学習をしていると、執拗に

「話すことができる内容しかリスニングできませんよ」

と言われます。

ある日気づきました。

「もしかして、日本語でもそうなのでは??」

補聴器をしている患者さんで、会話のスピードについていかれない人は

あまり話をしない、あるいはゆっくりしか話さない人なのかもしれません。

高齢になってもある程度シャキシャキと話をすることで、若者の話にもついていかれるのかもしれませんね。

201501-09-03  
2014年07月31日

【当クリニックの味覚外来について(2)】

 味覚異常は原因が分かりにくだけに、医師の中でも患者さんをどうするか、
 ・私には無理
 ・私は何とか解明してみせる!
 という両者に分かれます。

 今日の味覚障害の患者さん。右だけ味が鈍いのですが、何が原因なのか採血
 をして、これから原因究明です! お若い方なので、責任重大です。

 もちろん私は後者の「何とか原因を究明してみせる!」の方です。

 ご予約はお電話03-3370-6635でお願いいたします。
 メールでのご予約はお受けいたしませんのでご注意をお願いします。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。


  
2014年07月10日

【当クリニックの味覚外来について】

 先日、日本の味覚研究の第一人者でいらっしゃる冨田寛先生が84歳で亡くなられました。

 私はご縁をいただき、冨田先生の病床でご指導をいただいておりましたが、白衣を着た冨田先生にご指導をいただくことはかないませんでした。

 6月より冨田先生の遺志を継ぐ形で、当クリニックで味覚外来を始めました。まだ体制が十分とは言えませんが、味覚障害の方が少しでも救われるように努力していく所存です。

 特に味を感じられない方はご相談ください。長期間経過していたり、他院で治療不可能と言われている方でも問題ありません。

 ご予約はお電話03-3370-6635でお願いいたします。メールでのご予約はお受けいたしませんのでご注意をお願いします。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。

  
2013年11月03日

【黙っていても体は正直です】

 私の診察は、所見から処方を導き出すという側面はありますが、その人の、その日に合う処方が先に決まり、そこから体の状態を類推するという面も合わせもっています。

 したがって、例えば体の緊張をより緩める処方を選択した場合、

 「もしかして、ストレスが増えましたか?」

 とお尋ねすることになります。また、体が芯まで冷えている風邪の方には

 「かなり無理をしましたか?」

 ということになり、さらに潜在感染がひどい状態の方には、

 「すごく疲れていますか?」

 と質問することになります。

 これが面白いことに大抵当たります。皆さんビックリされますが、黙っていても体は正直ですね。

 ご自分で体の変化を知って修正できると、健康の達人になれると思います。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年10月13日

【自分の状態を真剣に観察する習慣】

 治療が進んでいきこちらの印象も良くなっているのに、機械のように「何も変わりません」とおっしゃる患者さんが少なくありません。

 変わらないという割には、よくよく話を聞いてみると、それなりに症状が変化していたり、良くなっているところがあることが多いのです。

 でも「変わりません」とおっしゃるのです。

 症状をあまり真剣に見ていない、感じていない、という可能性がひとつ挙げられます。もう変化しないのだと、半ばあきらめてしまっているのですね。こういう場合、このままでは治療効果がありませんので、実は良くなっていることをこちらがお話することになります。変な感じですが。

 あとは治りたいという自分の気持ちと同時に、治ってはいけないという自分の無意識の反応があることがあると思われます。

 ものごと何でも「○○をしたい!」と思うと、同時に「○○をしてはいけない!」というブレーキがかかるものです。このブレーキがあるおかげで、私たちは一方向に突っ走ることなく、安定して暮らせるわけです。でも治療となるとこれが邪魔になることもあります。

 案外自分がどういう状態なのか、ということを真剣に観察できる人は多くありません。でもそれを意識することは健康増進に繋がると思いますし、言い過ぎかもしれませんが、検診よりもそのことが大切なのではないかとさえ、思ってしまいます(いや、検診も大切ですね(笑))。

 普段から自分の状態を真剣に観察する習慣をつけたいものです。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。

