2017年05月12日

2017年 5月の声

5月の声

 寒さ暑さも彼岸まで、と言います。日本は彼岸花が美しい時期だそうです。
 地元ゆえの産みの苦しみとでもいうのでしょうかようやく「グアム鎮魂社」の建立認可がおりました。これまで口頭で約束してはいたものの、そこはお天気次第でくるくるコースが変わるようにこの島での役所向きの運びは思うようになりません。そのお陰で少し利口になりました。

 で、早速グアム戦没者慰霊祭のご案内とご招待

 今年度のグアム太平洋戦争戦没者慰霊祭の日程が決まりました。今年は慰霊祭と合わせて「グアム鎮魂神社」の開眼落成式となります。かつての激戦地アサン海岸に日米と地元民の御霊が鎮座する社が建ちます。荘厳に満ちた今世紀最後の護国神社建立式典です。ご英霊へ向けた私たちの気持ちを集めた心ばかりの慰霊祭を営みましょう。
 
 平成29年(2017年)グアム太平洋戦争戦没者慰霊祭

7月7日(金)来島
  8日(土)式典準備
       アガット村アリファン山激戦地探訪(希望者)
       夕刻:参会者顔合わせ夕食
  9日(日)午前 地元民受難地訪問
       午後 アサン海岸於日米地元民合同慰霊祭
          靖国神社祭祀、三田雅楽吹奏
       夜:参会者お別れ夕食
  10日(月)午前 戦跡トレッキング(希望者)予備日
       帰国

* なお神社建立にあたって礎石に添える一部として皆様の住居付近にある石片(大きくて10〜15センチ以内)をご持参ください。記念石とします。
* 参加費はお一人$100(食事代は別途)来島時に徴収させていただきます。
* 式典経費、移動費、遺跡探訪ガイド料、空港送迎費などの一部に充てます。
* フライト、ホテルの予約をご希望の方は・・・、
 株式会社サンロードサービス
〒256-0813 神奈川県小田原市前川120フレスポ小田原シティーモール南館2階
Tel:0465-48-8880 Fax:0465-20-3094
E-mail : tsuzuki@sunroadservice.co.jp

 現時点で参加可能な方は是非ご一報ください。詳しい情報をお知らせします。 
ご連絡はグアム(671)647−0280、777−4545まで、
                               芳賀 健介

 探検トレッキング」、「戦跡ツアー」のお申し込みとお尋ねは、
uses@teleguam.netか090−4959−6456へ日本語でどうぞ、
www.usesguam.comでは情報を得られます。

【2017年4月参加者の感想】

【トレッキング】
「洞窟を見て、自然の美しさや神秘を感じました。自然が作り上げたからこその素晴らしさがあると思いました。昼食の場所での景色も360℃美しくてびっくりしました。歴史の話しを聞いて、グアムも色んな歴史があるのだな、と感じました。道は険しくて帰りはもうヘトヘトでしたが、体験できて良かったです。最高でした。」
(大阪府高槻市・20代女性・学生)

「グアムは観光化されて、日本語が普通に通じ、街も整備済という印象でしたが、トレッキングした場所は、自然の残る島に来たなという感じを持たせてくれました。整備され尽くした処を見て廻るよりもグアムならではのものを見て歩けたのは大変有意義でした。ローカルガイドがユニーク、日本人の様なアメリカ人日本語スピーカー、とても楽しめました。どうぞこのまま山道は山道のまま整備などされず末長くツアーをお続け下さい。」
(岐阜県岐阜市・50代男性・会社員)

【戦跡ツアー】

「青い穏やかな海を眺めながら、73年前に先人達は今私達がこのような風景を眺めながら語らうことが出来るこの状態を守ってくれたんだなと感じました。こんな海が軍艦で真っ黒になっていた、だなんて考えられません。これが私達戦後生まれで平和ボケしている若者なんです。グアムは何も知らず海で遊んでショッピングして帰る場所じゃないと思います。これだけのことが今出来るのは、先人のおかげであることを認識すべきです。今の若者は自分の利益、自分の命よりも大事なものを守るという概念はほぼ無いと思います。というよりも、まず命より大事なものって何なのかわからないと思います。だからこの戦争、この時代に興味を持たないどころか、嫌悪する人も多くいるのです。正直言って私も国のために死ぬという考えは共感できることではありません。しかし、その先人の思いを知ることは出来ます。むしろ知らなくてはいけないことだと思います。芳賀さんの『戦争は誰かのせいではなく、国民のせい』という言葉は本当に同感だし、私の持っている考えと同じでした。とにかく日本人の本来の心は美しく誇りに思うことであると心から思いました。この戦跡ツアーに参加して本当に良かったです。母も来たがっていたので、帰国してしっかり私が伝えようと思います。ありがとうございました。」
(山口県山口市・20代・女性)

「日教祖の力が盛んだった頃に教育を受けた私の世代は、現代史がスッポリ抜けた、『日本史』なるものを受験勉強用にと学ばされました。戦争映画を見ても、悲惨さと悲しみと涙の無力な民間人のお話ばかり。その中での日本兵は『何も考えず』『感じず』ただひたすら天皇陛下に命を捧げる事のみを口にするアンドロイドのような描き方がされているものばかり。もっと恐ろしい事に人口増加を食い止める策として『戦争が意図的に起こされているし、これからも戦争は必要悪なのである』などという話しがゴシップニュースと共に流されている時代です。 
 そんな中、初めて戦跡へ足を運び身体で感じ目に焼き付けた事は、何にも増して戦争の悲惨さを考えさせて頂いた、ありがたい経験になりました。グアムが単に”ブランド品が安く買える””海がきれい”だけの島でしたら、私は一度経験したら二度とは来る気が起こりませんでした。しかし、この戦跡ツアーに参加して、初めてグアム島と日本の深い関係ともっと戦争の事を次世代と共に学ばなければならないという気持ちが芽生えてきたのです。今だ2万人もの無名戦士の眠る島であるこのグアム島は、もっと私達と魂のレベルで繋がっているのです。でも重過ぎるメッセージばかりでは人は敬遠します。本気でグアムを愛する日本人が育っていくと思います。」
(福島県伊達市・60代・女性)

「激戦地だったというイメージは少なからずあったのですが、その地へ実際行って、話しを聞くということが、とても有意義だと思いました。元日本兵の方々の話を聞くことができ、感動しました。生々しかったです。でも負けるとわかっていて戦争をしたなんて残酷です。グアムは太平洋戦争の激戦地だったと言うことしか知らなかった為、もっと詳しく知りたいと思いました。」
(千葉県美浜市・50代・女性)



P4200018
P4220015
P4230049
P5030016
CIMG0001 2
CIMG0005
CIMG0006
CIMG0026

Posted by kenhagaguam at 14:15