April 10, 2007

e80f90e6.jpg実は・・・、
何を隠そう私は「サクラの花」が苦手です。

「艶っぽさ」とでも表現したらよいのでしょうか・・・!?とにかく、あの下品さにも似た「妖艶さ(特に夜桜)」に、どうしても違和感を覚えるのです。

ところが、その私が長年感じていた「サクラの花に対する違和感」の原因が、先日の某TV番組のおかげで、やっと解けました。

サクラの木(ソメイヨシノ)というのは、「葉より先に花が咲く」のだそうです。
言われてみるとその通りですね。サクラの花ほど「満開」という表現が似合う花はありませんが、どうしてそうなのかと思い返すと、それは単に、葉(緑色)が無かったからなんですね(苦笑)。

そういう意味では「ウメ」や「モモ」も同じなのかもしれませんが、それ達は、その枝や幹と比較した時、それなりに全体としてのバランスが取れている気がします。
だから、サクラの花の持つ独特の雰囲気は、あのバランス感の無さが生み出していたのだなぁ・・・、と思い納得してしまいました。

サクラの見頃が短いのは、そんな事もあるのかもしれませんね。実際、あんなにもアンバランスな花が、2ヶ月も3ヶ月も咲き続けていたら、きっと目が「チカチカ」して絶えられないでしょうね・・・苦笑。

ところで、最近の私は、外出する時には必ずデジカメを持ち歩くようにしています。そして、ちょっと素敵な風景に出会うと、カメラマン気取りで「パシッ、パシッ」と、撮影しています。
特に何の目的がある訳ではありません。単なる気晴らしなんですけどね。

でも、おかげで風景を注意深く観察するようになりました。
たまには素人カメラマンもいいものですよ。

(16:00)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字