cpiblog01423

Yuki's Ho'oponopono

私の大好きな言葉が、ハワイのHo'oponopono(ホ・オポノポノ)。 調和とか、悪いモノを流し、浄化するといった意味があります。 エステや占いなど、心身を浄化することをテーマに書いてゆきます。 エステやスパだけのブログはこちらまで  http://ameblo.jp/miwakunospa カフェグローブでも公式ブログ始めました http://www.cafeblo.com/tokyohealingsalon/

26

お知らせ

ご連絡が遅れましたが昨年をもってwww.osakiyuki.comを閉鎖したことにより
こちらのブログは終了しサロンや旅の情報などは以下のHP「トラベル&スパカフェ」で
更新していく予定です。こちらにもぜひ遊びにいらしてください!

http://hapuna-edit.com/
17

ALL THAT SPA

日本発のスパブランド、ALL THAT SPAの全国一斉発売を前に、今日、ウエルネスアリーナ様から一足早く頂戴し、使ってみました。

IMG_20151116_205700


ラインナップは、 Bathing Salt(バスソルト)、Renewal Scrub(スクラブ)、Moisturizing Cream(モイスチャクリーム)、Breathing Mist(ミスト)の4つ。香りは、3つ。(Purifiante、Relaxante、Apaisante)。チャクラに対応しているもので、3つの気分で選べます。
たとえばPurifiante(プリフィアント)には、和歌山のみかんや、高知の文旦など、日本の素材をふんだんに利用。ALL THAT SPAのならではの、国産にこだわった自然の香り成分は、他とは違う、上質な香りを生み出しています。

バスソルトを使って入浴したところ、冷えがひどく、とくに末端が入浴後すぐに冷えてしまう自分でも、長くぽかぽかと、体が芯から温まるのを感じ、驚きました。
しかも、香りが良く、入浴時のリラクゼーション度が高く、贅沢な時間でした。
こんにゃくが成分という、肌にやさしい低刺激のスクラブは、ファイシャルにも使え、入浴前に顔を含む全身をスクラブしてから浴槽に入ると、つるつるした全身に香り豊かな、やわらかなお湯が肌にまとわれるようで、ほんとうに至福でした。

スクラブをしているのに肌は入浴後もしっとりと。でもここで終わらせず。モイスチャライジングクリームも贅沢に塗布。この3点セットは、どれも使いやすく(チューブ型のスクラブ剤なんてほんとうに楽ですね)、今日からの入浴時のセットとなりそうです。

発売はまだ先ですが気になる方は、ウエルネスアリーナのFBや、代表blogをチェックしてね。
https://www.facebook.com/wellnessarena

http://warena.typepad.jp/project/
16

Hong Kong short trip

香港に行って来ました。

僅か2泊という旅でしたが、コスモプロフアジアの視察、マッサージ三昧、美味しいものを食べる、変わった食材を買って帰る、デザイナーズホテルで癒される、のMUST5事項は、クリアしてきました。

香港でいつも泊まるのは、シャングリ・ラなのですが、今回は初めて、デザイナーズホテルにしました。

IMG_20151112_085010


香港初という5年前に開業した(前ミラマーホテル)、ミラホテルです。

MIRA


宿泊レイトもそれほど高くなく。
今回は、繁忙期ゆえ若干高めでしたが、
朝食もついていたことだし、ジムもスパも利用できて、大満足でした。

プールがとってもいい雰囲気。
ぷかぷか浮いているだけで幸せな気分でした。

IMG_20151112_153935


コスモプロフは、オーガニックやナチュラルな商品の展示が
数年前に比べて減って来たような気はしましたが、
個人的にはFranceとITALYのブランドに興味をもち、
担当者から商品に対する思い入れなどを伺ってみました。

IMG_20151112_140119


どれもとっても良さそうで、日本でいつかお目見えするのを期待しつつ。

あ、日本のブースにも寄りました。
海外展開で成功している日本企業、応援したくなります。

IMG_20151112_154820


DSCF2010


空いている時間には、ジェイドマーケットにも行き、今年もまた「カモ」になりました。

IMG_20151113_112136


有って無いような金額設定に、先方の思う壺の金額で、購入してしまうのもまた面白い感じ。

あまり値切るのは好きではありません。

美味しいお茶や体に良さそうな食材とも出会えました。
香港はやっぱりいつ行っても、刺激いっぱい、楽しくて美味しくて、エキサイティングな場所。また近々行きます。

IMG_20151113_122257


また再会した、シャングリ・ラホテルのショップにある、パンダファミリー…。
(うちにすでにあるので買いませんでしたが、なんだか懐かしい感じ)

IMG_20151113_123650


パンダはいいな。


11

ハワイ島で自分リセット

サウスポイントで、手足から、自分を浄化させます。

IMG_0239


ハワイ諸島の最南端。

ここに来ると私は、私は心の底から嬉しく、力がみなぎるのを感じます。

そして、キラウエア火山にも。

IMG_0276




7

ハワイグルメ

ハワイでは、取材中に立ち寄ったカジュアルなカフェから、
会食で利用したお店など、色々訪問しました。
少しまとめます。
これからホノルルに行く方、ぜひご参考に。

(この記事では、ホノルルの情報だけにします)

カイムキ エリア

■Cafe Miro(カフェミロ)

個室を利用しました。会食や打ち合わせに利用できる、お洒落なカフェです。
カジュアルフレンチレストラン。
シェフで、オーナーの、Shigeru Kobayashiさんがとても素敵な方なのです。
http://www.cafemirohawaii.com/

3446 Waialae Ave. Honolulu, HI 96816
Phone: (808) 734-2737

ワイマナロ エリア

■AI LOVE NALO (以前のワイマナロカフェ)

リノヴェーションされて、新しく生まれ変わったワイマナロにあるカフェ。ビーガン。
スムージから、野菜のプレート。全部全部美味しい。カジュアルなカフェですが、体が喜びます。
http://ailovenalo.com/

IMG_0127


IMG_0126


ワイマナロ



ワイキキ(アラモアナ)エリア

■GREENS & VINES 
ローヴィーガンのカフェ。全部ローフード。
オススメは、ラザニア!

909 Kapiolani Blvd. Unit B Honolulu, HI 96814
Phone: (808) 536-9680

http://www.greensandvines.com/
https://www.facebook.com/GreensAndVines/?pnref=story&rf=599891053375989

IMG_20151031_080125


ワイキキエリア

■Bills(ビルズ)

言わずと知れたパンケーキの店。
ワイキキ店は、天井高がすごくて、癒やしの空間。音楽イベントにも良さそうな空間。
飯島寛子さんに連れて行って頂きました。

4

ハワイでタオライアー体験

ハワイで、タオライアーという楽器(ヒーリグハープ)を全身に載せて、
波動を整えるというセッションを受け巻した。
受けた場所は、カパフル通り沿いのWAIKIKI GRAND HOTEL
の6階にあるサロン、MERMAID COVE SPA AND SALONで。
屋外でも行っているということでしたが、今回は初めてなので、室内で。スパのオーナーであるリイコさんのご紹介で、でした。

それにしても、
大変、面白い体験でした。

11221511_898788820206989_1333198706506855869_n


ハープを奏でた時の振動を全身に与えることで、エネルギーの流れを良くするというものなのですが、
このタオライアーを全身にあてるという時間は僅か30分ほど。
その前には、呼吸法とボイスヒーリングで、自分自身の気を整え、
深い呼吸で、体を休めていきます。

そのやり方は、きちんと両足を地につけた状態で座り、誘導にあわせて、

う→お→あ→え→い→え→あ→お

の順で、深呼吸のあとに声を出していきます。
深呼吸は、4で吸って、1でとめて、8で吐く、というタイミングで行います。
3回ずつ行います。
ゆっくり深い呼吸を行った後に、声を出して息を吐きます。

私は、「い」がすごく長く出せたのですが、「え」がとても短くてちょっとしか声を出せませんでした。
ちなみに「い」は、宇宙とつながる感謝を、
「え」は、他人とのコミュニケーション、などを意味するチャクラに反映しているそうです。

(「う」は地球やご先祖さまなど大地とつながり感謝するチャクラ、
「あ」は自分自身への愛、などだそうです)

私は普段とても息が浅いので、
この呼吸法と声をだしていくボイスヒーリングの体験だけで
すでに、体がぽかぽかとしてきて、楽になりました。

ベッドに横たわって、タオライアーを始めた頃にはもう半分眠りそうな状態でしたから
楽器の音の振動が体に伝わり始めた頃には、もうすでに爆睡。。。

とても、楽しい体験でした。

うつ伏せで始まり、仰向けで終わったのですが、
仰向けで腹部において
演奏されている時が一番音の響きが悪かったそうで、
お腹のエネルギーなのか、不調なのかを
指摘されました。

