July 2005

July 30, 2005

6e342c83.jpgまだ私が小さい頃の話ですが、よく父から「大人になって何になってもいいけど、警察官だけには絶対になるな!」と言い聞かされました。理由はというと「人を疑う事を仕事にするな」というものでした。
当時は「一理あるかな!?」と納得しながら聞いたものですが、今思うと明らかに詭弁ですね(苦笑)。

当然の事ですが、私たちは一人では生きていけません。社会(もっと小さな単位だと、会社とか家庭とか)には色んな役割の人がいて、私達は必ずその人たちからの恩恵を受けながら生きています。逆に言うと、私たちも必ずどこかの誰かに何かしらの恩恵を与えながら生きています。

ですから社会とは、その各々がまるで、誰かが欠けてもいけないパズルのピースのように、複雑に組み合わさりながら進んでいるように思います。だから、私達が自分の役割を果たせるのも、他の人が各々の役割(例えば疑うのが仕事)を果たしてくれているからだと思うのです。

回りの人たちに感謝し、そして自分が社会や会社から与えられた役割に、自信とプライドを持ちながら毎日を過ごせたら素敵でしょうね。

画像は横山秀夫の【震度0】。警察小説と言えばこの人!…かな!?

(01:15)

July 27, 2005

ca8a9a80.jpg先日のサングラスの続きのような内容です。

私が以前住んでいた松山市に、今でも行きつけの中華料理店があります。私はその店の「若鶏の甘酢あんかけ」というメニューが大好きで、松山出張の際には今でもよく食べに寄ります。

そこの大将とは長い付き合いで、私が大学生の頃からになります。毎晩ひょっこり現れては、同じメニュー(例の若鶏の甘酢あんかけ)ばかりを頼む私を珍しく思ってくれたのか、その内、閉店後に一緒にビールを飲んだりするようになりました。

今から思うと当時のその店はすごく変わってました。とにかく驚いた事に、中華料理店のくせしてメニューが8品位しかありませんでした(笑)。
大将曰く「自信のないメニューまで出すから不味い店ができる。自信のある物ばかりを出せば、必然美味しい店はできる」という事でした。

この言葉は今でも私のオシャレの原点になっています。
中華料理店と名のつく限りは、どうしてもたくさんのメニューがないといけないような気がしてくる…。オシャレの場合も然り、毎日違う服装でないといけないような気がしてくる。で、新たな服装などにチャレンジするからダサくなる。
でも実は、自信のある服装だけをしていれば、絶対にオシャレになれるはずなのに…(苦笑)。

もちろんチャレンジ精神も大切だから一概に否定はしませんが、予め自分に似合う服装という物を知っておくと、オシャレをする時に色々と役立ちますよ!

画像は最近私が時々利用する中華料理店。

(17:25)

July 25, 2005

35c17c2b.jpg今から25年位前の事ですが、その頃私が通っていた中学校には「ラインの入った靴は禁止」という校則がありました。今ではちょっと信じ難いこんな校則も(現在の中学校事情はよく分かりませんが…)当時としては一般的な物だったと思います。

その頃の私の憧れの靴が、CONVERSEのALL STARでした。ソールに入ったラインがカッコ良く見えた事を覚えています。

ところがこのCONVERSE!当時はなんと\7800もしました。今とは物価も違いますし、恐らく今の感覚で言うと\13800位じゃないでしょうか!?とにかく、中学生にはとても手が出ない金額でした。
だから、高校生になって初めてその靴を買った時は本当に嬉しかったです。

…で!今に至ります。値段がずい分と安くなっても、他に良い靴をたくさん見つけても、当時の感激そのままに今でもこの靴が大好きです。
少し前の事になりますが、某釣りビデオで、バスプロの下野正希さんが同じような事を言ってました。言われてみると下野さん、よくALL STARをはいてますよね!

