2006年01月05日

かまくらの作り方 ☆★☆

今年は日本中、記録的な大雪に覆われています。
雪国秋田でも本当にもの凄い大雪です。
ここ、秋田ふるさと村の隣には“横手市の雪捨て場”があるのですが、もう早くも10m以上の山になっています。去年はここの雪が夏(7月下旬)まで残ったのですが今年は万年雪!?になるのでしょか(笑)毎日車や駐車場に積もった雪寄せだけでもうヘトヘト…。車も動かないし、電車も動かない、はたまた飛行機も飛ばなかったり…。
「こんな雪はもういやっ!」とお思いのお方!
いえいえ、雪にもいい所がいっぱいあったはずです。
スキーもスノボもスケートもこの季節しか出来ません。この雪が日本の四季を作り、おいしい水と山の木々を育てているのです。
私と一緒に、雪の楽しみ方を思い出して少しでも雪の良い所を見てあげましょう!

今日は雪の楽しみ方その1
              『かまくらの作り方』
                           です♪



かまくら作り方1
かまくらを設置したい地面に4m位の円を書き、そこに雪を積み上げていきます。上に乗った人は、固く固く踏み固めて下さい。




かまくら作り方2
サイドもペタペタ、綺麗にそろえて下さいネ♪






かまくら作り方3
除雪車を使うとやりやすいんですが普通はなかなか無いですよね。そんな時はやっぱり<人手>!人数を多めに、ローテーションで作業して下さい。




かまくら作り方4
上にどんどんと積んでね〜
大体上に3人くらい乗ると良いみたいです。





かまくら作り方5
ほっ、ほっ、ほっ!






かまくら完成
じゃじゃじゃ〜ん!
1つ作るのに、15人で約2時間かけ完成しました!
あとはこれに穴を開けて(縦1.3m×横0.7m)完成です。崩れないようになるべく厚くしてくださいね。横手のかまくらはこの中に神様を祭る棚を作ります。


かまくら 夜 
これは去年、秋田ふるさと村で行われた『かまくらまつりin秋田ふるさと村』の一コマです。綺麗でしょ〜





幻想的なかまくら 
幻想的ですね☆






ミニかまくら
ミニかまくらも素敵でしょ★






『かまくら』を作って冬を、雪をいっぱい楽しんでみて下さいね!
これからの秋田は冬祭り本番。
秋田ふるさと村でも秋田のお祭りを一同に集めたイベント、<秋田まつり絵巻・冬>がもうすぐ開催します。※1月28日〜2月26日 
大雪だけど、どうせならこの雪を思いっきりたのしんじゃおっ!

cpiblog01167 at 16:26コメント(5)トラックバック(0)スタッフ・こぼれ話  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 銀河   2006年01月05日 21:25
雪すごいですね!48豪雪のときは、田んぼの雪が4月になっても残っていて、びっくりしたものです。今回は4月下旬まで残るかな?
 でも、雪かきうんざりだな。
2. Posted by 村スタッフ>マースムーン   2006年01月07日 11:15
銀河さん>コメントありがとうございます。
昨日のニュースで48豪雪を抜いたと聞きました…。本当に今年は凄い大雪ですね。この雪は<角館の花見>シーズンまで残りそうで心配です。。。でも観光客の皆様には風情があっていいのでしょうか?
雪かきも大変ですよね。
私の家では、お父さんが早くも2回目の雪下ろしをしてくれたようです。いつもは年に2回くらいでいいらしいのですが、「今年は何回やることやら…。」と嘆いておりました。
うんざりする雪との戦いですが、『雪国育ち』ですもの、楽しみを見つけながら前向きに共存していきましょう!
3. Posted by たつ   2008年12月10日 02:43
すごい!
4. Posted by 龍   2008年12月10日 03:13
へえ!面白い!こんなことしらなかった。
5. Posted by 北淡海   2010年01月16日 10:00
5 今年は大雪になったので、かまくらを作りました。
しかし、写真のようなかまくらを作ろうにも、雪を積み上げると横から崩れてしまって山のようになってしまいます。
建物の基礎を作るときに使う型枠も無いので、縦180cm×横90cmのベニヤ板を立てて雪を固めて作りました。
ただ、屋根を固めようとすると足がズボッと雪の中に入り込んでしまうので屋根に板を置いて、その上に乗って雪を固めています。
それでも、できた夜にろうそくを灯すと一晩中そこに居たい気持ちになります。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
過去の記事
秋田ふるさと村HP
  • ライブドアブログ