体の中に流れるモノがとてもキレイになり、心もすっきりし、
素敵な時間を過ごせたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今回タオライアーを演奏してくださった操さんにおしえてもらった
「ありがとうの先送り」のような考え方に基づく
「ありがとう禅」に関する情報はこちらです。

http://www.arigatozen.com/index.php

日本に帰っても、「ありがとう」の気持ちを常に持って
前向きなエネルギーで、自分自身を包んで
自分に良い情報や、いい人、モノとの出会いが一つでも多く増えるよう
努力したいと思います。

法人向けのETC専用カード
30

ハワイで足のケア

これまでずっとHonoluluで、日本で受けるような本格的なフットケアは受けられないと思っていましたが、この方にお会いしてから変わりました。

Honoluluで活躍するネイリストで、フットケアスペシャリストのゆきこさん。

ワイキキのネイルサロンでの勤務を経て御自身のサロンをアラモアナエリアにオープン。
今年の1月にお会いしましたが、10ヶ月お会いしないうちに、よりアラモアナS.C.からアクセスのいいビル内に移転していました。

11722


こちらに、詳細の紹介があります。
http://4travel.jp/overseas/area/north_america/hawaii/honolulu/kankospot/10481538/service/

ただ足を見た目キレイにするサロンはワイキキ近辺に沢山ありますが、ここまで本格的に、フットのケアをしっかり教えてくれるところはないと思います。

ドイツ式、といったらいいのかな。
角質もつるつるに、足の指も自由になって、とっても歩くのが楽になりますよ。
もっともっと足を健康にしたいという場合、靴やインソールから見直すのがいいみたい。そんなアドバイスもしてくれます。

●フットソース
Alamoana pacific center
1585 kapiolani blvd,740
Honolulu,HI 96814
808-554-4185
25

Hawaii

昨日からハワイに来ています。

到着日は空港から、そのままカイルアへ。

勿論、ハナリマスパに行くためです。

ハワイに行って、英里さんに会って
ハナリマでマッサージを受けないと、何も始まりません。

IMG_0029


続いて
ウルポヘイアウ(農耕の神様)に行き、英里さんと一緒に捧げ物を作り、祈りました。

IMG_0009


英里さん、説明がうますぎる。

みんなであっという間に上手に作れました!

IMG_0017


それにしてもいい天気。日差しは強かったけれど、ハワイが「よく来たね」と言ってくれているようでした。

IMG_0008


そして今日は、とても充実した時間を過ごしました。

ハワイカイに行ったり、クムキャレンにあったり、
マカプービーチ、マカプーのヒーリングポンドに行ったり。

IMG_0046


IMG_0048


IMG_0038


ハワイの叡智を改めて学びました。

IMG_0115


ヒーリングポンドでは、手足を浄化。

IMG_0088


ワイマナロにも行きました。ランチはワイマナロにあるカフェで(ここ、リノベーションして、素敵になりました。ベジプレートがとても美味しかったです)。

IMG_0127


隣のショップでも、お買い物。体内をクレンズするお茶を買いました。
マキキティににたお茶です。

IMG_0131


車はどんどんカネオヘ方向へ。
ボタニカルガーデンにも。

IMG_0139

同行してくださった友人がカメハメハスクールの社会科の先生なので、彼に200万年前のオアフ島の姿を、想像しながら、その地質を含めた歴史について教えてもらいました。


充実の一日でした。
ワイキキに戻って、フローズンヨーグルトを食べに行って
(これが今晩の夕食になりました)
、昨年オープンしたサロン Mermaid Cove Spa & Salon に。

IMG_0154


素敵なサロンでした。
こちらのサロンの情報は別blog、アメブロでご紹介します。

最高に美しいサンセットが屋上から見られるそうですが、時間的に間に合わず。
でもサロン空間がとッテもとっても素晴らしくてとても癒やされました。

IMG_0161


オアフ島で3泊してからハワイ島へ移動します。

19

ハワイと、人生の回り道

随分と遠回りをしてしまいました。
最近、自分の人生を振り返ってそう思います。
でもこの遠回りが、絶対無駄になっていないことを信じています。

というより、遠回りであるからこそ見えた景色や、出会えた人や、発見にこそ、私の人生に必要な、最高の収穫だと思っています。

…ということを考えながらまた、ハワイに行く準備をしています。
私の人生の節目はいつもハワイにあります。

ハウナニさんと




7

サロン ド ボヌールへ

今日は、神宮前の「サロン ド ボヌール」へ。

IMG_9955


アンネマリー・ボーリンドのフェイシャルのトリートメントを受けに。

IMG_9983


オーナーの秋山さんがとてもキュートで、施術も素晴らしかった。

終わった後はゆっくりと、ティータイム。

IMG_9997



アメブロの方に近々体験記事を紹介します。

ブログ読者向けの特典も…。
お楽しみに!





28

ビジネスクラスに乗る、ということ。

10日ぐらい前の話になりますが、日経ウーマンオンラインで、記事を1本書きました。

「海外旅行で、ビジネスクラスに乗ってみたら。『自分磨き』につながった!」というものです。
有り難いことにその日の人気記事ランキング第一位になりました。ありがとうございます。
また、機会があれば、エアラインやホテル、など、形には残らないけれど、その瞬間に自分自身に与えてくれる影響の大きなモノに対してお金をかけるという意味の大きさなどを皆さんの心にまっすぐに届くような記事を書いていきたいと思っています。

お金について少し。
お金がないという時は、なるべくお金を使わないように、という「まもり」の態勢に入ると思います。自分の生活に必要な最低限のものを買う、ということに徹して、余計なもの、無駄といえる(みえる)ものには、とっさにおさいふの紐を固くしてしまう。でも、私は最近、その行動が結局、「お金がない」サイクルに身をおいてしまう原因のように思うようになりました。

そんなことを書くと、「だって、お金がないんだから」というふうに言う人もいるかもしれません(実際に私もつい最近までそういう考えでした)
だけど、「今、金欠だから」とか、「最近お金がないから」と言って、自分の行動に制限をかけてしまうと、向かいたい場所や目標を逆に遠ざけてしまったり、さらには人まで遠ざけてしまうということもある、ということを感じるようになりました。

お金なんて、そんなに多くもっていなくても豊かに生きていけることを私は信じています。私の周りにもそういう人たちがいっぱいいます。だから、お金がなくてもあっても、自分や、自分の周りの人に感謝をして、お金をまわしていくということがとても大切なのだと思います。

とても金欠なのに、ビジネスクラスに乗ろうとか、5ツ星のホテルの泊まろうと言っているのではないのですが、もしとても疲れていて、自分の心身に豊かな時間を与えることで、人生が潤えるチャンスというのがあれば、そういう時は、ある程度の贅沢をしてもいいと思います。そういう思いを込めて原稿を書きました。

私は、おそらく年間にしても1回あるかないか、渡航の5回に1回ぐらいしかビジネスクラスを利用しません。
普段はエコノミークラスで我慢して、これがふつうだと思っています。自分はまだまだだと思っていますが、でもエミレーツのエアラインのラウンジなんかを利用しちゃうと、「同じ人間でもこんなに違うんだ。私もいつかこういう場所がふさわしい人間になりたいな」と、少しだけ野心のようなものが出ます。その野心は、自分自身の人生の「エネルギー」の元になる向上心に繋がります。だから、単なる贅沢体験だけではなく、自分磨きの一つ。

って、言い訳に聞こえるか。でもいいの。私はいろんなものにお金を使って、生きていくんだ。
25

Emiratesフライトで、HAPPYを極める

IMG_9439


夢を運ぶ旅客機であるAirbus380に乗りたくて、
エミレーツ航空(以下、エミレーツ)を利用したくて、ドバイ経由でパリに行って来ました。

エミレーツ航空といえば、情熱的な赤がアクセントの世界を代表する航空会社。
20年前に設立され、最も急速に成長を続けるエアラインの一つ。
私にもずっと漠然とした憧れがあり、「いつかエミレーツに乗ってドバイに行こう」と思っていました。
そして、ドバイからヨーロッパ各国を中心に就航するAirbus380に乗ろう!と夢が広がっていきました。

というのも、ヨーロッパ旅を考えるのならば、気になるのは時差による疲労。
羽田を深夜に出る便(EK313)を利用すれば、その心配もあまりありません。

深夜0:30に羽田を発ち、早朝6:45にドバイに到着。
この時間にしっかり睡眠をとって、スムーズなトランジットで、
中東・ドバイから、ヨーロッパ諸国へ旅立つ、というコースがおすすめです。