画像はその下野さんのサイン。知り合いの釣具屋さんでもらいました。
最近底物にこっていて、ちょくちょく徳島に来られるようです。いつか一緒に釣りができたらいいなぁ…と思います。

(10:03)

July 21, 2005

adb9c14a.jpg昨日久し振りにサングラスを買いました。

私はマジで!!サングラスが似合わないので、そんな中でも唯一似合う(←自称)Ray-Banの同じ形の物を2つと、古着屋で衝動買いした物(それもRay-Banでフレームがシェルで飾られている物)の3つしか持っていません。
これは今シーズンのX-girlの物なのですが、あまりに私に似合う(←これも自称)ので、思わず購入してしまいました。ただし、室内での仕事が殆どの私がいつ着用するのか?というと少々疑問ですが…(笑)

ところで、こんな私が言うのもなんですが、サングラスの似合う日本人て本当に少ないですね。サングラスを掛ける事で、その人の個性がより強調されるような(例えば吉川晃司のような…)そういう似合い方をしている人って殆どいませんね。
私の交友関係を振り返ってみても、過去に2人しか見た事がありません。私が観察するに、大体の人は「掛けても掛けなくても同じ」ですね(苦笑)。
ファッションとはあくまで省く事が基本ですから、即ちそれは「=不必要」という事になりますね。サングラス自体はあんなにカッコいいのに…。日本人である事の悲しさですね…。

自分に似合う服だけを着用すれば、必ずオシャレになる原理なのですが、それって結構難しいですよね。
サングラスを買いながら、そんな事を考えてみました。

(19:41)

July 19, 2005

32b3fded.jpg画像は私のお気に入りのクツ達です。ちなみにこれは一部で、ここに置ききれない物がまだまだたくさんあります。

「オシャレは足元から」とはよく言ったもので、この業界で働く人達は、みんな決まってクツが好きです。ファッションにおけるクツの重要性を分かっているのでしょうね。
ただ私の場合は、同じクツ好きでもスニーカーに対する興味が殆どないので、これでもずい分と少ない方です。スニーカー好きの知人の部屋を訪ねると、押し入れの中全部がスニーカー!なんて事も珍しくありません。

ところが、一旦街の中に目を移してみると、クツを重要視していない人達がたくさん目に付きとても残念です。
それは「たくさんの数を持て!」とか「高いクツを履け!」とかではなく、もっとクツを大切にしてほしいという事です。服ばかりに気を使うのではなく、たまにはクツの手入れもしてあげましょう!(例えば居酒屋なんかで、脱いだクツが汚れていたりしたらカッコ悪いし…)。

そういう意味では、下着やベルト、ハンカチなどに対するオシャレなども同じですね。「部屋着を見たらその人のオシャレ度が分かる」とも言いますし、見えない所に気を配ってこそオシャレなんでしょうね!


(18:08)

July 16, 2005

c544bb4f.jpg四国地方は今日梅雨明けでした。
前半はカラ梅雨、後半は豪雨!と今年の西日本の梅雨は本当に極端でしたね。

その影響なのか、今年の夏物商戦は余り良くなかったとか…。

そんな噂が聞こえて来ると「あー、もうそんな時期なんだなぁ」と改めて実感し、おかしくなります。ホントの夏はまだまだこれからなんですけどね(笑)。
roly polyでも例外に漏れず、現在秋物商品が続々入荷中です。以前にも冬から夏への逆パターンで書いた事があるのですが、この季節の前倒し傾向には違和感を感じます。今ではコレクションでいう「クルーズ」に近い感覚かな!?と思い納得していますが…。

さて、遅まきながら本日から3日間、roly polyの姉妹店のorange.ではボトムス限定のSALEが始まりました。X-girlやmilk fedは、今では少なくなった「季節に応じた商品を供給するBRAND」です。ですからorange.では、毎回こうして少しだけ世間とはズレた時期にSALEを行います。

ちなみに画像のパンツのほか、スカートやショートパンツも30%OFF!お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄り下さいね。

(21:37)

July 13, 2005

82a6dad2.jpg山田悠介の【ライヴ】という本です。

あっ!先に断っておきますが、あくまで私見↓ということですので(苦笑)

うーん…。久しぶりにこんなに面白くない本を読みました。【リアル鬼ごっこ】や【パズル】など、山田悠介の本は結構売れてる!って聞いていたのに…???(ちなみに私は【@ベイビーメール】しか読んでいなかったのですが…)。
ずっと前のブログに「ヒット作とは平凡な物である」なんて書いた事があるけど、これはちょっとヒド過ぎでしたね。

