2006年08月14日

市民セミナー報告 8/2 in おかざき

岡崎07岡崎05

8月2日水曜日に、愛知県岡崎市の岡崎市シビックセンターにおいて
全国広報キャラバン「市民セミナー in おかざき」を開催いたしました。

開催準備の事前申し込みの段階で174組471名と、定員400名を大きく越える中で当日を迎えました。
開催日当日は晴天で猛暑の中、事前申込の約70%に当たる128組322名もの方々にご参加頂きました。
後藤滋巳先生(愛知学院大学 歯学部歯科矯正学講座 教授)の「良い歯並び 良い笑顔」
と題した講演では「良い歯並びでハッピースマイルで生活できるようになると
ハッピーライフに繋がる。きれいな歯並びが心身の健康をはぐくむこと」などを力説されました。
また、その後、冨部志保子さんの進行により矯正歯科治療を受けた体験者による歯並びトーク
「私の矯正歯科体験」が2名の体験者の方に登壇頂き
後藤教授と日本臨床矯正歯科医会会長の池森を交えてトークショーが行われました。

岡崎04
また引き続き行われた「聞いてみよう!歯並びの悩み、矯正歯科治療のこと」と題し
会場の参加者からの歯並びや矯正歯科治療に関する質問に答えるコーナーが開催されました。
会場の数名の方から治療体験者や後藤教授、池森会長に質問がありました。
会場の方々は熱心にメモを取りながら聞いている方もいらっしゃるなど、
真剣にお聞き頂いておりました。

今回は日本臨床矯正歯科医会広報展示コーナーの他に東海支部会員の実際の症例模型に加え、
その症例についての紹介パネルを展示しました。
自身の歯並びに似た模型のところには強い興味をもたれるようで、多くの参加者が見入っていました。
岡崎01岡崎02
また、今回の市民セミナーに協賛頂いたティーピーオーソドンティックジャパンとグラクソ・スミスクライン株式会社の
展示ブースにも参加者の方は関心を持たれたようで、特に矯正装置やカラーモジュールを装着した模型などを多くの参加者が手に取って見られていました。

個別相談コーナーでは歯並びの悩みを持つ幼児から中学生までのお子さんとそのご両親らが、
東海支部の会員や中日本矯正歯科医会の矯正歯科医に相談をしました。
相談で多かった内容は治療時期や治療方法、矯正歯科医の選び方などに関してです。
102組ものご家族の方が参加頂き、悩みについて熱心に質問をしていました。
また、専門業者に委託して託児を設けることにより、お母様は安心して講演をお聞きになられたり、相談をお受けになられたり出来ます。
今回は29名のお子様をお預かりし、安心してセミナーへとご参加頂きました。


最後に当日、読売新聞や、地元のケーブルテレビ局「mics」からの取材があり、新聞への記事の掲載やケーブルテレビでの放映がされました。


昨年の豊橋、岐阜に引き続き、岡崎での開催も無事成功し、来場された参加者の皆様が満足されたことともいます。次年度も東海支部では全国広報キャラバン市民セミナーを継続して開催をしていく予定です。
岡崎03岡崎06

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01186/50358325