今回私は、EK73便を利用して、ドバイを8:00に発ち、パリには13:30に到着でした。

パリ到着日も十分時間があり、日本を発ってから1回乗り換えるとはいうものの、
眠っている間にパリに到着できるため、
ホテル代の1泊分を節約したと考えることもできます。

(ビジネスクラスを利用すれば、高級ホテルに泊まるのと同等のリラックスタイムと
エンターテインメントを楽しめますから、こちらのほうが魅力的といえるかも)

さてここからは、エミレーツによる飛行機の移動の旅についてまとめます:

羽田を深夜に発って、星空輝く機内でぐっすり睡眠。

DSCF4576


機内の寒さも、この靴下とアイマスクのおかげで、大丈夫。
エコノミークラスにもこんなアメニティがついていることに感激です。

10時間はそれほど負担にならず、ドバイに到着です。

ドバイの空港は初めてでしたが、想像以上に大きかった。
到着ゲートから、バスで移動しましたが、10分ぐらいかかりました。

ドバイからパリへと発つ頃は
もうすっかり明るくなっていました。

DSCF4417

<搭乗寸前の飛行機です。テンション上がりますね!>
これが、エミレーツが、65機保有している(2015年8月4日時点)、Airbus380です。

1階席がエコノミーですが、今回は非常口近くの席に座ったため、
向かいに座るCAさんとカジュアルに話をしたり、フライト時間があっという間でした。

BlogPaint


話には聞いていましたが、国際色豊かなキャビンアテンダント。

世界130カ国から55カ国以上の言語に対応できるキャビンクルーが
出身国の路線に毎回シフトされるとか。

実際に彼女らと話をしていて、
離陸の際に注意喚起をする時の表情と、
フライト中に座談する表情が全く違っていて、プロフェッショナルでありながらも、親しみやすくて、彼女たちの存在が、機内のリラクゼーションに一役買っているなと感じました。
それに、美しい人たちばかり!

DSCF4410


最前列だったため、この階段の先がコックピットとなっています。
そして、座席横の階段を上るとビジネスクラス席とファーストクラス席が広がります。

7時間ほどでドバイからパリへ到着。

ドバイの香りに包まれたフライトは、
とってもとっても、楽しいものでした。

エコノミー席のモニター画面は、12.1インチですが機内エンターテインメントシステムがとても充実。
2000チャンネル以上のコンテンツから好きなものを選ぶことができます。
(私は時差調整のため、睡眠を選びましたが)
帰りの便では機内でつながるWi-FiにもTRYするぞ!


********************************************************************************************
さて、パリからの便です。
フライトは、
パリ→ドバイ(EK76) 
ドバイ→羽田(EK312)
ドバイでの乗り継ぎ時間が2時間を切っていますが、
販売可能範囲内ということなのでこれを選びました。

行きは、エコノミークラスでしたが、
帰りはビジネスクラスです。

DSCF4517


落ち着いた環境で仕事をするためにも、空港ラウンジの利用は、どんな時でも私には欠かせないもの。
これまでに沢山のラウンジを利用してきましたが、
パリのエミレーツ専用ラウンジは、サービスの質が素晴らしかった。

IMG_9816


とても静かで、ファミリー連れ独特の賑やかな話し声などもなく、
パウダールームの前にも、スタッフが数名立ち、
食事の種類、ボリュームも言うことなし。

この後の長いフライトで機内食が出るとはいえ、
デーツやナッツ、オリーブとともに、ワインを1杯頂きました。優雅なひとときです。

DSCF4521


夜景を見ながら、視界を遮るもののない広々とした空間で
搭乗時間までの時を過ごすというのは、至福の喜び。

機内と同じぐらい私は、ラウンジでの過ごし方をどう快適にするかを考えます。
この点、パリのエミレーツのラウンジは最高といえるでしょう。

日本でも羽田空港にこそありませんが、
成田空港に日本国内初となるエミレーツ専用ラウンジを今年、オープン。
投資額は400万米ドル超といわれるこのラウンジは、ぜひに利用したい。
今度は成田発のドバイ行きの便をビジネスクラスで搭乗できれば、と考えています。

さて、ラウンジで仕事をしてから、搭乗ゲートに行くと、多くの行列が。

IMG_9819


これから乗るEK76便はAirbus380です。
この飛行機、とにかく大きい。

この行列を見るとわかると思いますが、ファーストクラス14席、ビジネスクラス76席、
そしてエコノミークラスは399席もあるのです。

総勢489席。

客室乗務員などを加えると、500人程の人を乗せて、世界を飛んでいる
最新のスーパージャンボ旅客機にこれから搭乗です。

IMG_9823


搭乗前に撮影してもあまりの大きさに一部しか映りません。

今回のフライトは夏休み時期ということもありビジネスクラス席76席は満席。

搭乗の時刻を過ぎていたため、CAの案内で、皆さんさくさくと搭乗します。

BlogPaint


座席に座って周りを見渡した時の感想は、やはり
「思っていたよりも、高級感があるなぁ」というものでした。

20173_Hi---res_JPEG


仕事柄、ビジネスクラスにはよく乗りますが、広めのシートというのは他にもあるものですが
このエミレーツならではの高級感は、特筆すべきでしょう。

いたるところに設えられた木目調のインテリアは、デジタルなイメージの機内で、ほっこりと、心和ませてくれます。
(私は搭乗している時間ずっと、この木製のインテリアに癒やされました)

そして、座席に座ると目に飛び込んでくるのがこの、大きなモニター画面。
ビジネスクラスで、20インチです(ファーストクラスで27インチ)。

IMG_9830


DSCF4527


横になるとフラットで、寝返りも非常に楽です。
私は、2000以上のエンターテインメントを1コンテンツでも多く体験しようと、
視聴し続けること数時間…。こんな贅沢、そうそうないかもしれません。

IMG_9838


ビジネスクラスのシートピッチは87インチ(220cm)。
モニター画面の下に足を置くようになっていて、長身の人にもゆとりあるスペースです。
座席クッション幅は、18.5インチ(50cm)。

シートの上にあるマットは、私が離席をしていた隙に、
担当CAがあっという間にセットしてくださっていました。

座席横には、ミニバーがあり、水、ジュースなどがあります。

DSCF4522


座席横にあるPC用電源、デュアルUSBポートはとても役立ちました。

DSCF4526


衛星電話も完備しています。

機内で自分の手荷物の置き場がいつも気になる自分にとっては靴収納スペースなどはとても役立ちました。
仕事道具が入った鞄などもまとめて置けました。
(写真は、足を置く場所で、その下に靴置き用のスペースがあります)

DSCF4568


Airbus380のビジネスクラスの座席配列は、1―2―1となっていますが、中央部座席の2席の間には、プライバシーパネルがあるので、ほとんど隣の人の様子はわかりません。
(とはいえ、私はやはり写真を撮るのが憚られ、極力控えました)

DSCF4569

<こちらが窓際の席です>

食事は、パリードバイ便では、搭乗後1時間経って、夕食のサービスが。
深夜0時を優に回っていますが、豪華な食事が時間をかけてゆっくりとサーブされました。

一部をご紹介します。

DSCF4534


前菜のりんごとセロリのスープ、クルトン添えとサラダ。

DSCF4543


メインのサーモンのフィレ、ハーブで味付けされたマッシュポテトと野菜添え。
エミレーツの主任シェフが素材から吟味した豪華な機内食は、ボリュームも満点。
見た目も素敵な盛り付けで、心まで満たされます。

service


さすがにこの先のデザートには、たどり着けませんでしたが
ビジネスクラスでは軽食や飲み物が好きな時間に頂くことができます。

DSCF4546


本当に素敵な笑顔のCAさん。
高級シャンパンにアラビアコーヒー。これらをこんな優雅な空間で好きな時に頂戴できるだけでも
極上の時間です。

2階ビジネスクラス後方に設置しているラウンジが、素敵すぎます!

