March 2007

March 22, 2007

72962690.jpg先日のNHKの番組の請売りで申し訳ないのですが・・・。
現在の四国のコンビニ事情が、すごい事になっているそうです。

と言うのも、四国という地域は全国より約10年、高齢化が進んでいるそうで、即ち近い将来へのモデルとして、現在あらゆるコンビニメーカーが、その「高齢化先進国(?)四国」での展開に凌ぎを削っているそうなんです。
四国での成功例を元に、今後は全国へと発信していくそうです。「道理で最近回りに変わった形態のコンビニが増えたはず」と納得しました。

例えば、ファミリーマートの通路や駐車場がとにかく広いのは、お年寄りや障害者の方々が安全に買い物が出来るための配慮だそうです。
オレンジローソンでは、生野菜や和菓子など、従来のコンビニとは品揃えが大きく変わりつつあります。サークルKサンクスでも、お弁当の内容や量に工夫を凝らしているそうです。

そう思って先日各コンビニを巡ってみると、なるほど随所に工夫の跡が見て取れました。世の企業は凄いレベルで動いているんですね。同じ経営に携わる者としては反省しきり・・・、そして大いに勉強にもなりました。

実は、最近電化製品の売上が好調なのも、単に「地デジ効果」だけではないそうです。97年の消費税率アップ(3%→5%)に伴う駆け込み購入からちょうど10年という事で、ここ何年かはその買い替え時期にあたるそうです。
即ち、今電化製品が売れる事は「10年前から分かっていた事」なんだそうですよ。

画像はオレンジローソンに置いてあった、何と血圧計です・・・。

日頃「高齢化社会」などと言われても、余り実感が湧きませんが、実は私達の想像以上にすごい時代が来つつあるのかもしれませんね。場違いな血圧計を見ながら、ふとそんな事を考えてしまいました。

(18:13)

March 13, 2007

6057656c.jpg姿勢良く綺麗に歩くコツは、普段より少しだけ歩幅を広げる事と、視線を上げる事だそうです。

どういう訳か、ファッション業界の人達というのは総じて姿勢が悪いようです(服をたたむ時の姿勢のせいでしょうか?)。
かく言う私もそんな中の一員で、「せめて歩く時ぐらいは・・・」と思い、普段からこの事を心掛けています。
ところが、気付けばいつの間にか路上に落ちている吸殻ばかりが目に付いていたりします。知らぬ間に視線が下がり、下ばかりを向いて歩いてしまっている証拠なのでしょうね。

ところで、ポイ捨てされたタバコの吸殻というのは、タバコを吸っている人が考えている以上に、吸わない人には気になります。身近な共通の例に置き換えると、「洟をかんだティッシュをその場で丸めて捨てる」という感覚が一番近いかもしれません。とにかく、それぐらい気になるものなのです。

私はタバコを止めて約9年になります。

吸い始めたのが中学3年生の時です。その頃は正に、世の中が「大ヤンキーブーム」の頃でしたから、その理由も「カッコいいなぁ・・・」と、ただ単にミーハーなものでした。
だから反対に止める時も簡単でした。世の中にだんだんと禁煙の機運が高まり始めた頃だったし、また自分の年齢的にもみても(←当時33歳)、何となく「タバコを吸っていない方が大人の不良みたいでカッコいいなぁ」と思って止めました。
まぁ、所詮こちらも動機が不純でしたから、吸い始めた時と同様、止める時も何の苦労も無く簡単に止めてしまいました(笑)。

このように、私にはタバコを吸っていた頃もあるので、最近の行き過ぎた禁煙の風潮には反対です。世の中の約半分の人は愛煙家なのだから、権利も当然「50:50」じゃないといけないと思っています。
でもこのポイ捨てに関してだけは、非常に気になります。タバコに対する是非以前の、単に人としてのマナーの問題のような気がします。

昨日は松山から友人が遊びに来ました。社内は禁煙なので、愛煙家の彼にはベランダで吸ってもらいました(笑)。

(12:45)

March 05, 2007

2a1dbf8b.gif2月末はうちの会社の決算です。山あり谷ありの道のりでしたが、今回で15回目の決算を迎える事ができました。これも偏にみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。

さて、そんな事情もあって最近の私は前にも増して忙しい日々を過ごしています。平均すると家に帰るのは週に1、2回ですから、先日紹介しました「びざんの湯」においても、今や否応なしに一端の常連です(苦笑)。受付のおばさんとも結構仲良しです(笑)。

さっそく今朝も開店前に行って来ました。

いつものようにおばさんに「おはよう」と挨拶すると・・・。
おばさんは、私に向かってニコニコと顔をほころばせながら、「今は誰も入ってないよ。貸切やね!!」と言いました。そして、いつものようにロッカーのキーを渡されたのですが、何とそのナンバーが「7・・・」。
「誰もいないなら普通は1からだろっ!!」と思いながらも、「もしやこれはおばさんの粋な配慮なのかも・・・???」と自分勝手に思い込み、ちょっと嬉しくなりました。

日本では古くから「8」が縁起のいい数字として知られています。その「8」と双璧の「7」は、実は海外から入って来たものだそうです。キリスト教に関係があるようで、「神様がこの世界を作って最初に休憩したのが7日目、キリストが十字架にかかって死んだのが13日の金曜日」という事に由来しているそうです。

よく言われる「ラッキー7」とは、「1930年代のメジャーリーグで、サンフランシスコジャイアンツが7回に逆転することが多かった」という事例に由来するそうで、カジノのスロットのスリーセブンも、実はこのラッキー7に由来するそうです。

今日は何かいい事がありそうです。おばさんの「7」にあやかって、何か始めてみようかな・・・!?なんて考えてます。

ちなみに画像の「7」と「スター」のピアスは今期のe.m.のものです。

(13:02)