March 13, 2007

6057656c.jpg姿勢良く綺麗に歩くコツは、普段より少しだけ歩幅を広げる事と、視線を上げる事だそうです。

どういう訳か、ファッション業界の人達というのは総じて姿勢が悪いようです(服をたたむ時の姿勢のせいでしょうか?)。
かく言う私もそんな中の一員で、「せめて歩く時ぐらいは・・・」と思い、普段からこの事を心掛けています。
ところが、気付けばいつの間にか路上に落ちている吸殻ばかりが目に付いていたりします。知らぬ間に視線が下がり、下ばかりを向いて歩いてしまっている証拠なのでしょうね。

ところで、ポイ捨てされたタバコの吸殻というのは、タバコを吸っている人が考えている以上に、吸わない人には気になります。身近な共通の例に置き換えると、「洟をかんだティッシュをその場で丸めて捨てる」という感覚が一番近いかもしれません。とにかく、それぐらい気になるものなのです。

私はタバコを止めて約9年になります。

吸い始めたのが中学3年生の時です。その頃は正に、世の中が「大ヤンキーブーム」の頃でしたから、その理由も「カッコいいなぁ・・・」と、ただ単にミーハーなものでした。
だから反対に止める時も簡単でした。世の中にだんだんと禁煙の機運が高まり始めた頃だったし、また自分の年齢的にもみても(←当時33歳)、何となく「タバコを吸っていない方が大人の不良みたいでカッコいいなぁ」と思って止めました。
まぁ、所詮こちらも動機が不純でしたから、吸い始めた時と同様、止める時も何の苦労も無く簡単に止めてしまいました(笑)。

このように、私にはタバコを吸っていた頃もあるので、最近の行き過ぎた禁煙の風潮には反対です。世の中の約半分の人は愛煙家なのだから、権利も当然「50:50」じゃないといけないと思っています。
でもこのポイ捨てに関してだけは、非常に気になります。タバコに対する是非以前の、単に人としてのマナーの問題のような気がします。

昨日は松山から友人が遊びに来ました。社内は禁煙なので、愛煙家の彼にはベランダで吸ってもらいました(笑)。

(12:45)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字