20161_Hi---res_JPEG


ファーストクラスと、ビジネスクラスの利用者専用の、ラウンジで、カウンターを囲うようにシートがあり、
カウンター内の専用スタッフが最高級のもてなしで、ドリンクなどを提供してくれます。

ドリンクバーぐらいかな、と思っていたのですが、フルーツの盛り合わせから、サンドイッチやトルティーヤなど軽食が並び、さながらここにいると、立派な立食パーティに正装で参加したかのような錯覚に。

訪れた時、専用スタッフの方に笑顔で声をかけられ、記念に写真を、と言われ
カウンターの中でポラロイド写真をとられ、あっという間にメッセージ付きでこんなカードを頂戴しました。

IMG_20150826_085428


IMG_20150826_085538


こういうさりげないサービスは、素敵ですね。
ちょっと恥ずかしかったのですが、写真を見ると、あぁ楽しい6時間だったな、と思い出します。

振り返れば、
何から何まで、最高級ランクのサービスとコンテンツとホスピタリティがつまったフライトでした。
そして、静かだった。これは、ぜひAirbus380に搭乗して、
実感して欲しいです。

IMG_9866

<最後に、降りる時にそっと座席写真を撮ってみましたがやはり広々としていますね>

IMG_9871


ありがとうございました。
楽しいAirbus380でのビジネスクラス搭乗体験でした。


********************************************************************************************

実は、パリの出発が遅れたため、今回は、非常にギリギリのトランジットとなってしまいました。

機内からゲートに移動すると、そこにはエミレーツの担当者が私を待ってくれていました。
そこで、初めて私の次のフライトまでは相当時間がないのだと悟りました。

カートで急いでターミナルを移動します。

IMG_9879


聞けばもう搭乗時間になっているというのに、ここから次に搭乗するゲートまでは、もう一度セキュリティチェックある上に、かなりの距離。

こんなに広く、素敵なドバイの空港なのにお店に立ち寄るどころか、トイレに行く時間すらありません。
ここは諦めて、急いで進みます。

それにしても、案内してくれたスタッフの方は、大変手際がよく、
急いでいるのに急いでいないふうに見せながら、
私にプレッシャーをまったく与えません(この辺りは大変プロフェッショナルだなぁと感心しました)。
結局最後まで、(ゲートまで)案内してくれ、無事に最後の搭乗者として乗ることができました。
(ありがとうございました)

********************************************************************************************

ドバイ→羽田間のEK312便は、ボーイングB777―200LRです。
こちらは、ファーストクラス8席、ビジネスクラス42席、エコノミークラスが216席です。(全266席)。

この日のフライトでは、エコノミークラス席が満席で、ビジネスクラス席には余裕がありました。
(エコノミークラスの席の人、アップグレードしたのかな?)

ファーストクラスはプライベート・スィートになっていて、
天井部分こそ開放しているものの扉を設置し、個室感覚を出しています。
(少し見学させていただきました)

配列は1―2ー1席。シートピッチは82インチ(208cm)でフルフラットベッド仕様に。
座席クッションは幅23.5僉
ビジネスクラス席にはない、ライト付き化粧鏡や大型パーソナルテーブルなどがあり、なんとモニターは27インチ!
(ここで暮らしたいかも…)

今年の7月からは、ファーストクラス限定で
ドン ペリニヨン ヴィンテージ シャンパンの提供を開始
したそう。

とはいえ、ビジネスクラス席も充実です。

DSCF4590


配列は2―3―2席で、シートピッチは72インチ(183僉砲如∈太淵ッションは幅20.5僉
モニターは20インチで、これぐらいで私は十分です。
Airbus380では見かけなかったタイプのシンプルな手元用リーディングライトが、仕事をするのに役立ちました。

DSCF4582


リモコンですらこの高級仕様(少し重たいです)!

Airbus380の座席横にあったようなミニバーはありませんが、CAの方、今回は日本人も数名いらして、かわるがわる笑顔で接客してもらえました。

DSCF4587


ビジネスクラス席は、パリ―ドバイ間のAirbus380の76席よりも、B777−200LRの方が42席と少ないのですがCA一人あたりが担当する乗客数がB777のほうが多いようです。
それでも、とても手際良くて、感心しました。

乗ってすぐの朝食は、まだちょっとお腹が一杯だったので、コンチネンタルブレックファーストに。

DSCF4589


その後の昼食はこちら。(和食と洋食の二種類から選びます)

DSCF4604


DSCF4608


さりげないパンのサービスにつられて、食が進みます。
シュリンプはとても美味しかったです。

DSCF4615


DSCF4618


食後のコーヒーはゴディバのチョコレートとともに。

DSCF4625


女子には嬉しい、いくつでもOKのデザート選択ですが
私は、チーズケーキを頂くことに(これが最高でした!)

DSCF4620


エミレーツのビジネスクラスとラウンジを利用して、チーズ摂取量がずいぶん増えたような…。

DSCF4624


ちなみに、お腹が空いたらヌードルを、ということでしたが、
こちらはさすがに断念(食べてみたかったのですが)

DSCF4642


お腹もいっぱいになったら、満点の星空(天井に星空、はエコノミークラスも同じ)を眺めて、ZZZ〜〜。

ドバイから羽田は9時間ほどかかっていたはずですが
本当にあっという間で、「降りるのが嫌。もっと乗っていたい!」と思ってしまうほどでした。

DSCF4580


座席にはマッサージ機能がついていて、その振動が心地よかった。
(さすがに自宅にあるようなプロフェッショナルなものとは違いますがでも機内でマッサージチェアなんて!)。

IMG_9888


CAの皆さんに感謝です。ありがとうございました。

飛行機に乗るための旅。
エミレーツファンの方に朗報です!


来年の2月1日に、世界最長フライトとなるドバイーパナマ便が就航予定です!
なんと、搭乗時間17時間35分!!
(直行便として、勿論世界最長時間です)
約1日、飛行機の中で過ごせます。導入予定の機体はボーイング777−200LRだそうですが、これ、ビジネスクラスで乗りたいですね。

<一部エミレーツ航空提供写真を利用>
16

パリに行って来ました。

いろんな目的を持って、パリに行って来ました。

IMG_9757


夏のパリは過ごしやすい陽気で、日が長く、毎日が充実して過ごせて、至福の時間の連続でした。

IMG_9726


セーヌ川の川岸をのんびり歩いたり、世界中から観光客が集う凱旋門や、シャルトルの街まで遠出をしたり。

IMG_9434


フィンランド・トゥルクを取材した時に、ナポレオン戦争の話を伺いました。その凱旋門の上からパリの街並みを見下ろして。

IMG_9551


IMG_9400


エトワールにステイしたので、どこに行くにも便利な旅でした。

IMG_9416


毎朝のミーティングスポットとなった、ホテル近くのカフェ。

IMG_9631


まさに穴場といえるいいカフェでした。接客といい場所といい、そしてバケットとクロワッサンの美味なこと!
これはどこかの媒体でご紹介します。

IMG_9629


そうそう、2013年にオープンしたパリ最大級のショッピングモール、「ボーグルネル」にもさくりと寄ってみました。

IMG_9807


エッフェル塔VIEWのロケーションです。

IMG_9795


IMG_9775


かわいいお店がいっぱい。

IMG_9780


IMG_9787


お買い物もいいけれど川沿いのお散歩も楽しいもの。川の向こうに広がるのは、高層建築群。

IMG_9771


IMG_9789


あっという間に終わってしまった旅でしたが、心にいっぱい栄養補給。
旅って、だから楽しい。


帰りの飛行機も最高でした。
旅の楽しみは、飛行機の楽しみ、だと思っているので、また、あとで、搭乗体験を紹介します。
8

富山の桜ケ池クアガーデンに行ってきました!

富山の桜ケ池クアガーデンに行って来ました。

IMG_20150529_174536


北陸新幹線の開通で、富山からも金沢からもアクセスがしやすくなった、世界遺産・五箇山にも近い、自然豊かな場所に立地する里山リゾートホテルです。

IMG_9396


IMG_9394


この畑は、施設の裏側に広がっています。本当に大自然の中にできたリゾート施設、という感じがします。
周囲に広がる圧倒的な存在感の大自然。

IMG_9377


宿の周囲には、むき出しの自然が広がり、宿では、そんな富山の味を堪能できるオーベルジュで、美味なお料理を頂きます。肉が苦手な私のために、シェフは、真鯛とスズキの二種類のポワレを、アクセントをつけてだして下さりました。お手製のティラミスもびっくりするほどの美味しさでした。

IMG_9397


たった1泊の旅でしたが、心身ともにリフレッシュし、とても大きな収穫のあった滞在となりました。現地で伺えたお話も素晴らしかったし、お会いできた方たちも最高で、そして体験したスパでのプログラムも充実していました。

