2006年08月07日

【神戸・三ノ宮】ワークショップ&カメラ販売、終了しましたー!

WS

2006年8月5日(土)、6日(日)の2日間、神戸・三ノ宮にて、ポラロイドワークショップ&アクセサリー販売が行われました。会場は、神戸っ子に限らず関西…いや!全国のカフェマニア憧れというトリトンカフェ。昨年夏に引き続き2回目の開催となります。

WSその昨年夏、実は事件が発生!それは、店にあがる階段に行列ができ、店内は身動きがとれないほどの大混雑!というトリトンカフェ開店史上最高の来場者数に来ていただきました。(主催者としては嬉しい悲鳴ですケド…)
そこで、今年は混雑を避けるため、カメラ販売について事前に来場予約をいただくという入場制限制に。また、6日(土)には、写真家・masacova!さん本人来場によるサイン会も予定し、こちらも整理券配布による入場制限性という体制をとらせていただきました。

果たして、当日のワークショップや販売&サイン会の行方はいかに?
WS

WS初日、8月5日(土)のポラロイドワークショップは他会場と同じく「初級者コース」。お一人での参加が多かったせいか、最初はどこか緊張気味。ポラロイドカメラについて説明をさせていただいているときも、ずっと真剣な表情でワタシも緊張気味!

今回の参加者は、ポラロイドカメラ「SX-70」をはじめて触るという方がほとんど!前半1時間で、ポラロイドカメラの開閉、持ち方、フィルムの入れ方をお勉強。その後、数人のグループに分かれて自己紹介タイムに。カメラや写真の話しになると、各自こだわりのカメラを持っていたり、お気に入り写真の入ったマイアルバムを持って来ている方もおられ、ポラロイド以外では全然初心者じゃなかったりしました。

撮影タイムは、昨年同様トリトンカフェのある北野坂をみんなでぞろぞろと登り、観光客もたくさん来られていた異人館へ移動。この日は全国的に猛暑を記録するほどの炎天下。強い日差しに対抗するため、SX-70の撮影は明暗コントロールを駆使して作品作りに励む参加者のみなさん。暑さに負けず、北野界隈をくまなく探索して、驚く様な作品がたくさん出来上がりました。

約1時間の撮影後は再びトリトンカフェに戻り、各自2、3枚提出して作品発表!合計70枚以上のポラロイド写真が一度に見られるのは、30数名参加しているこのワークショップならでは。風景、人物、小さな雑貨など、さまざまな被写体が並びました。

この日のワークショップは、9月発売の雑誌「Loveカメラ vol.5」(宝島社)にてご紹介いただく予定。(宝島社さん、東京からわざわざ取材に来ていただきありがとうございます!)みなさんの楽しそうなワークショップの様子とともに、よくある質問などについても誌上ワークショップでお答えしていますのでどうぞお楽しみに。

WS

WS神戸ワークショップ2日目の8月6日(日)は「中級者コース」。昨日とはうってかわり、ポラロイドイベントでは見かけた常連さんの顔もちらほら。年期の入ったマイカメラや凄い量のマイ作品集を持参いただくなど、昨日の参加者とはまた違った個性的な方ばかり!5人一組のグループに分かれての自己紹介は「おひとり1分で…」というのも軽くオーバーして、各自熱のはいったアピール大会!(さすが関西!)自己紹介後はすっかり仲良くなったグループで、簡単にポラロイドフィルムの構造を使った裏技をお勉強。

さて、これから中級者の本番であるグループ活動に!制作するテーマは、それぞれ(強引に決まった?)各リーダーに登場いただいてのくじ引き。このテーマによって作品作りの難易度が変わるので責任重大です。テーマは「PANORAMA」、「CHILD」、「COLOR」など全7種。テーマが決定した途端に、グループ内では早くも熱い作戦会議がスタート!撮影時間に入り、早々に撮影に行って現場調整するチーム、ギリギリまで作戦を練って撮影に出かけるチームなどさまざま。この日も神戸は猛暑で、遠くまで出かけたチームの方は汗だくになってられました。。。

作品発表は、各チームのリーダーによる発表。みなさん自分のチームの作品発表では緊張気味だったもの、他チームの説明には目をキラキラ、口元はニコニコさせながら写真と話しに注目されていました〜。この日は、写真家・masacova!さんも途中から参加いただき、それぞれの作品にコメントをいただき、うなずいたり笑ったりの楽しい1日となりました。

ワークショップ終了後はmasacova!さんのサイン会がスタート。整理券配布の12時前から来ていただいた方や、関西はもちろん、九州から来られた方も居てビックリ!masacova!さんの気さくな人柄に、撮影について相談される方もたくさんおられました。


ーーーミヤモト

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01030/50595251