2017年06月26日

思いやりスペース運動のお知らせ

7月8日(土)10時半より
ニプロハチ公ドーム(旧樹海ドーム)にて

フリーマーケットが開催されます。
それに合わせて
NPO法人あいも
恒例の【思いやりスペース運動】を行います。

時間がある会員の方
会員でない方も
お手伝いくださると助かります。

よろしくお願いいたします。


cpiblog00870 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月25日

大館で車いす駐車場「思いやりスペース」

22日(土曜)、大館市樹海ドームで行なわれた大館圏域産業祭で、車いす駐車場「思いやりスペース」のチラシ配りを行ないました。
寒い一日でしたが、たくさんの人の来場があり、私たち「NPO法人あい」も多くの人に車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシとポケットティッシュなどを配ることができました。

DSC07850


DSC07851


IMG_4761


DSC07852


DSC07859


車いす使用者は、車いす駐車場のように広いスペースがなければ車の乗り降りができません。
そのスペースを必要としない人が、空いていたからとか、入口に近いから、少しの時間だからと安易な気持ちで停めてしまうと、車いす使用者は車の乗り降りができなくなります。
その人たちのために、そこには停めない。
そんな思いやりの気持ちで車いす駐車場を空けておいてもらえれば本当にうれしいことです。
車いす駐車スペースには、人の思いや社会の配慮が込められていると思います。
思いやり、ありがとう。
全ての人が笑顔で温かい気持ちになれるはずです。
そういう社会って何かいいじゃないですか。

秋田県も10月からパーキングパーミット制度(身障者用駐車施設利用証制度)が始まりました。
周知や認知度もまだ低いですが、パーキングパーミット制度導入を機に、車いす駐車場の利用状況が良くなっていけばと思います。
それとは別に私たち「NPO法人あい」は、車いす駐車スペースを通じ、人を思いやる心、その温かさや感謝の気持ちを伝えていきたいと思います。



cpiblog00870 at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)車いす駐車場 | NPOあいの活動

2016年10月18日

記事タイトル車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り in 大館市

今週末の22日、23日、大館市の樹海ドームで「大館市産業祭」が開催されます。
22日は私たち「NPO法人あい」も、そこで車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り活動を行ないます。
車いす駐車場の「おもいやりスペース」を通じて、たくさんの人に「人の思いやり」を伝えたいと思います。
さて、今回もどんな「であい」があるんだろう。
たくさんの人に接し、いろんな事を感じてきます。

日  時:10月22日(土)10時半から
集合場所:大館樹海ドーム東口 10時集合になります。

もしお手伝いできる方がおりましたら、
当日、ドーム東口にお集まりください。


cpiblog00870 at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)車いす駐車場 | NPOあいの活動

2016年07月11日

車いす駐車場「おもいやりスペース」 in 大館樹海ドーム

9日(土曜)、大館市樹海ドームで「エコフェア&マンモスフリーマーケット」があり、そこで私たち「NPO法人あい」も車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配りを行ないました。
当日は一日中雨が降り続きましたが、たくさんの人にチラシと一緒にポケットティッシュ、風船を配ることができました。
「ごくろうさん」「がんばって」なんて声をかけてくれる人もいたし、風船を手にした子どもたちの笑顔、それを見たお母さんたちの笑顔もまた最高でした。
私たちまでうれしい気持ちにさせてもらいました。

DSC07738



DSC07742



IMG_4028



IMG_4024



多くの人に車いす駐車場の意味と必要性を知ってもらい、人を思いやる気持ち、そこから生まれる感謝の気持ちを伝えたい。
それが私たち「NPO法人あい」の車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り活動です。
おもいやり、、、
それは実態もなく効果も目に見えるものでもありません。
けど、人の思いほど確かで強いものもないとも思います。
だからきっと、車いす駐車場を通して、たくさんの人が笑顔で温かい気持ちになれるはずです。
そういう社会って良くないですか。

誰かがやるだろうではなく、、、
自分たちで行動し、たくさんの「であい」があり、笑顔やおもいやりに接し、人を感じることができた車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り活動でした。
ありがとうございました。




cpiblog00870 at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)NPOあいの活動 | 車いす駐車場

2016年07月07日

車いす駐車場「おもいやりスペース」

今週末の9日、10日の両日、大館市の樹海ドームで「エコフェア&マンモスフリーマーケット」が開催されます。
9日は私たち「NPO法人あい」も、そこで車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り活動を行ないます。
車いす駐車場の「おもいやりスペース」を通じて、たくさんの人に「人の思いやり」を伝えたいと思います。

さて、今回もどんな「であい」があるんだろう。
いろんな事を感じてきます。


cpiblog00870 at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)NPOあいの活動 | 車いす駐車場

2016年05月30日

車いす駐車場「おもいやりスペース」 in 秋田市

28日(土曜)、秋田市のいとく新国道店で「NPO法人あい」の車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り活動を行ないました。
当日は好天に恵まれ買い物客も多く、たくさんの人にチラシやポケットティッシュを配ることができました。