一つずつご紹介します。

IMG_9322


今回は、施設の魅力でもある温泉療法を活かした、多機能型プール、アクアオアシスプールの体験です。

IMG_9319


IMG_9348


水温33度と36度のゾーンわけされた温泉プールの中に設置されたアトラクション(ジャグジーなど)を通して、体に刺激を与え筋肉をほぐしていきます。

人間の体液とほぼおなじぐらいの濃度の温泉のため、浸透圧が均衡していきます。

体験メニューの一つ「バンジェ」(30分3,240円)は、個室での温泉水のジャグジーマッサージバス。

IMG_20150529_144754


セラピストのオススメで、水着を脱いで全裸でジャグジーに入りました。
ここのマシンは、ITALY製だそうです。水流の勢の強さで、肩こりも解消です。

IMG_9323


続いて人気メニュー「オーガニックプチフェイシャル」(30分5,400円)と「ミネラルジェルパック」(30分4,860円)」を受けました。

IMG_9304


すべてのトリートメントに使用しているのは、フランスのタルゴ製品です。

IMG_9291


トリートメントルームは、合計15もあって、かなりの規模のスパです。

IMG_9299


フロント周りもこんなに広々としています。ここでカウンセリングを行ないます。

IMG_9296


スパの営業時間は平日は午後12時から5時まで、とちょっと短いので、滞在中うまく利用できるように、予定を組みたいものです。でもアクアオアシスプールは夜の10時まで利用ができるので、夕食後も利用できて、ダイエットにも良さそうです。

個人的にとても感動したのは、翌朝に一人で行った気候療法のひとつ。桜ケ池の周囲のウォーキングです。

IMG_9361


5年前に、全国ため池百選に選ばれた桜ケ池の周囲を30分ぐらいかけて、早朝に、朝食前にのんびり歩くのですが、これがとても気持ちよくて、最高でした。

桜ケ池は、昭和16年に築造工事が始まり、戦時を経て昭和29年にようやく完成。

IMG_9389


池の周りをぐるりと歩くだけなので、迷うこともありません。途中で耳にする周辺の里山にすみつく沢山の生き物の鳴き声、鳥の鳴き声などを堪能しながら、一歩一歩地面を踏みしめながら大きく深呼吸。そして歩いていきます。森林浴そのもので、とっても気持ちがよく、その後の朝食の美味しかったこと。。。

滞在した客室はこんな感じです。

IMG_9289


視界が限られた世界に長くいると、発想にも限界があり、心身が疲弊してしまいますが、私の場合、自然のちかくで、ただそこに身をおき自分を客観視するだけで、うんと視野が広がり、心にもゆとりがうまれます。
リフレッシュに利用した桜ケ池温泉も美肌の湯と言われるだけあって、体がずっと温かく、気持が良かった。
温泉はビジターも利用可能です(朝6時から22時まで。利用料金は、620円)
本当に楽しく、充実したステイでした。

そうそう、こちらがアクアオアシスプールの入り口。プールはもちろん宿泊者だけでなくビジターも利用ができ(プールと温泉利用で、1,500円)、年間の会員費も種類によりますが、29,700円〜ととっても安くて驚きました!(東京のスポーツクラブの月会費並みの価格で、1年利用できるのです)。

IMG_9340


もう一度行きたいなぁ。

●桜ケ池クアガーデン
IMG_9283

http://sakuragaike.co.jp/
TEL 0763−62−8181
15

前向きに生きましょう

最近思うこと。
自分の人生で一番大事なことは、自分で自分の人生の味方になるということ。誰がなんといおうと、人からどんな批判があろうと、どんなことが起きても、自分自身を信じ、自分自身を守る力と勇気を持つこと。
さらには、それが健康のベースになるということを、昨日お会いした治療家の千葉先生と話していて確信しました。

人それぞれ体の悩みは違うと思います。なかなか痩せない人や、いつも怪我ばかりする人。私の場合は、交通事故ややけどなど、不注意からくる外傷と、人生の半分以上悩まされている首の痛みがあります。
でもそれって、(自分の魂の)深いところから来るものなんだな、たぶん。

外的な痛みというのは、もちろん日常的な体の使い方とか、関節の問題とか、そういうのからくると思います。でも私は、単なる体の使い方だけではなく、自分の人生の受け止め方とか、心の使い方からくるのだと思います。
だからこそ。
前向きに生きるということ。いつも前を向いて生きるということ。
それが一番大事で、自分自身と守ることに繋がるのだと、昨日千葉先生とお話して改めて感じました。

いつも不安に思っていたら結局病気になってしまうと思うのです。
病気を予防するためにと、「病気になったらどうしよう、こうしよう」とあれこれと考えすぎることが、逆に病気を引き寄せる、なんていうこともある。(そういえば昔、「生命保険に入るから病気になるし死ぬんだ」と極端なことを言っている人がいたのを思い出しました。死ぬことや病気になることを前提にした事は、しないとその人は言っていました)

とはいえ寿命もある。死ぬ時は死ぬ。でも自分の命があるかぎりは、大切に、悔いなく、心も安定して過ごせるためにも、前向きに、そして頑張りすぎることなく、自分を大事に生きていこう。

これは千葉先生に昨日言われたことです。頑張ってもいいけど、頑張り過ぎないように、と。このさじ加減が難しくて、20年以上うまくできないけれど、昨日は自分にとって、大事な気づきの一日でした。
自分を信じて、これからは自分を大切に、いろいろなものに感謝することを忘れずに、マイペースで進んでいこうと思います。

頑張り過ぎないって、本当に大事なのですね。

千葉先生の治療体験のことは、アメブロの方にも少し書きました。

IMG_20150514_174946


http://chibaseikotsu.com/
14

THE ROOM

愛するスパブランド、PEVONIAの日本輸入販売元であるウィズアスさんの本社1階にあるサロン「THE ROOM Pevonia botanica spa」で、フェイシャルのトリートメントを受けてきました。

IMG_20150513_163842


大好きなペボニア。最新のラインの商品を使った60分のトリートメントで、顔に張りがピーンと出ました。

IMG_20150513_142051


ルマファームリフト&グローラインのコースです。
パック中も、フットやハンドのほぐしがしっかり入って、本当に気持が良かった。

IMG_20150513_142044


サロンをやられている方で、このペボニアの取り扱いを真剣に検討されている方は、このサロンで、無料で体験できるそうです。ぜひご連絡してみてね。

28

アロハな風

朝起きて、何も予定がない日は、心が一段と穏やかになります。
20代の頃は、スケジュール帳が真っ黒でないと不安で不安で、どんな予定でも入れて、とにかく動いていました。誰かに会っていないと、どこかに行っていないと、社会から取り残されてしまうような恐怖がありました。

でも今は、自分のペースで、毎日を過ごせる幸せをかみしめています。
夫は元気に朝、わんこに声をかけて会社に行きました。実家の両親も元気。天気もいいし、空には雲ひとつなくて、太陽は柔らかくわたしをあたためてくれる。窓をあけたら近くの公園の鳥たちのさえずりが、リズムを刻むように聞こえてくる。…こんな時間を自宅でのんびりしながら過ごせる私は、とっても、とっても幸せなのだと思います。
そういう幸せに感謝して、私が誰かにできることは、全部して、いろいろなことを人や社会にお返ししたいと思います。

最近は仕事というよりも自分自身に投資をして、自分に興味を持つものに時間を費やしています。
それにはお金もかかるけれど、私にとっては、豪華なマンションに住むよりも、ブランドの装飾品に包まれるよりも、価値のあることだと思うから。

大好きな愛犬と、カフェに行ったり、

IMG_20150426_135717


大好きなサロンでマッサージを受けたり、

IMG_20150421_133106


IMG_20150421_133308


アロハな風を今日も感じながら、毎日を大切に生きています。

沢山の人に、アロハ〜。感謝の気持が届きますように。
27

黒湯コスメ、クリフォートを使ってみました!