昨日のBlogの続きになりそうですが、つくづく人間の感性の多様さには驚かされます。私が「面白くない」と言う本に対して、たくさんの「面白い」と言う人がいるのですから。
例えばヤンキーがそうであるように、回りがどうであろうと、本人は自分の事をカッコいいと思っている訳です。十人十色、世界の人口分の感性があるのだから当然の事なんでしょうけど…。
でも向こうの側に言わせると、きっと私の方がおかしいんでしょうけどね(笑)。要は「お互いに自分の感性を押し付ける権利はない」という事ですね。

さて、そこまで考えてしまうと、服屋の仕事というのは急に難しくなります。私達販売員は作り手ではないのですから、お客さまに一方的に自分のエゴを押し付ける事はできません。
お客さまが求めらている事を正確に理解し、それに対して的確にお応えする(それ以上でもそれ以下でもなく!)のが「接客」という仕事なんですね。

最近あちらこちらで接客に対する苦情を聴きますが、その辺りを正しく理解できていない販売員が多いのかもしれませんね。

(13:17)

July 11, 2005

26833452.jpg先日の子ネコの続報です。
3歳になる姪に名前を付けさせた所、なぜか「チュー」となりました(笑)。

そのチューを、この前初めてお風呂に入れました。拾ってきて以来放ったらかしだったので、出てきた後は見違える程キレイになりました。画像はその直前の光景で、乾燥用のドライヤーを珍しそうに見ています。

しっかし!それにしてもネコをお風呂に入れるのは大変ですね!水を嫌がるのが本能なのか、まだこんなに小さいのに、驚くような力で逃げようとします。何とか体を洗い、タオルで拭いて、ドライヤーで乾かせて(熱風も同じように嫌がります)…。終った後の手はキズだらけでした(笑)。

ところで、飼主はどうしてもまめにお風呂に入れようとしますが、実際ネコの入浴とは半年に1回程度で良いそうですね。それ以上は反対に良くないそうです。
実は私は「今度の休日には、一度病院に連れて行って検査など…」なんて考えていたのですが、そういう事を聞くと、それも単に人間のエゴなのかな!?と思い反省しました。

ファッションに関しても同じですが、お客さま自身が現状に満足していれば、それはもう立派にオシャレですから、そう考えると私たち販売員側(作り手側ではありません)に求められる能力というのは、センスの良し悪しよりも対話力なのかもしれんね。

(19:25)

July 08, 2005

532139f3.jpg木内昇の【地虫鳴く】という本で、新撰組を題材にした小説です。

実は私は、今回初めて木内昇の本を読んだのですが…いやぁ〜面白かったです。正直言って驚きました。久し振りに読み応えのある本でした。ぜひぜひ皆さんも読んで下さい!幕末維新好きの方には特におすすめです。

ところで!私はこの時代を題材とした小説を読む度に、必ず考える事があります。

私の祖母は明治後半の生まれの人でした。ということは、必然的に祖母の母(曾祖母)は明治中頃の生まれになります。だから、その母(高祖母)となると明治初めの生まれだから…。祖母は彼女達から昔話としてその頃の話を聞いていても不思議はない訳ですね。
すなわちどういう事かというと、今自分が読んでいる小説は、私が思っているよりも「ずっとずっと最近の出来事」だという事です。

最近お店の顧客名簿にも平成生まれのお客さまが、ちらほらと目に付くようになりました。彼女等の子供や孫達が大人になった時、私達の生きている今の時代を、どう見て、どう感じるのか!?と思うと不思議な気分ですね。

(20:37)

July 07, 2005

3d84e984.jpg商店街というものは全体で発展しないといけない。
これは、商工会議所に勤める友達から昔聞いた話です。

例えば…。服屋ができると服屋のSTAFFが行く美容室ができる。服屋や美容室ができると互いのSTAFFが休憩を取るためのcafeができる。服屋や美容室やcafeからの需要があると本屋ができる。
そんな感じで、電気屋ができる。コンビニができる。クリーニング屋ができる…。とお互いの相乗効果で発展していく物だそうです。

