2006年09月15日

豆富カステラ


豆冨かすてら豆冨かすてら 切り身←切るとこんな感じ







今日ご紹介するのは秋田ならではの珍しい食べ物、「豆富カステラ」です。
「おかずなのか?お菓子なのか?」
最初は少しビックリするユニークな食べものです。

秋田県南地方の冠婚葬祭などの席に欠かせない料理。
今でも県内のスーパーなどでごく普通に購入することができます。

作り方は裏ごしした豆腐をすり鉢などでさらに滑らかにして、
玉子・白砂糖・片栗粉などを加えたものを、角型鍋でゆっくりと
火を加えて焼き上げます。
大豆たんぱくは体にいいので、たまに弁当に入れたりもします。
※ヘンテコ弁当参照

写真のような角状のもの(「豆腐水仙」とも呼ぶ)が一般的ですが、
ほぼ同じ材料を使って、太巻き状に巻いた後に蒸し上げて作る「豆腐巻き」もあります。

味は甘いので「お茶うけ」という説明がしっくりくるかも。




cpiblog01167 at 15:08コメント(0)トラックバック(0)今日のランチ  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
過去の記事
秋田ふるさと村HP
  • ライブドアブログ