今月の10日に発売となったばかりの、Crefort(クリフォート)の「モイスチャーフェイスパックフォーム」(120g3,800円)と、「モイスチャーローション」(150ml8,800円)を使ってみました。

特徴は、フミン酸(フムスエキス)が豊富に含まれること。それにより、どんな肌タイプの人にも、肌をしっとりと包み込むように保湿してくれる。できればもうちょっと前、乾燥が気になる秋口に発売して欲しかったなぁというのが正直な思いですが、でもこれからの季節。紫外線で肌が乾燥してしまった後にも、他のビタミンコスメとあわせて、肌ブロック再生のために使用しようかと思います。

IMG_20150426_085305


パックとしても使える洗顔料、「モイスチャーフェイスパックフォーム」は、少量でもしっかり肌クレンジングができましたがこれは、泡立ちネットと一緒に使うと良さそう。
化粧水の方は、クリーム・ローションに近いタイプで、これ1本で、美容液やクリームの役割も果たせそう(私はどうしてもオールインワン美容液を使っても、その後にクリームを使ってしまうタイプですが)。

無臭で、年代、肌タイプ問わず、利用できそうで、これはいいですね〜。

フミン酸といえば、黒湯の温泉成分。なので私はこれは温泉コスメの1つだと思って、温泉コスメマニアの私は、暫く使ってみようかと。

商品の詳細については、企業サイトを御覧ください。

デパートでいえば新宿の京王百貨店で買えます!
12

自由に生きるということ。

最近は、ライター以外の仕事も積極的に行って、いろんな人とのやりとりやお付き合いを学び、楽しんでいます。

ライターになって、15年ぐらい。これまでライター以外の仕事といえば、スパのコンサルとか、テレビ番組の制作のお手伝い(リサーチ)とか、それぐらいでしたがそれも、ライターの延長線上にあり、あまりライターのお仕事から離れているという感覚はありませんでした。
でも最近、まったくライター業とは違う仕事をやってみて、新しい経験に感謝しています。

IMG_4242


これも、これまでずっと書いていたハワイの本が終わったから。少し、心を解放させています。

毎日、心も体も健康で、両親も夫も愛犬も元気で、とても幸せです。
いろんな人に感謝しています。ありがとう。
6

キュープラザ原宿

3月27日(金)午前11時にグランドオープンとなる「キュープラザ原宿」。
オープンの二日前のマスコミ内覧会に行って来て、全フロアのショップを覗き、体験三昧の一日でした。
美容室ではキレイにしてもらったり、パンケーキハウスでは、スィーツ食べまくり…。
ライターって、いいわね。
と言われそうです。
が、オープンした週末は、お客様としていって、同じものを注文し、同じ金額を落としてきましたよ!
そのうえ、フランス会話教室にも申し込んでしまいました!ここ、とっても良さそうなので、今度こそ真剣にフランス語を学びます。頑張ります。

IMG_20150325_130938


真っ赤な椅子と黄色い壁。明るくて、元気になれそうなカラーがアクセントになったこのスクールは、先生やスタッフの方たちがとっても陽気でフレンドリー。
学校に通うというよりも、楽しみに行く。という感じで通えそうです!

そして、こちらもプライベートで、週末に行きましたが、日本第二号店となる「オリジナルパンケーキハウス」原宿店。看板メニューはこちら。「ダッチベイビー」です。

IMG_20150325_122658


オーブンで焼き上げたジャーマン生地のパンケーキに手作りホイップバター、レモン、粉砂糖をかけて食べるもの。1,340円ですがこれ一人前といってもいいぐらい。ペロリと行けます。
(でもバターの量が半端ないので、バターを見てしまうと、口にするのが怖い…。食べちゃうけどね)

こちらがNYから日本初上陸となった「ウォーレン・トリコミ」。地下にあります。

IMG_20150325_101733


この美容室は、映画「シザーハンズ」のモデルとなったトップスタイリスト「エドワード=トリコミ」と、カラーリスト「ジョエル=ウォーレン」さんが手がけるNYの美容室です。
居心地の良さを追求すべく、サロンのインテリアはBoConceptに統一しています。

地下には他に、マックススリムというエステサロンと、チェーン展開するリラクも入っていますが、リラクではキャンペーンをやっていたので週末にボディのマッサージを受けました。(なんと、60分3,900円!)
オープンしたばかりの、新築の匂いのする建物ってやっぱりいいですね。
24

WONDER MAKE

3月26日(木)に発売となる第三ブラといわれる、「WONDER MAKE(ワンダーメイク)」の発表会に行って来ました。

IMG_20150324_130655


カップに内臓されたワイヤーがシート状のため、しっかりバストを支え、美しいシルエットを見せつつ、ワイヤー独特の締め付け感を感じさせない、新感覚のブラ。
4月から放送される篠原涼子さんが出演されているCMも、会場で初公開でした。

IMG_20150324_134752


ブラにはうるさい(基本的にワイヤーのブラはしません)私。
発表会の後は、試着もしてみましたが、確かに圧迫感も締めつけ感もないのに、シルエットがキレイで、これは気に入りました。

これは、お試しの価値、あり。
発売が楽しみですね。価格は5900円(税抜き)です。Bカップは、5600円(税抜き)と、お安め!
デザインも素敵なのです〜〜私はブラックが気に入ったな。

帰りに、プレス向けのおみやげ。ブラのクッキーです。

IMG_20150324_134736
22

ジャスミンアロマティークフラッグシップハウス神宮前

神宮前のジャスミンアロマティークに行きました。

2階のトリートメントルームでフェイシャルのトリートメントを、受けました。
「オーガニックリラックスフェイシャル」(60分)14,040円です。

IMG_4514


担当してくださったのは、元はエステ畑出身という、技術もトークも長けていた店長のはたけやまサン。

空間もさることながら、スタッフの皆さんのホスピタリティや、情報発信力はもちろん、表現まですばらしくて、オーガニックを通してラグジュアリーなライフスタイルを発信する店舗ならではの場所でした。

IMG_4518


これまで、職業柄いくつもの、日本上陸前のオーガニックコスメのブランドを多く、海外で見てきましたが、このジャスミンブランドは本当に上質で、素晴らしいのです。

ぜひとも、日本とのコラボブランド、日本でずっとずっと成功していただきたい。
商品のLevelも高いし、作り手の思い入れも素晴らしいし、これからも、取り組みにも注目したいです。

体験談はこちらにも。アメブロです。
http://ameblo.jp/miwakunospa/entry-12004588371.html

IG_4526
2

攻めのオイル、使ってみました!

昨年10月に発売となった、金沢福光屋の究極の美容オイル「アミノリセ ナチュラル アクティベーションオイル(皮膚活性型美容オイル)」を使ってみました!

オイル


これ、凄い。凄いです〜

攻めのオイルといわれるだけあって、米の発酵エキス(米発酵液FRS−01)を主成分と、ビタミンEが豊富で、肌にはりをあたえ、細胞に力を与えてくれそうです。
ベースはスクワランオイルで、軽いテクスチャーで、ベタつかないのもマジックのよう。
肌にバリアを与え、肌水分バランスを整えてくれそうです。ちょっとしばらく使って肌の変化を楽しみたいと思います。

価格は20mlで、10,000円です。
エイジングが気になるお肌の救世主となりそう。
というのも、私は日焼けによるシミや肌のダメージがとてもひどいので、こういった上質の植物由来成分100%の自然のオイルを使うことで、肌の酸化を防ぎ、水分補給をしながら、肌代謝を促進させ、細胞に力を与えたいと思っています。

オイルマニアのモデルの友人に早速メールでお知らせするつもりです。

これは良いぞー!

IMG_20150302_211000


詳細はこちらを;
エイジングケアのための皮膚活性型美容オイル
「アミノリセ ナチュラルアクティベーションオイル」新発売のお知らせ
26

エンナチュラルスムージーカフェが渋谷に期間限定オープン

渋谷の「Shibuya City Lounge」とエンナチュラルがタイアップして、期間限定で螢瓮織椒螢奪の「エンナチュラルアサイスムージー」や「エンナチュラルハニージンジャースムージー」ら数種スムージーを使ったオリジナルメニューが登場。
早速、ヘルシーなランチプレートを頂きに行って来ました!

DSCF4253


2月のランチプレートは、長芋のハンバーグに五穀米、それにサラダなどがのったヘルシーなプレート。

DSCF4250


カフェには、16時ギリギリに飛び込み、頂きました。
落ち着ける空間に、感度の高い男女で賑わっていました。
16時までランチを頂けるのは、ちょっとありがたい。

DSCF4254


ランチにスムージードリンクがセットでついているのですが、これ、自分でドリンクバーで作ります。

DSCF4247


自分で好きなスムージーとドリンクを選び、マゼマゼ。

DSCF4252


私は、自宅ではハニージンジャー味を飲んでいるので(豆乳と混ぜるととっても美味しいのです)、今回はアサイを選び、クランベリーのジュースだったかな?で溶きました。(アップルジュースにしようか迷いましたが、抗酸化力の高さを狙いました!)

