June 2005

June 28, 2005

f596d186.jpg最近仕事以外の時間を読書で費やす事が多くなりました。
この所、発注やセールなどで何かと忙しくて、何かにつけて精神的にバタバタしている状態を落ち着かせるために!と思っての事です。
といっても帰宅時間は平均夜の11時から12時頃ですから、読書の時間を作るのも一苦労です。

例えば!家に帰るとまずテレビを付けます。次にそのテレビの画像だけを観ながら音楽を聴きます。そして遅い晩御飯を食べながらビールを飲みます…。で!その状態で本を読みます。
朝もこれと似たようなものです。ビールが歯ブラシになったり、本が新聞になったりするだけです。

私は今でも時々店頭に立ちますが、その時も原理はこれと同じです。店頭作業と同時進行で事務処理やホームページのアップなどをこなしていきます。

それにしても、お風呂で歯磨きしながら読書をしたり、PCを前にしてご飯を食べながら音楽を聴いたりとか、時間不足の毎日のおかげでずい分色々と器用になった気がします(良い事なんですかねぇ…苦笑)。

画像は正に「…しながら」読んだ【暗いところで待ち合わせ】という本です。なぜかどれも「とても切ない」乙一ワールドにはまり中です!

(17:21)

June 26, 2005

624ceb3d.jpg私達の住む徳島県では、そろそろ水不足が深刻な問題になってきました。
今朝の徳島新聞によると、現在四国の早明浦ダムの貯水率は41.7%で、このままいくと7月10日頃には「0%」になるそうです。この時期としては「1994年の大渇水」以来の事だそうです。

その大渇水当時、私は中でも一番被害のヒドかった松山市に住んでいました。記憶が定かではないのですが、夜9時から翌朝8時頃までの断水が1ヵ月くらい続いた覚えがあります。お客さまの帰宅時間が早くなるため、店の売上にもかなりの影響がありました。
でも私達のような昼間の仕事はまだマシで、夜の仕事をしている友達の話は総じて散々なものでした。お客さまが来ない!というより営業自体が困難な状況だったようです。

去年は台風…今年は渇水…。普段は殆ど意識する事のない水の存在感を、2年続けて思い知らされてます。自然を相手にボヤいても仕方がないのですが、なかなか上手くいかないものですね。「足して2で割ってくれ!」なんてベタな言葉が思わず口から出てきそうです。

さて、今日は店のベランダから写真を撮ってみました。天気予報では午後から雨マークも出ていたのに、降る気配は全くナシ!です。

(14:50)

June 24, 2005

11e12b3d.jpg自分で言うのも何ですが、私はよく奇妙な行動にでます。例えば、時々女性の水着売場や下着売場の中をウロウロしたり…(笑)。

一般の方には怪しげなこんな行動にも、実はちゃんとした理由があります(この業界の方には直ぐに納得してもらえるはずです)。

なぜかと言うと答えは簡単で、水着や下着にはそのシーズンの流行が顕著に現れ易いからです。例えば、水着の場合は形や柄に比較的ダイレクトに反映されます。でも下着の場合は一捻りあって間接的な物が多いようです。夏を迎えて薄着になるこの時期などは、その色や形で上に着る服装をイメージします。

同じような事が人の行動にも言えます。みんながどんな遊びに興味を持ち、どんな所でご飯を食べ、どんな話題で盛り上がって…。
注意深く観察する事で、直接的、間接的に、仕事につながる事も多いようです。

自ら「人間観察好き!」と言う角田光代は最近気になる作家の一人です。画像は3日前に読み終えた本で【キッドナップ・ツアー】という父と娘の話。

(19:17)

June 21, 2005

ed60dc11.jpg一昨日読み終えた本です。京極夏彦の【嗤う伊右衛門】という本です。かなりアクロバットな四谷怪談の新解釈に、終始脱帽でした。

京極夏彦は、比較的私と年齢も近いせいか何だかとても親近感の湧く作家です。先日直木賞を取った「巷説百物語」のシリーズなどは、どうやら私のツボにバッチリはまったらしく、あっ!という間に読み終えてしまいました。