  
2013年09月01日

【困ったウイルス感染の診療について】

 これは本当??という気持ちで聞いてほしいのです。信じないこと(笑)。

 さて、・・・

 先日、診察をしていて困ったなあ、と思った事がありました。

 明らかにコクサッキーウイルスの感染症なのです。自分なりに何度確認してもコクサッキーウイルスでした。私はエネルギーで確認しますので不確かだ、とおっしゃる方がいるかもしれません。でも普段の診療で不確かだと感じたことはほとんどありません。

 ちなみにウイルスはエネルギーのみの存在で、質量はほぼありませんので、平素から、通常の質量に依存した検査はなじまないと思っていますが。これは余談です。

 ところが、患者さんのご希望でインフルエンザ検査をしたら陽性反応が出るのです。ちなみにエネルギーで確認したらインフルエンザは完全に否定的です。

 「う〜ん、、、。インフルエンザですねえ。」

 納得はいきませんが、それ以外に説明のしようがありません。

 インフルエンザウイルスとコクサッキーウイルスに交叉反応があるということも聞いた事がありませんし、本当に困りました。

 この件については結論が出ていませんが、そういうことがあったということだけお伝えしておきます。


メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年06月30日

【既存医療とのすり合せ 〜 原因不明の病気への対応】

 ○○病という、国家試験のときに勉強しただけで、以後聞いた事のない病名を患者さんから告げられました。原因不明の疾患です。この病気ではなく、耳鼻科の診療を受けに来られた患者さんです。

 原因不明と言われている疾患のほとんどは、潜在感染症の影響を受けているか、有害物質が体の中で何らかの悪さをしているか、栄養状態が悪くて体が整わないか、エネルギー的な影響を周囲から受けているか、のどれかだと思います。

 今回もこの病気のことを全く知らないわけですが、臆することなく食品添加物による汚染が原因と推定し、その内容を入れて耳鼻科の治療を始めました。

 こういう病気の場合、長年の担当医が別に居られることが多いので、私が何かの治療を始めることはおせっかいのように思われるかもしれません。でもこういう病気は耳鼻科の範囲にも当然影響を与えてきますし、一人の人が長年慢性病に苦しむことは医療費の面からも放置はできません。

 もちろん既存の医療を否定するつもりはないので、今までの治療は継続しながら、治療を受けるように話しました。私の治療が良いものなら、自然と既存の治療から自然に離れていく事になると思います。

 こういう活動はあまり目立たぬよう、地味に続けたいと思っています。




メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。  
2013年06月23日

【誤診からは学びたい】

 先日、腫れものの患者さんが来られて、悪性かどうかの鑑別を依頼されました。手術かどうかの瀬戸際なので、セカンドオピニオンをお願いしたいとのことでした。

 私は内心、自信を持って良性と思いましたが、前医の診断が悪性だったので、良性の可能性があるのではないか、ということでお帰りいただきました。

 癌ができるときには、癌抑制遺伝子が出たり、その他の免疫物質が作動します。それらの物質が全く検出されないで悪性ということはあり得ないというのが私の偽らざる気持ちでした。

 しかし、現実は厳しく、正式に悪性と診断されたことを電話で聞きました。

 私の中では確立していた診断技法の一部を改善することを求められた感じがしました。

 正直なところ、納得いかない部分もあるので、どのような悪性細胞だったのかを問い合わせてみたいと思っています。弱悪性なのかしら・・?

 誤診・・・なのかもしれません。まあ神様ではありませんから仕方のない事ですが、でも良性と悪性を間違うことはあってはなりません。

 私はこのことを、次の機会に行かせるようにしたいと考えています。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年06月16日

【体はみんなつながっている?〜汗と膀胱炎】


 いろんな診察をしていると、体の思わぬところ同士が繋がっているということを実感せざるを得ません。

 先日は体の汗が少し多すぎる人がいらしたので、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)という漢方薬を使用して抑えにいきました。この漢方薬の効能書きを見ると、痩せ薬かと思いますが、そういうことはありません。
 
 次に外来に来たときに、こんなことを言っていました。
 「汗も止まったけど、膀胱炎も調子がよい」

 防已黄耆湯で体の表面にある水分を体の中に引きこんだから生じた現象であると思いました。

 引き込んだことにより汗が減少し、引き込まれた水は血流にのって腎臓から体外に排泄されることになります。

 体内の水が多く排泄するようになったので膀胱炎の菌も流されて良くなった、逆に言えば、今まで尿として出るべき水が皮膚に停留して出なかったので、膀胱炎になったのではないかと思います。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。  
2013年05月12日