コップ一杯作るのに、大さじ1程度の粉末で十分なのにちょっと多めに入れすぎたため、甘すぎましたが、でも美味しく頂きました。

DSCF4248


カフェ内には、ドリンクカウンター以外にも、エンナチュラルスムージーの商品が陳列されていて、目を惹きます。

DSCF4251


いつかトライしてみたいグリーンスムージーもありました。
アサイ、ハニージンジャーとトライしたので、あとはグリーンを飲んで、エンナチュラルスムージーを制覇したいところです。

DSCF4246


エンナチュラルのスムージーは一袋(アルミスタンドチャック袋)170g入りで、10〜20回分飲むことができます。ご興味がある方はこちらのサイトを。
個人的には期間限定といわず、ずっと続けてほしいなぁ。

美味しいランチとスムージーで大満足でした!
13

ハワイの英里さんが来日します!!ワークショップのご案内

私の大切な、大切なハワイの友人、英里さん(オバマ大統領ご指名のマッサージセラピストさん)が来月、
久しぶりに来日し、東京でワークショップを行うことになりました。

IMG_4179


英里さんは、私よりもうんと(笑)年下ですが、魂年齢はうんと年上なのね、きっと。
母親のように私よりも落ち着き、全てを許し、受け止める力を持ち、いつも安定した心とスピリッツで、ハワイの自然に包まれながら豊かに暮らし、多くの人にALOHAをシェアしています。

DSCF2601


私は、ハワイに行って彼女に会わないと、「あぁハワイの大地を踏んだ」という気がしません。
彼女と、同じくマッサージセラピストである優子マクマーンさんに会いたくて、ハワイに行っているといっても、過言ではないほど。。。。それほどまでに私にとって、大切なアロハスピリッツに溢れた、ハワイの友人です。

そんな英里さんが、久しぶりに日本に、しかも、東京に来るとあって、私もとっても楽しみ〜
そして何よりも、日本で人数限定でワークショップも行うということで、一足早く頂いた情報をここでシェアします!

ちなみに、英里さんについて、ご存知無い方のために、ここで簡単に書いておきます。
英里さんは、ハワイ・オアフ島のカイルアで、ハナリマスパを経営しながら、二人の子育てをする、スーパーウーマン。

IMG_4918


IMG_2778


彼女の施術がどれほど素晴らしいかというと、7年間もの間、オバマ大統領夫妻がハワイ滞在中に、邸宅に英里さんを招いで彼女のマッサージを受けるほど。しかも、滞在中に数回も受けられるということで、昨年末のハワイ訪問の際にも、19日間の滞在中に、5回もお招きがあり、英里さんは彼らのマッサージに通ったそうです。

ハナリマスパは、テレビや雑誌でも最近よく紹介されるようになった、オアフ島のカイルアにあるとってもとっても素敵なスパです。いまや日本上陸を果たしたあの「シナモンズ」が入っているビルの2Fといえばわかるでしょうか。(あーパンケーキ食べたい!)

IMG_4250


IMG_4296


スパ好きな方にはぜひ、ハワイに行かれたら、カイルアまで足を伸ばし、ハナリマスパで英里さんのマッサージを受けて頂きたい!
目をつむり、施術を受けながらまぶたの裏にハワイの景色が鮮明に広がったあの体験を私は忘れられません。英里さんの手のひらからハワイ愛を感じるのです〜〜(手のひらが言葉を持っているみたいに)。日本人なのに、ハワイアンみたいで。しかもハワイアンよりもハワイっぽい。そんな英里さん。きっと、ものすごく彼女にとって縁のある場所、それがハワイなのでしょう。

IMG_4265


IMG_4277


でもハナリマスパに行けない人もいらっしゃることと思います。
でもでもラッキーなニュースが!!(私も先月聞いたばかりです9

3月12日と13日、東京・恵比寿で英里さんのマッサージやアロハスタイルが学べるのです。

英里さんから頂戴したワークショップの詳細は以下の通り;シェアします。


英里 マヘアラニのアロハセラピスト講座

IMG_1545


 ハナリマルア(2) ベーシック 特別集中ワークショップ 
 3月12日&13日 午前9時〜午後5時まで お昼休憩あり

会場:ハワイヒーリングアーツカレッジ日本校/サロン ホクラニ 恵比寿
    東京都渋谷区恵比寿西1-4-10 WEST-1 2F
    TEL: 03-6416-5507

料金:2日間コース 8万円
   教材費 7500円(バサルトストーン、ハワイアンハーブクリーム、修了証代込み)

最小人数4名は、定員12名で定員に達した時点で募集締め切り。

参加対象者:ハナリマカヒレベル1を受けた方 又は セラピストとして既に活躍されている方

 *ロミロミカヒレベル1を受けていない方も大歓迎ですが、
  後にレベル1(ロミロミマッサージフルボディ)を受けられることをお勧めします。

ワークショップ内容(一部抜粋);
症状別治療法、腰痛、座骨神経痛の改善方法、首 肩こりの改善方法、テクニック、クライアントへのアドバイス、局部ポハクベラ/ホットストーン、キャンペーン用ホットストーンの利用方法、セルフマッサージ
ラアウラパアウ/ハワイアンハーブのクリームの作成
アロハマップの作成
「愛されるセラピストになるために&アロハに幸せに生きるために」
ほか、セルフヒーリング法など。

基本的にセラピストとして活躍されている方、私のレベル1を受けられた方が対象のものだそうですが、
これからセラピストになりたい方や経験の浅い方も参加OKということです。ハワイが大好きで、いつかマッサージセラピストになりたい、という方でもいいと思います。なぜならば、マッサージの手技よりも大事なものがセラピストにはあり、そこを学べると思うからです。ハワイ流の生き方、暮らし方、ホ・オポノポノ的な考え方などすべてを含んだ、幸せになるための秘訣。それを習得してこそ、本当に素晴らしいスパセラピストになれるのではないでしょうか。

申し込み締め切り日は3月3日だそう。
問い合わせ&申し込み先は、Lomilomi Hana Lima(ロミロミハナリマ)まで。
TEL(808)263-0303、
Email:mailto:lomilomihanalima@gmail.com
http://lomilomihanalima.com/

私に問い合わせ頂いてもいいですよ〜ハワイにつなぎますので。info@osakiyuki.com, or TEL090-8810-2246
31

ハワイで食べたもの。

今回のステイ、私はホテルでもコンドでもなく、お宅にお邪魔していたので(ホームステイです、まるで)、朝ご飯と夜ご飯がついていました(有り難や、有り難や…)

なので、極度に外食は少なかったのですが、でも時々、外に行きました。
今回開拓したのが、新しくオープンしたフォーの店。

IMG_20150112_174052 1


PHO SAIGON(フォーサイゴン)


ロコたちにもまだ話題のお店らしいです。

IMG_20150112_175409


美味しかった〜。コスパよし、サービスよし、ロケーションもよし(近くにバス停あり、とりあえず多方面に出られる)

この店の前の通り沿い、数十メートル先にも、フォーの店がありますがこっちのほうがよさそう!それにしても、ハワイではベトナム料理が人気な気がする。もう何年も前に書いた「リセットハワイ」(ソニーマガジン)でカイムキにある「ハレベトナム」の店を紹介しましたが(ここは超有名店)、その時は、「ハレベトナム」の一人勝ちのようだったような気がするけれど

で、そのフォーサイゴン、メニュー表にお箸がこんなふうについていて、

DSC_0646 2


あ、これ使うのかな?と、オーダーした後に、取ろうとしたら(ハズカシー)、ウエイターさんが引きつり笑いしながら「これは飾りです」と一言。…そりゃ、そうだわね。

そうそう、誕生日には、前から行きたかったマイハンバーガーが作れるお店、THE COUNTERに行きました。キッズ二人を連れて。いやだいやだ、行きたくない。今食べたくないよ、ハンバーガー。とぐずる子供たちを説得し、中へ(ふつう、逆じゃないか?)。すみませんねぇ。

IMG_20150108_124509


中は意外としっとりとしていて、思ったよりカジュアルじゃなくて、テーブルオーダーで、結構自由に組み合わせできオーダーも含めて楽しめるバーガーレストランでした。

(ここ、ずいぶん前にオープンした時から行きたかったんですー。なかなか行けなかったので、感激でした。しかもごちそうになりました!)

IMG_20150108_124725


あれも、これもと、チョイスするうちに、野菜は多くなり、これ、ずいぶん欲張り?

