2016年10月25日

大館で車いす駐車場「思いやりスペース」

22日(土曜)、大館市樹海ドームで行なわれた大館圏域産業祭で、車いす駐車場「思いやりスペース」のチラシ配りを行ないました。
寒い一日でしたが、たくさんの人の来場があり、私たち「NPO法人あい」も多くの人に車いす駐車場「おもいやりスペース」のチラシとポケットティッシュなどを配ることができました。

DSC07850


DSC07851


IMG_4761


DSC07852


DSC07859


車いす使用者は、車いす駐車場のように広いスペースがなければ車の乗り降りができません。
そのスペースを必要としない人が、空いていたからとか、入口に近いから、少しの時間だからと安易な気持ちで停めてしまうと、車いす使用者は車の乗り降りができなくなります。
その人たちのために、そこには停めない。
そんな思いやりの気持ちで車いす駐車場を空けておいてもらえれば本当にうれしいことです。
車いす駐車スペースには、人の思いや社会の配慮が込められていると思います。
思いやり、ありがとう。
全ての人が笑顔で温かい気持ちになれるはずです。
そういう社会って何かいいじゃないですか。

秋田県も10月からパーキングパーミット制度(身障者用駐車施設利用証制度)が始まりました。
周知や認知度もまだ低いですが、パーキングパーミット制度導入を機に、車いす駐車場の利用状況が良くなっていけばと思います。
それとは別に私たち「NPO法人あい」は、車いす駐車スペースを通じ、人を思いやる心、その温かさや感謝の気持ちを伝えていきたいと思います。



cpiblog00870 at 18:57│Comments(0)TrackBack(0) 車いす駐車場 | NPOあいの活動

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