【歯科診療の問題点 〜インプラントにみる歯科診療】

 歯科でインプラントの治療を受けた方も少なくないと思いますが、この治療のトラブルが増えているようですね。

 国民生活センターにも多くの相談が寄せられているようで、対応についてのサイトが作られていました。

 サイトによると、経営状態が悪いために、歯科医師が自分の技量の範囲を超えざるを得ず、トラブルに至るということが多いようです。ときには適応の範囲まで超えてしまうこともあるとか・・・?確認はしておりませんが。

 私は歯科を受診すると、本当にこの手間ひまをかけて、この値段は安いなあ、と思うことしばしばです。そういう歯科医に出会えたことがとてもハッピーなのかもしれませんが。

 通常の治療がこんなに安いということが、マクドナルドのバリューセットとの比較ということで諸外国と比較した表がありました

 やはり、歯科全体の技術の向上を望みたいですし、一方で歯科診療に対する診療報酬は見直すべきかなと思います。そうでないと、歯科医が診療に忙殺され、技術研鑽に必要な時間が取れず、診療全体が崩れてしまうように感じました。

 インプラントの問題と思って調べ始めましたが、これは歯科診療全体に言えることにように感じました。




メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。

  
2013年04月28日

【極端に疲れた人の喉の痛みについて】

 またのどの痛みの話です。

 おまえの喉の痛みの話は聞き飽きた!と言わずに聞いてくださいね。

 疲れているとウイルス感染が生じるので、抗生物質では良くならないというお話は時々していると思いますが、さらに疲れたときにどうなるか、というお話を今日はしてみます。

 まずは真菌。カビですね。

 口腔内にカビが見えるほど生えることはほとんどありませんので、見ただけで診断するのは困難です。バイオレゾナンス法で痛みの原因がカビということになりますと、漢方薬で治療を開始します。

 そして生ものからの原虫の感染ですね。

 これはあまりないと思われていますが、免疫の低下がひどいと、こういう通常では考えにくいような感染が生じ得ます。

 こういう、くたくたに疲れて喉の痛みが続いている方は、生ものを食べることを避けていくのが得策だと思います。

 薬を使っても良いのですが、一時的に痛みが増してしまうこともあります。やはり、生ものを避けて痛みが鎮まるように考えていただくのが良いかもしれません。

 現代人は休息をとる時間が本当に少なくなっているのだと思います。患者さんのお話を聞いても、かなり過酷な労働を強いられている場合もあり、こういう喉の痛みが続く方がこれから増えるかもしれませんね。




メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年04月21日

【毛髪ミネラル検査を行って】

 毛髪ミネラル検査を行いたい、という人が少しずつですが、増えています。やはり環境が悪化しているので、自分の体にどういう有害なものが入っているのか、ということに興味があるということでしょう。

 私も2回行いましたが、砒素が溜まっていたり、水銀が溜まっていたり、驚くような結果がでていました。

 以前に水銀の蓄積がでたときには歯科金属の影響を指摘されて、歯の金属の詰め物を除いていきました。

 砒素はどこから体に入ってきたのか、分かりません。地下水には入り易いもののようです。情報

 ではその元はどこの砒素なのでしょう?

 一般には土壌汚染が原因と思われていますが、土壌汚染ということは、食べものにも入っているのではないかと推測しています。

 栄養解析のときにも感じましたが、全く予想しないことが体の中では起きているのですね。たまにでもチェックすると良さそうです。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。

  
2013年04月14日

【アクセルとブレーキは同時に踏まないこと!〜過労】

 喉が痛くて耳鼻科を訪れる人も多いです。1ヶ月喉が痛いのが続いている、と訴えて来られる患者さんもいらっしゃいますが、1ヶ月もそのままにしていたのですね。驚きです。

 風邪で普通の経過なら1週間、不摂生していても一応2週間程度で痛みはなくなるのが普通です。

 1ヶ月続くのであれば免疫の状態が余程悪いのか、2週間の風邪をたまたま2回続けて引いたということを考えます。

 でもいつも本当に忙しく仕事におわれている人の場合には、血虚の状態になってしまい、免疫的に不安定で、少し休めた時だけ痛みが消えるような状態がずっと続いてしまうのです。1ヶ月であってもです。

 こういうとき、私は漢方薬を便利に使いますが、ひとつだけ要注意!

