2005年07月04日

市民セミナー報告 7/3inさっぽろ

平成17年7月3日 日本臨床矯正歯科医会
「市民セミナー in さっぽろ」が北海道 札幌市教育文化会館にて開催されました。
札幌1


 当日の参加者数は189名(事前申込みは271名)で、相談件数は62件でした。
市議選が重なったことが影響し、参加者は予定人数の約三分の二でしたが、
今回で10回目となる医会主催の市民セミナーは盛況を博しておりました。
さっぽろ2



 当日は池森由幸会長の挨拶の後、
東京歯科大学歯科矯正学講座助教授の茂木悦子先生による
『ご存知でしたか?8020はよい歯並びから』と題する講演が行われました。
さっぽろ3



8020」達成者よりみられた
「姿勢がよい」「歯並びがきれい」「スマイルが素敵」等の共通の条件について述べられ、
きれいで健康的な歯並びの重要性について会場の皆さんに分かり易い言葉で説明されました。
また、歯並びが全身の健康に深く関連しており、
たとえ虫歯等になっても適切な処置を施せば長く機能させることができることを
実際の方のスライドを使って説明されました。

その後、ライターでお馴染みの冨部志保子さんをコーディネーターとして、
矯正歯科治療を経験された4名の方々の示唆に富んだ体験談を披露してもらいました。

矯正歯科治療を受けた50歳に方と20歳の方、
そして親子で治療を受けた方の合計4名により
自分の治療の経験で良かったこと、変わったこと、
辛かったことへの対処について話をされました。
治療を受けることを決めた際の親切な先生の対応や
治療後の社交性の向上、明るい性格への変化、きれいなスマイルの獲得等、多岐にわたりました。

様々な体験者の生の声は会場にいた参加者にとって非常に興味のある内容でした。
さっぽろ4



そして最後に「歯並びの悩み、矯正歯科治療のこと」について
会場からたくさんの質問を受けましたが、茂木先生や工藤章修会員から的確な回答があり、
成功裡に幕を閉じました。

3階相談コーナーでは、北海道支部会員の先生が多くの相談希望者を個別に対応していました。
一時は部屋に入りきらないほどのたくさんの親子連れの方々がいらっしゃいました。





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01186/50052384