私は若い頃「作家になりたい」という夢をずっと持っていました。そして…。困った事にこの夢は今も継続中です(苦笑)。
人間誰しも(私だけかもしれませんが)歳を取ると、自分が理論構築できる方向にのみ進むようになります。逆に言うと、自分の背負う物の大きさを考えた時、それができない方向には進めなくなります。
飽くまで私見ですが、それは社会を生きて行く上で正しい選択なのでしょうが、でもそれだけでは決して前には進めない気がします。上手くは言えませんが、何だかそう思った時点で何もかもが止まってしまう気がします。

この歳になっての夢なんて全くもって現実味のない話と言われそうですが、でも私は今でも本気で「いつの日か必ず実現させてやろう!」と思ってます。そしてそう思う事(実現を目指す事)が現在の自分の仕事や生活に張りを持たせている事は事実です。何せ実現するにはまず、今の仕事を達成するしか手段がないですからね!

ですから私は、夢は勿論叶う事に越した事はないですが、叶わなくてもいいと思います。目指す姿勢が大切な場合もあるような気がします。実際私は今でも「大社長兼作家」になった自分の姿を思いつつ、まずは毎日の仕事に全力で励んでます。

みなさん夢は持ってますか?

(20:44)

June 20, 2005

c03de6f3.jpgもらってしまいました!ついに!
あの…。私が最も恐れていた物を…。

画像のTシャツはSTAFFからのプレゼントです。何のプレゼントか?というと、何と「父の日」です(苦笑)。ケミカル好きの私のためにSTAFF全員がお金を出し合って買ってくれました。
自分では父になってる自覚なんてなかったのに…。もらった瞬間は、恥ずかしいやら、腹立つやら(笑)でオロオロでした。

実はこのTシャツ、もらったのは2週間ほど前です。以来ずっと事務所の机の横に飾ってあります。みんなは「着たら!?」って言うのですが、恐れ多くて着れません。昔私の父や母が、私が買ってあげた服や小物を大事に使わずに取っておいた気持ちが今やっと分かりました。

それにしても、年齢ばかりが父になって、自分の至らぬ人間性を思うとほんと反省です。そんな私と一緒にがんばってくれてるSTAFFには感謝です。「赤いちゃんちゃんこ」をもらう日まで、一緒に仕事ができたら幸せですね。
私も今日から気持ちを改めてがんばります。何せ父ですから(笑)。

(19:55)

June 18, 2005

5472c6d8.jpg画像はSTAFFからのグアム土産。後ろを読むとこう書いてありました。
「グアム生まれのこのオブジェは、健康の神様。今直ぐ心掛けよう、健康な生活」。
もらった瞬間、何だかしみじみ心に堪えました。

考えてみると最後に受けた健康診断が7年前。体が資本の自営業にもかかららず、ここ何年間も全く自分の体に無頓着で過ごして来ました。少し位体調が悪くても、つい忙しさに感けて気合いで誤魔化してしまう…。毎回その繰り返しでした。
嘘のようですが、私がこの業界に入って約20年!歯医者と整形外科以外の病院に行ったのは1回だけです(マジです)。

そんな私の生活を知ってか知らずかこのオブジェ!毎日私のパソコンの横から、変なポーズで私を見つめてます(…苦笑)。
「ちょっとお酒を控えてみようかなぁ…」なんて考えている私!どうやら充分にご利益があったようです。

(16:33)

June 15, 2005

383f09a5.jpg画像は松山在住のW君。昨日から徳島に遊びに来ています。
ただ今「ワッフルが美味しい」と評判の店で一緒に朝食中です。実は彼は、うちの会社が松山時代の初期STAFFです。

当時浪人中だった彼が、度々うちの店(HACK STORE)に遊びに来る内に、そのまま働くようになりました。
当然大学受験はフェードアウトとなり、そんな経緯から当時の私もずい分と責任を感じた記憶があります(失笑)。ともあれ経営の苦しかった初期の頃に一緒に頑張った仲間の一人です。