 漢方薬で過労になっても痛みが出ないようには簡単にできてしまいます。でもそういう方の場合、さらに仕事を抱え込むことが少なくなく、挙げ句の果てには「まだ治らない」と訴えるのです。

 これはアクセルとブレーキを同時に踏んで、まだ止まらない、と訴えているようなものです。アクセルから足を離せば車は止まりますよね?

 当たり前のことですが、休息がさらに少なくなったのでは元も子もありません。薬に過度に頼り過ぎず、基本的には休みを取って治すようにしましょう。





メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年04月07日

【好酸球性中耳炎の治療について】

 好酸球性中耳炎という病気があります。中耳炎なのですが、耳漏がとにかく粘稠で、処置をするにも吸引しきれず難儀な病気です。

 昔からステロイドホルモンを外用剤で使っていただいたり、内服していただくと良くなることを経験していましたが、他の方法ではなかなか良くなりませんでした。

 あるとき、これは耳で起こる喘息のようなものか、と気づきました。そういえば、好酸球性中耳炎の患者さんのほとんどは喘息もちです。

 喘息類似の病気であれば、免疫を調整すれば耳も良くなるかと考え、食事指導をはじめとしていろいろやってみました。

 するとその患者さんの場合には滲出液が少なくなり、ときどき処置をする程度で良くなりました。

 その患者さんがいつも食べているヨーグルト3種類を持ってきていただきました.喘息の方にはあまり食べていただきたくないものもありました。食事指導は重要だと改めて認識しました。




メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年03月31日

【いじめによる自殺と早期からの幼児教育について】

 いじめが増えているという新聞記事が多くなっています。いじめで自殺してしまうお子さんもいらっしゃるようで、問題が大きく深刻になっているようです。

 先日、とある講習会で聞いたことなのですが、頭で分かることと、体感で知ることには大きな違いがあるのだとのことでした。

 私はこれを聴いてピンときました。

 自殺者が多くならないようにするには、生きる喜びや生きている実感を伝えることが最も大切だと思います。

 昨今は幼児教育が盛んであり、かなり幼少児期から生きることの喜びを文字情報で伝えるようになっています。

 生きる意味、生きる喜びを「頭で分かる」ことが「体感で知る」ことよりも先になってしまうという事態になっているのではないでしょうか?

 実際に体感していない、頭で考えている生きる喜びは、困難な現実に直面したときに、「実は人生は困難だよね」という風に情報が書き換えられてしまう危険性を持っていると思います。

 体感で知った生きる喜びは、本能のように書きかえられにくいものなのかな、と思っています。

 この話を聴いてからは、早期からの幼児教育も考えものだと思っています。



メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。  
2013年03月24日

【湿邪の強まる季節】


 気温が上がり湿度も同時に上がってきましたね。

 湿邪について普段は意識しませんでしたが、先日思い知ったことがありました。

 除湿器が壊れて新しいものに替えた途端、空気が軽くなり呼吸が楽になりました。湿邪によって経絡の詰まりが生じていたようです。

 経絡は気の通り道です。気は軽いので、湿のような重いものが周囲にあると気の流れが阻害されるのだと思います。

 湿邪はとくにめまいや高血圧の原因になります。季節の変わり目にめまいの患者さんは多くなりますが、春の場合には湿邪が原因であることが多いのではないかと思うのです。

 あと湿邪と言えば肩こり、腰痛、頭痛などですが、背面に生じ易いのが特徴ですね。膀胱経という経絡が背面にあり、この経絡が湿邪に侵されやすいので背面に痛みが生じ易いのです。