そういう意味では、近年の「商店街に若者向けの店ばかりが増える」という現象は、正に「商店街の末期症状」だと言えるそうです。若いお客さまだけの、偏った集客しかできなくなった商店街は、後は衰退の一途だそうです。

roly polyとorange.では、何をする時でもできるだけ一番町内のお店を利用するようにしています。どうせ必要な物なのだから、ならば少しでも一番町商店街が潤えば!と考えています。そして商店街の発展が、最終的には個々の店の発展につながればいいな!と思っています。

画像は商店街に設置されている七夕飾りです。一週間ほど前の早朝に、商店街のみんなで出て来て設置しました。
その時の光景を思い浮かべるながら、徳島駅前に位置するこの商店街は、全国の同じような地方の商店街の中でもまだまだ元気がある方かな!?なんて思っています。

(13:45)

July 03, 2005

98bc993f.jpgエアコン屋のI君、4回目の登場です。

今回の工事内容はというと、orange.のエアコンの調整でした。
ここ2週間ほどとても調子が悪く、加えてこの所の猛暑も加わり、orange.の店内は正に真夏日状態でした(汗)。慌てて地元の業者さんに依頼した所、法外な値段と「いつお伺いできるか分かりません」という拙い返事をもらい、またまた仕方なくお願いした次第です。

どうやらガスの量が少なかったらしく、作業自体は30分ほどであっけなく終了。I君は2時間ほどの滞在の後、雨の中松山まで帰って行きました。

それにしても、忙しい中一つ返事で来てくれたI君には心から感謝です。「自分のやった仕事には責任を持つ!」そのプロ意識に脱帽でした。

(16:08)

July 02, 2005

6e3ae5df.jpg最近うちの家に居候中の子ネコです。

実はこのネコ、roly polyの横に捨てられていました。で、見かねて連れて帰った日の状態がこの画像です。私の部屋の本棚のこんな狭いスペースに隠れてしまいました。

そんなこのネコの行動を見ながら、私はつくづく「環境が生き物に与える影響の大きさ」について考えさせられました。逃げたり隠れたりする必要がなくなっても、一旦身に付いた行動パターンは簡単には直らないんですね。

ところがこのネコ!今では毎日リビングのソファーの上でふんぞり返って寝ています。連れて帰って5日しかたってないのにこの図々しさ…。こちらの方の順応性の早さにも驚きです。

私は機会あって徳島市と松山市の2つの地域でSHOPを経営してきました。「所違えば人も違う」とはホントの事で、同じ四国にありながら、両県の間の県民性の違いは大きな物でした。これも立地や歴史など、さまざまな環境の違いに起因するのでしょうね。

ところで、右上のプロフィールに掲載中のネコの方はというと、半年ほど前から義妹の家に居候中です。先日久し振りに会いに行ったら、この画像の2倍くらいの大きさになってました(5.1圓世修Δ任后法
田舎にある私の実家と違って頻繁に外に出る事ができないそうで、運動不足が原因のようです。正にこれも環境がもたらす影響ですね(笑)。

(20:14)

July 01, 2005

f9f58a3c.jpg現在徳島市内は雷雨です。
こんなに雨らしい雨は本当に久し振りの事です。

先日も書きましたが、現在徳島県では深刻な水不足に陥っています。早明浦ダムの貯水率も今日現在で25.1%と毎日減り続けています。
果たしてこの雨が、どの程度それを抑える事ができるのか!?専門家でない私にはよく分かりませんが、とにかく降る事に越した事はないでしょうから、一応は恵みの雨ですね。

それにしても…。久し振りの雨で店は滅茶苦茶ヒマです。人間とは落差に弱いみたいで、毎日ずっと晴れてたのに突然の雨の日!のような今回パターンは、極度に外出意欲を削がれるようです。反対に平年の梅雨のように毎日が愚図ついた天気だと、思った程の影響はないんですがねぇ…。人間の判断基準なんて所詮は相対的なもので、いい加減なものなんでしょうね(苦笑)。

さて、ただ今そんな恵の雨を前に、不謹慎ながら「やっぱり雨は身近な敵だな!」なんて考えながら仕事をしています。

明日からroly polyはセールです。 がんばります。

(19:33)