さて、そんな彼も今では立派な社長!松山市内でメンズのセレクトSHOPを経営しています。ですから今回も、遊びに来た!とはいえもっぱら仕事の話ばかりでした。

うちの会社で働いたSTAFFがこうしてSHOPの経営者になってくれる事は、私にとって一番嬉しい事です。彼の大学受験を阻止した(?)責任の肩の荷が、ちょっと降りた気分です(笑)。

(20:07)

June 13, 2005

703bd4ad.jpg先日読み終えたJ・T・リロイの【サラ、いつわりの祈り】という本です。

訳あって読む羽目になったのだけど、ホントの私はこの類の本が大嫌いです。
私は常々「読書は楽しくするもの」と考えています。だからこの本のように、ネガティブで自虐的なものには、すぐに嫌悪感を覚えます。

私が楽しい読書を心掛けるようになったのには理由があります。20代の頃、本にのめり込み過ぎて、危うく家から出れなくなりそうになったからです。
本を読む事により普段気付かない部分に気付いてしまう…。一般社会において気付かないでいい事まで気付く事により、社会に適応できなくなる…。それを補うようにますます本に頼るようになる…。正に悪循環!今でいう引き篭りのような状態でした。
その時はたくさんの友達が、無理矢理家から引っ張り出してくれたおかげで事なきを得ましたが、以来ネガティブな思考の本は読まなくなりました。

勿論「水を飲みすぎて死ぬのは、水を飲んだ奴が悪い」のであって、私の側に問題があったのでしょうが、やっぱりそれでもネガティブな思考はネガティブな現実を生むと私は考えています。
だからうちの会社では「辛い、疲れた、眠い…」そういう言葉は禁止です。ポジティブな思考がポジティブな現実を生むと考えているからです。

楽しく!明るく!みんながいい顔をして仕事ができる職場ができたら最高です。

(17:41)

June 12, 2005

a63c5f53.jpg今日は久し振りの汽車(←電車ではありません)通勤でした。

画像は最寄の駅です。今日は田畑に囲まれたこの駅で、汽車を待ちながら30分ほどベンチに座って読書を楽しみました。
ちなみにこの駅は徳島の経済の中心「徳島駅」の4つ手前の駅になります。回りの風景を見て下さい!都心にお住みの方には絶対に信じられない光景でしょ!(笑)

私がよく利用するこの路線は典型的なJRの赤字路線です。だから朝夕のラッシュ時以外は1両編成のワンマン車両が1時間に1本しか走っていません(苦笑)。
駅を取り巻くこうした環境一つを取っても、地方と都心の格差ってすごいですね!今日何だか改めてそう思いました。

うちの店の通販のお客さまの中にも東京や大阪などの方がずい分といらっしゃいます。向こうでは人気の商品も、徳島のような地方では残っている事が多いからです。ファッション業界も同様に、両者の間のスピードは全く違う物なのでしょうね。

地方は何かと不便ですが、こうして時間がゆっくりと流れている所がいいですね。みなさんもたまには徳島に遊びに来て下さい。そしてスローライフを楽しんで下さい。

阿波踊りのある8月がおすすめかな…!?

(16:12)

June 11, 2005

a7a2bbcf.jpgついに事務所に新しいプリンターが導入されました。プリント機能の他にコピーやスキャンもできる複合機です。
その性能たるやすばらしいもので…。パソコン業界の日進月歩の度合いに今更ながら感心させられました。

実はうちの会社では、7年位前に買ったプリンターをずっと大事に使ってきました。特に壊れる事もなく今でも十分にその機能を果たしているのですが、どうやら最近の世の中は、そんなスローなペースを許してくれないようです。

インターネットが良い例ですね。モデムやISDNが主流だった頃に比べ高速通信が当たり前の現在では、例えばホームページ一つを取ってもフルFLASHは当然の事!その情報量の膨大さには驚かされるばかりです。
「ハードの進歩によりできた隙間に、ほぼリアルタイムでソフトの進歩が入り込んで来る」。全くもってすごい時代ですね。