 これから夏になると水の飲み過ぎなどで、また別の形で湿邪が悪さをする季節ですが、これはまた夏にお話することになるでしょう。




メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年03月17日

【慢性疲労で生じるいろいろな症状について】

 仕事が忙しくなり、中医学的には血が消耗してしまい、血虚になっている人が少なくありません。元々貧血のある人、気遣いがすごい人などは、血虚になりやすいので要注意です。

 血虚になると何が困るのか。

 まず第一に不眠が挙げられます。

 昨今、不眠で困っておられる方がとても多いように見受けます。原因不明で安定剤とか睡眠剤を処方されて山のように薬を飲んでいる人も少なくありません。そういう人はまず血を補ってみることをお勧めします。

 私も昔、大学の卒業試験前に血虚になって、自分の鼓動が気になって寝られなかった経験があります。

 そのころは血虚ということを知らなかったので、安定剤を使って寝ましたが、確かに寝ると血が補われるので、それで回復して寝られるようになりました。

 その後も同じようなことがありましたが、最近では黒豆の煮汁を飲んでよくなったことがありました。

 黒豆は補血作用があるので、不眠にも有効です。手軽だし、まずは試してみてよい食材のように思いますよ。サイト 
 血の消耗のお話はまだたくさんあるのですが、今週はこのへんで!




メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年03月10日

【花粉症のあれこれ】

 花粉症の診察をしていて思うことを書いています。

 私はとても健康に留意しているという花粉症の方、お気を悪くされないでくださいね。

 花粉症の症状が強く出る人たちは、少し健康に対して無頓着な印象を受けます。症状が出てから薬を取りにくれば何とかなると思っているのかもしれません。

 確かにそうなのですけど、どうして花粉症になるのかとか、どうやったら予防できるのか、という視点が欠けている人が多い印象です。

 今まで飲んでいる薬の種類とか、せめて覚えていてくれればなあ、と思うことも少なくないですね。

 一方で用意周到に薬を飲んでいる人たちは確かに症状が軽くて済んでいるようです。症状がたくさん出て辛そうな人たちがたくさんいる中、予防しているという自負があるように見えます。

 でも考えてみて下さい。

 一生この季節に薬を飲むことになるのではないか、一生花粉症は治らないのではないか、毎年どんどんひどくなるのではないか、という不安はないのでしょうか?

 やはり花粉症になる理由を考えてみる、自分の生活を見直してみる、という視点が欠けていることには変わりないように思います。

 症状が抑えられているからこそ、自分の体のこと、生活のことを見直す機会が失われているのかもしれませんね。

 ちょっと厳しいコメントかしら?





メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。
  
2013年03月03日

【味覚障害と嗅覚障害への対応】

 味やニオイの問題はなかなか研究が進まないのが現状です。

 これはいくら大学病院などの研究機関でも、味とニオイの感覚は数値化されにくいデータなので、研究データを解析しにくいことに原因があります。このように動物の本能に根ざした感覚は調べるのが大変です。

 専門外来を持っている病院も少数です。私が関わっている大学病院でも、ニオイとか味の障害を持つ方が見えると、形式的な対応になってしまい、一般的に良いであろう処方を行い、あとは隠れた病気がないかどうかの確認をするに留まります。

 では専門病院ではどうかというと、これも私の印象としては行き詰まり感があり、結局使っている薬はみな同じということをしばしば感じています。

 私がみるところ、とくに味覚障害は化学薬品による感覚障害と、ビタミンB群の不足が原因になっていることが多いように感じます。化学薬品は食品添加物が原因のことが多いように思うので、的確なアドバイスができればかなり症状を抑えることができるように思います。

 いくら薬を使っても生活が修正されないとなかなか良くならないので、味覚と嗅覚の問題に対応するときには生活指導が必須でしょう。

 職業で薬品を扱う人も決して少なくないと思います。料理人や料理業に関係するお仕事の人たちは、調味料が複雑化するに従い、味覚や嗅覚の障害と対峙することになる危険性を秘めていると言えるのかもしれません。

 いつも何を指導しようかと考えながら味覚障害と嗅覚障害に対応しています。





メルマガ「実践!新ロハス生活〜これであなたも医者いらず」より

お好みのタイプのメールマガジンを是非ご登録下さい!バックナンバーも見られます。  


copyright (c) 2004-2005 'jinnouchi' all rights reserved.