DSC07637


DSC07644


受け取らずに知らん顔で通り過ぎる人もいましたが、逆に受け取ってくれた人の反応は良く、その場で目を通してくれたり、「後でちゃんと見るから」なんて言ってくれた人もいた。
「何の活動?」なんて聞いてくれる人も何人かいたし、「ごくろうさま」と声を掛けてくれる人もいた。
また、「家族にも車いすがいるけど、いつも停まっているので利用できなくて困る」という切実な声や、「(車いす駐車場に)停めている人を見れば頭にくる」なんて話してくれる人もいて、車いす駐車場の使われ方を見て気に掛けている人が意外に多くいることもわかった。
そして、私たちに「こういう活動してくれてありがとう」と言ってくれる人もいた。
チラシやポケットティッシュを配り、そこから話しが進み、コミュニケーションをとることで人の思いや優しさを感じることができた。
そして何よりその場を明るくしてくれたのは、子どもたちの笑顔だった。
風船を手にした時の笑顔は、見ている私たちを笑顔にてくれた。

DSC07655


DSC07661


本当に必要な人のために車いす駐車スペースを空けておく、、、
そのちょっとした思いやりが、たくさんの人を笑顔にします。
車いす駐車場「おもいやりスペース」を通して、今一度、人の思いやりってのを考え、感じ、行動を起こしてもらえればなと思います。子どもも大人も笑顔が一番です。

「NPO法人あい」も新たな会員が加わり、今回は総勢10名での活動となりました。
初めての人もいましたが、みなさん笑顔でたくさんの人に思いやりの気持ちを伝えてくれました。これからも私たちは、この車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り活動を続けていく気持ちを強くしました。
今回は、あいの理念である「であい・ふれあい・たすけあい」を大いに感じた活動でした。みなさん、ありがとうございました。

そして毎年、「NPO法人あい」の活動に賛同し協力してくださいます「いとく秋田新国道店」様には感謝いたします。
ありがとうございました。


cpiblog00870 at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)NPOあいの活動 | 車いす駐車場

2016年02月15日

平成27年度秋田県バリアフリー社会形成審議会

12日(金曜)、秋田県バリアフリー社会形成審議会が県庁でありました。
・バリアフリー社会の形成に関する基本計画の概要について
・平成28年度バリアフリー関連事業について
・障害者等用駐車場利用証制度(パーキングパーミット制度)の概要について
・平成27年度バリアフリー推進賞について

28年度の秋ごろ、いよいよ秋田県でもパーキングパーミット制度が始まる。
これは車いす駐車場の利用を、県が利用証を発行し、車いす使用者など利用できる人を明らかにすることで適正な利用を促すことを目的とします。
それだけ?
ハイ、それだけです。

この制度により、車いす使用者など広いスペースを必要な人が利用しやすくなるのは確かです。
でも、それだけでたまたま空いていたからなど安易な理由で停めてしまう人が減るのかには大いに疑問があります。
というのも、パーキングパーミット制度には強制力がないので。
だから、もし車いす駐車場に利用証がない車が停まっていても何もできない。
通りすがりに、白い目で見るだけ。
そのことについての県の回答は、人のモラルや思いやりを信じるしかない、とのことでした。
結局、そこかい。
利用証といっても、従来の車いすマークに「秋田県」の文字が入るだけ。
効果はどれ程あるのだろう。

そして、歩ける身障者にもスペースが広く設けられている車いす駐車場が必要なのかも問題になりました。
これについては、従来の車いす駐車場の他に、その隣りに歩行困難者用(一般スペース)の駐車場を設けることになりました。
車いす駐車場は青で、身障者駐車場は緑です。

パーキングパーミット制度の効果については個人的にはそんなに期待していない。
今よりは、少しはいいかな、程度。
でも、制度の導入により県民の意識向上につながるかもしれない。

徐々に意識向上、、、
そう、そのことに期待したい。
「NPO法人あい」の車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシ配り活動は、まだまだ必要だと実感しました。


cpiblog00870 at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)車いす駐車場 | お知らせ

2016年01月01日

2016年

新春のお慶びを申し上げます。

新しい年が、すばらしい一年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

今年は良くも悪くも、「あい」の飛躍の年になると思います。

今年も、「であい・ふれあい・たすけあい」の気持ちで、
たくさんの笑顔に出会いたいと思います。


cpiblog00870 at 19:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)会員より 

2015年12月14日

理事会

12日(土曜)、「NPO法人あい」の理事会が大館市福祉センターでありました。
来年度の役員改選を前に、新代表のもと、新体制で各事業を進めていく方向で決議しました。

「であい・ふれあい・たすけあい」―あいの基本理念―
一つひとつが独立した言葉で、それぞれ別々によく耳にしますが、何気に聞き流してしまいます。
でも、この三つの言葉がつながることで、人生を集約したような人が生きていく上で大切な言葉に変化します。
人は人と「出会って、触れ合って、助け合って」生きていきます。
子どもからお歳を召された方、身体に障害がある人もない人も全ての人がです。
少しでもそのキッカケになれればとの思いで、私たち「NPO法人あい」は活動しています。

そんなの理想論だ、なんて言う人もいるでしょう。
というか、ほとんどの人がそう思ってるかも。
でも、私たちはアクションを起こしました。
そして、地道ながらも活動を続けています。

つらいとき、困ったときに受けた親切は忘れません。
それがどれほど温かいものなのかも私たちは知っています。
前代表の坪井さんは、「感謝する気持ち」を形にできないかとの思いで「あい」を立ち上げました。
あの時の、坪井さんの熱い思いは、今でもはっきりと覚えています。
そして、それに賛同した私たちの気持ちも、今も変わることはありません。

これからも「あい」らしく、人と社会に感謝する気持ちを大事に活動していきたい。
そんなことを思った「NPO法人あい」の理事会でした。




cpiblog00870 at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)NPOあいの活動