うちのプリンターもその例に漏れず。まだまだ元気に稼動中なのですが、時代には逆らえませんでした。 長い間ご苦労さまでした。

(21:04)

June 09, 2005

25a85638.jpgみなさん昨夜の「日本vs北朝鮮」戦は観ましたかー!?
いやぁ〜勝ちましたね!W杯出場決定おめでとうございます。今から来年が楽しみですね。

ところで、商売人の私としては今回は開催地がドイツでよかったです。なぜかというと、前回の日韓共同開催ように時差が無い場合だと、試合の時間と店の営業時間が重なってしまい「その間の来店数がガタ落ち…」という事態になってしまうからです(涙)。
実際日本戦の時などはヒドかったです。来店どころか店の外を見渡しても、殆ど人がいないんですから(笑)。

その点時差のあるドイツだとひと安心。それに私達も、夜はサッカー昼は仕事と時間が有効に使えますしね。

画像は近くのBARで観戦中のSTAFF一同。営業時間が21時までなのにもかかわらず、なぜこんな時間にこんな所でいるのかは…聞かないで下さい(苦笑)。


(20:01)

June 08, 2005

8c3af775.jpg久し振りのBlogです。
実はこの所毎日とても忙しくて、なかなかBlogまで手が回らない状況でした。

ファッション業界では今が秋冬物の展示会シーズンになります。
当然の事ながらroly polyやorange.のようなセレクトSHOPの場合、毎週のように展示会と発注作業に追われる事になります。毎晩のように残業が続き、私を含めSTAFF全員限界ギリギリの状態でガンバってます。
普段は余り意識しないのですが、服屋というのは接客ばかりでなく、このように目に見えない部分の仕事の方が多いのです。だからこの時期ばかりは服屋の裏方(華やかでない部分)の大変さを思い知る事になります。

画像はそんな忙しい合間に読んだ一冊で、鳥飼否宇の【痙攣的】という本です。
この本がなかなか変わっていて、最初は結構デリケートな文面が続き読むのに少し神経を使うのですが、これがっ!読み進める程にだんだん間抜けな物になっていき、最後はイカで終ります(←読んだら分かります…笑)。
でも逆にそのメッセージはどんどん深く重くなるので、読み方次第でそのまま「バカ本」とも取れるし、深く考えさせられる一冊にもなります。何だか自分の嗜好にちょっと合っていて面白かったです。

仕事も然りかもしれません。大変な仕事になる程に、回りから見た時に「楽に、軽く」やっているように見える。そんな感じで取り組めたらすばらしいと思います。


(19:18)

June 02, 2005

1b3993a5.jpg今日は生憎の雨模様です。徳島では今年は雨が少なく、今日のようにほぼ一日中雨が降ったのは本当に久し振りの事です。

roly polyとorange.のような路面店では、お天気の良し悪しが来客数に影響します。だから雨は最も身近な手ごわい敵だったりします(笑)。ともすれば気持ちまで参りそうになります。

そんな日には反対にお客さまから元気をもらったりします。雨の中わざわざ来てくれたお客さまの事を考えると気持ちが引き締まります。「お客さまあっての商売」を実感する日でもあります。

ところで、先日蛍の画像を掲載しましたが、素人の私の観察する所今年はかなり数が少ないようです。雨が少ないせいかな…?などと勝手に考えていたのですが、今日の徳島新聞にその答えが載っていました。

実は去年の台風の影響だそうです。増水などによる生息環境の悪化がその最たる物のようです。言われてみれば私の家の回りでも、去年の台風の被害は10月の23号を筆頭にかなり酷い物でした。

年を越えたこんな先まで影響が残るのだなぁ…としみじみ感じました。
仕事もそうかもしれませんね。お客さまを蔑ろにした経営などをしていると、その内かならずツケが回ってくるんでしょうね。

画像は出勤途中の車の中から。

(20:39)