2015年12月14日

理事会

12日(土曜)、「NPO法人あい」の理事会が大館市福祉センターでありました。
来年度の役員改選を前に、新代表のもと、新体制で各事業を進めていく方向で決議しました。

「であい・ふれあい・たすけあい」―あいの基本理念―
一つひとつが独立した言葉で、それぞれ別々によく耳にしますが、何気に聞き流してしまいます。
でも、この三つの言葉がつながることで、人生を集約したような人が生きていく上で大切な言葉に変化します。
人は人と「出会って、触れ合って、助け合って」生きていきます。
子どもからお歳を召された方、身体に障害がある人もない人も全ての人がです。
少しでもそのキッカケになれればとの思いで、私たち「NPO法人あい」は活動しています。

そんなの理想論だ、なんて言う人もいるでしょう。
というか、ほとんどの人がそう思ってるかも。
でも、私たちはアクションを起こしました。
そして、地道ながらも活動を続けています。

つらいとき、困ったときに受けた親切は忘れません。
それがどれほど温かいものなのかも私たちは知っています。
前代表の坪井さんは、「感謝する気持ち」を形にできないかとの思いで「あい」を立ち上げました。
あの時の、坪井さんの熱い思いは、今でもはっきりと覚えています。
そして、それに賛同した私たちの気持ちも、今も変わることはありません。

これからも「あい」らしく、人と社会に感謝する気持ちを大事に活動していきたい。
そんなことを思った「NPO法人あい」の理事会でした。




cpiblog00870 at 20:05│Comments(0)TrackBack(0) NPOあいの活動 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