2007年02月23日

「ディズニーマジック」編

行って来ました!TOKYO Disney sea!
もう3度目になるのですがぁ。
何度行っても、帰る頃にはみんなが笑顔になる場所です。

朝早く起き、ホテルを出て友達と東京駅で待ち合わせ。
10時過ぎに東京駅到着!しかし・・・すでに駅のアナウンスで「東京ディズニーランドは11時より入場制限のため、当日チケットの方は入場できません!」なんて言われてます。
それでも、すでにディズニー仕様のファミリーや、ラブラブなカップル達の勢いは止まりません。目指せミッキー♪

今回私達が選んだのは、ディズニーシー!ミッキーの窓、ミッキーの形の吊革、ミッキー模様の椅子・・・とにかくミッキーの電車に乗ってディズニーリゾートを行きます。
ディズニーシーも相変わらず長い列。チケットカウンターは人の頭で見えません。
1時間半ほど待ってようやくチケットが買えた瞬間、入場制限・・・。
私の後に並んでいた人達が本当に可愛そうでした・・・。
ようやく入園?!ここからが本当に気合いがいる時間の始まりでした。

ディズニーシー1まずは、ミッキーになろう!ということでミッキーの耳を購入♪ちなみに私はおっきなリボンがついたミニーになりました
そろそろ、歳を考えないといけないかも?と一瞬思いましたが、やめました。だって、隣りを見れば70歳くらいの素敵なおばあちゃんがプリティーキャットのピンクの耳を付けているではありませんか!やっぱりディズニーは夢の国です。



すっかりディズニーマジックにかかった私達は早速アトラクションに!ですが、180分待ちはざら。それでも待ちました(笑)待ってる間の演出が上手で、人を飽きさせないのもディズニーの魅力のひとつ。待ち時間もいい思い出になりました。

ちょうど、バレンタイン時期だったこともあって、バレンタインイベントが盛りだくさんでした。余談ですが、ミッキーやミニーは世界に一人だけということで、アメリカのディズニーランド、東京ディズニーランド、ディズニーシーでは同じ時間にショーに出ることはないそうです。
言わなきゃ分からないかもしれないところにもこだわりがあるところがまた素敵です。

ディズニーシーディズニーシーのショーは水の上の演出。大きな船に乗ったキャラクター達が集合してきます。その瞬間みんなに笑顔がこぼれ大きく手を振ったり、ダンスを覚えてきた人達が一斉に踊り出します。私も思わず手を振って「ミッキーっ!!」と叫びました。久しぶりにあんなにおっきな声で叫んで笑った気がします(笑)



私よりずっと年上の友達も、満面の笑みを浮かべて手を振ってます。(それ見てまた笑いました)すると隣で友達が言いました。
「ミッキーの中に入っている人は、もしかしたら辛いことがあって笑っていないかもしれないけどさ、あの笑ってる顔のミッキーのマスクをかるとさ、見てるみんなは笑っててハッピーになってるんだよね。それって辛いかもしれないけど、幸せな仕事じゃん?!だからさ、悲しいことがあったり辛いときもさ、暗い顔してないで笑ってたほうが回りの人達は嬉しいよね・・・きっと」とぽつりと言いました。
この言葉、きっと一生忘れないと思います。

ディズニーシー3

そんな、素敵なディズニーマジックにかかった一日でした。私のディズニー話を勝手につらりつらりと書いてしまいましたが。そろそろこのへんで終わりたいと思います。是非、皆さんもマジックにかかりに行ってみてくださいね!それでは。また。


 (株)エーワン 制作部A.I