October 2006

October 29, 2006

e2f1680e.jpgroly polyでは今年も、靴作家「五宝賢太郎」さんの作品展「Jumpin' Jack Flash」を、「11月25日、26日、27日」の日程で行います。

先日はその打ち合わせも兼ね、はるばる埼玉県の五宝さんの工房まで遊びに行ってきました。
と言ってもお互いに忙しい身ですから、「夜の7時に会って翌朝の9時半に別れる」という、超ハードなスケジュールでした。

メンバーは五宝さん、ユカさん、タケシ君に私を加えた4人。上野公園の不忍池の横にある料理屋さんで、3人から晩ご飯をご馳走になりました。

その後は五宝さんの工房に場所を移しての靴談義。「それぞれ何かしらのクリエイティブな仕事をしている者同士なので、さぞや打ち合わせもはかどり…」と思いきや、毎度のごとくただの飲み会に終わりました(笑)。

翌朝は7時に起床、その後あわただしく打ち合わせを済ませ、昼過ぎの飛行機で徳島に帰って来ました。
仕事がめちゃくちゃ詰まっていた私は、前日が夜中の2時に起床。25時間後の3時に就寝して、すぐさま4時間後に起床。で、そのまま夜の8時まで仕事、という超多忙な2日間でした(苦笑)。

それにしても、その日3人からご馳走になった晩ご飯はとても美味しかったです。
先日、徳島で行われた「日本文化デザイン会議」で来県されていた日比野克彦さん曰く、「もてなしの心」とは美術の最初の力だそうです。「自分のものを見て」という気持ちが、美術の原点なんだそうです。

その料理の味以上の「心」を感じ、とても嬉しかったです。みなさんホントにごちそうさまでした。徳島にもぜひ来て下さいね。今度は私がもてなしますので!

Kentaro Goho web Jumpin' Jack Flash

(07:47)

October 10, 2006

f41bc89a.jpg先日は弟の家におじゃまして、久し振りに鍋パーティなるものを開きました。「歳を取ると水炊きよね」などと言いつつも、「河豚、カワハギ、伊勢エビ…」という、かなり豪華&節操のない内容の鍋でした(笑)。
ところでそんな中、ちょっと面白い写メが撮れたのでご紹介します。

実は画像は私の甥っ子なのですが、すごい姿でマンガを読んでいます。「お行儀が悪い!」と怒られている甥っ子には気の毒ですが、私は、「よくまあ、あんな姿で本が読めるものだ」とひたすら一人で感心してしまいました。

以前に「年齢と共に感性が低下するというのはウソ」という、最近の脳科学での説をご紹介しましたが、でもじゃあ「ならば!」と思ってがんばっても、実際そうはなかなか上手くはいかないというのが現実ですよね。
でも「遊ばなくなると感性が落ちる(例えば服の流行などが、あっという間に分からなくなる)」というのは、何となく、過去の自分を振り返ってみても事実なので、やっぱり「遊び」と「色んな感性」はつながっている部分があり、たぶんその辺に謎が隠されているのだろうな…、などと思っていました。

でも、この甥っ子の姿を見て「なるほど、実はこういう原理なんだな!?」と、ふっと思い付きました(←たぶん間違い…笑)。
みなさんも考えてみて下さい。私達はいつからこんな姿で本を読まなくなったのでしょう!?でも私の場合、よくよく振り返ってみると、小さい頃、確かにこれに似たような姿で本を読んでいた記憶があります。
そして実際、私が歳を重ねるにつれて(こんなリスクのある姿をしなくなると共に)、どんどん感性が低下してきたような気がします。

行動と感性はたぶんつながっているのでしょうね。だからきっと、遊んでいる時というのは、何となくその公式に近いのだと思います。童心に返るともいいますしね。
「周りの目を気にせずに熱中する姿…」私なんか好きな釣りをしている時には、きっとすごい格好をしているはずですから…笑。

でも、記憶があるという事は即ち「忘れているだけ」なんでしょうね。だからそれは、決して私達が「無くしてしまったもの」ではない訳ですから、きっと私達の行動や考え方一つで感性は戻るはずなのです。

例えば、私の尊敬する漫画家の「楳図かずお」さん。お歳は70歳ですが、何だかうちの甥っ子に行動パターンが近い気がするんですよね。

(19:06)