IMG_20150108_132449


実はその1時間前には、フローズンヨーグルト「Tutti Frutti」のお店でアイスを沢山食べたんですよ〜。(しかもここでもごちそうになってしまったのですよ)誕生日って、最高です。

IMG_20150108_113644


翌朝は、家の近くにレナーズがあるので、マラサダ食べようと思って行ったけど、

IMG_4487


日本人が多くて、びっくり。でも私ここのマラサダ、普通な気がします。どうしてこんなに日本で人気なのか、よくわかりません(日本でも時々食べますが)。ジャスト、揚げドーナツ、ですよね。。

IMG_4323


それにしても、カパフル通り、いろんな飲食店があってしかも、新しいお店もあったりして、楽しい。
ワイキキから離れると、意外と穴場スポットがあります。
昔はこの通り沿いのSAFE WAYが全米1大きなスーパーと聞いて、ホテルからタクシー飛ばして意味もなく買い物に来ました。でもよく考えると普通のスーパーです。ハワイは物価が高いので、商品もどれも高くて、目が飛び出ます。

IMG_20150110_160819


そのSAFEWAYの向かい、カパフル通り沿いに、KAIMANA FARM CAFEがあります。ここはオススメです。私が大好きだった、「マックナッツカフェ」があった場所に昨年OPENしました。
このカフェ、16時に閉店してしまうので、滞在中行くタイミングをつかむのが大変でしたが、閉店間際に滑り込みセーフ。

IMG_20150110_160854


そのまた翌朝は、アラモアナのロンギーズで朝食。

IMG_4327


ここはVIEWがいい。アラモアナとかワイキキはゴミゴミしていてあまり好みませんが(でも買い物は好き)、アラモアナS.C.に来た時はここか、マリポサがいいですね。落ち着けるし。人少ないし。
パンケーキを食べましたが、ここでもごちそうになりました。

日曜日、ワークショップの昼休みは、韓国料理店にも行きました。
ここは高かった!
でも図書館がとっても寒かったので、温かいヌードルが食べたくて、ここへ。マッキンリーハイスクールの近くの店でした。

IMG_20150111_131725


ほかにもね、カイルアでHANALIMA SPAの英里さんに、UAHI ISLAND GRILLというお店に連れて行ってもらいました。とっても美味しかった★けれど、写真撮れず…。その前はカイルアでは、クレープのお店、Crepes No Ka 'Oi (クレープ・ノ・カ・オイ)に行ったのですが、もっと地元の人たちが行くところに連れて行って、とお願いして行ったお店のカレーが美味しかった(店名忘れた)。カイルアも最近、さかえていますね〜。美味しいお店もお洒落なショップも沢山出来ました★

あ、最後になりましたが、宿で作って頂いたお食事もどれもとっても美味しかった。
週末のおでんパーティには、私が憧れるハワイ在住の女性がやってきて(ずっと会いたいと思っていた方)、一緒に同じお鍋をつついて、楽しい夕食のひとときを過ごすことができました。

IMG_20150110_182901


好きな場所で、好きな人と、好きなものを食べられるって、ほんとうに幸せですね。

*今回滞在中に行った、HONOLULUでオススメのお店をまとめました。
 ホノルルに行く予定のある方はぜひ〜
30

ho'oponoponoの本を書く、ということ。

たぶん、私の人生でおそらく、なくてはならない言葉であり、思想であり、生き方が「Ho'oponopono(ホ・オポノポノ)」

これまで自著本でも、雑誌でも、Blogでもあらゆる場で、このホ・オポノポノについて、発信してきました。

この言葉を知ったのは10年以上前ですが、その後何度も何度も私はハワイでホ・オポノポノのついて取材をし、ワークショップに参加し、ハワイアンたちに会い、現地のホ・オポノポノの考えに基づいて暮らす人たちから話を聞いてきました(私、たぶん日本で一番「ホ・オポノポノ」という言葉を使っている人のような気がする。←と、思ってしまうほど)

そんな私がホ・オポノポノの本をまとめようと、今月ハワイに行って、打ちのめされたのが、カイポさんからの言葉でした。前回は迷ったけれど、掲載しますね。有名な方です。

IMG_4106


英語だったので、日本語でどう書くのが一番、私に与えたインパクトを具体的に伝えられるかわかりませんが、要は、あなたがポノ(=心身調和がとれた)の状態になっていないから、本書くの、大変だし、無理じゃない?
みたいなことです。

(そうそう、そうなのよ、それわかっているんですよ。だけど、私はその思想を伝えたいから、ここに来ているんですよ。)

だけど、やっぱり、ダメなんだな。
自分が癒やされていない人が書いた本なんて、誰も読まないだろうし。自分が頭だけで理解したことを文章にして発信しても、読み手のこころには響かないだろうし。でも、でも、それって、難しい。どうやれば心にストンと落ちて、誰からみても、ホ・オポノポノ(=心身をポノの状態にするということ)な自分になれるんだろう。

スタートラインに戻ったつもりで私は残りの日程をハワイで過ごし、そして二週間前に帰国しました。
(まだ日本に戻って二週間しか経っていないというのに、もう2年ぐらい前のことのように感じるのはなぜだろう)

帰国して自分を包む環境が、少し変わったんです。

もともと、私は現地の友人からも「百紀さんは、ハワイの多くの人から愛されていますね」と言ってもらえるほど、ハワイでは(日本では違います)、沢山の人が私を助け、大きな愛をもって、接してくれます。
ハワイではみんなが私に優しくしてくれます。でもこんなふうに日本で感じたことはなく、私の中で、日本はAWAY,ハワイはHOME,という感じでした。これ、ほんと。

が、それは自分で作っている壁で、ハワイにいる時みたいに、日本でも多くの人にもっと感謝の気持をちゃんと言葉で伝えたり、愛をもって、多くの人に平等に接し、いつも笑顔でいたら、きっと、日本でも私はハワイで感じたみたいに、平和に過ごせる、ということに今回、気づきました。

遅いですね。でもこれ、理屈ではなく頭でもなく、心で感じ、わかりました。

日本で戦闘モードで生きてきたけれど、今は平和です。

これまで「仕事モードで」ハワイでホ・オポノポノで生きる人に会ってきたけれど、今回はその出会いを純粋に楽しみ、正直に会話を楽しみ、これまでよりも少しゆとりをもって、話をきくことがで来たからなのかもしれません。

実は今少し、生きるのが楽です。

なので、ホ・オポノポノ本を書く、準備が整った、というふうに感じています(書いてもいいよね?と、あの時のカイポさんに聞いてみたい)

IMG_4500

これまで嫌いだったワイキキだけど、ちょっと受け入れられるようになりました。
写真はカピオラニパーク。
IMG_4510


人は変わりたくても、受け入れたくても、変れない、受け入れられないということがあると思います。
でもきっとそれって実はすごく大切なことなのだと思います。時期じゃない時に無理にやろうとすると余計歪むもの。何もかも、時がきたら、全てうまく行くし、気持さえあれば、できるし、解決するし、自分は変われる。
そういうことを心とスピリッツで気づけた今回の旅の意味はとても大きかったと思います。マハロ、私が現地であった全ての人たち。MAHALO!


*私が書こうとしているホ・オポノポノ本は、日本で流行っているそれとは違うものです。
18

WILDLIFE HAWAII

ハワイの滞在中、現地の友人の粋な計らいで、島の西側に行きました。

ハワイを初めて訪れてから、もう25年が経つというのに、オアフ島の観光は正直、興味がなく、友人の車で、ノースショアや東海岸(ワイマナロなど)にちょこっといくぐらいで、普段は、ワイキキとカイルア、カネオヘの3カ所しかいかず、勿論、ツアー参加とは無縁でした。

それが、今回「WILDLIFE HAWAII」という素晴らしい会社と出会い、この企業が目指すモノと、案内するスポットに惹かれ、まずはコオリナエリアに行くツアーに参加させてもらいました。

IMG_4331


嵐が屋外コンサートをしたことでも、一気にそのエリアの知名度が上がった(であろう)コオリナリゾート。
そちらに、ワイキキエリア(滞在先ホテル)から、往復シャトルサービスで、案内を頂くという、シンプルながら、レンタカーもない、現地に車を出してくれる知り合いもいない、という人には、大変有り難い、便利なツアーです。

朝7時にワイキキエリアを出発し、およそ45分で、コオリナに到着します。
車中、運が良ければ「あきらめん」という名のインターンスタッフが同乗し、観光案内をしてくださります(帰り道は、彼のラップが聞けるかも)。

たった1時間弱ほど車を西に走らせただけで、ワイキキでは見られない広大な、美しい景色が広がります。
到着はディズニー好きにはたまらないホテル、アウラニ・ディズニー・リゾート & スパ コオリナ・ハワイの正面入口。

こちらで解散。後はビーチを散歩したり、ディズニーと記念写真を撮ったり、朝食をとったりの自由時間。
ツアーでは、5時間後の13時に出発し、ワイキキに戻るという流れです。

IMG_4329


このホテル内には隠れミッキーを探すのがまた面白く、早速見つけたのが、ホテル正面入り口のところにあるウォーターサーバー内。この中のレモンがミッキーの形!?ではありませんか!
(可愛い〜)

IMG_4333


ファンシーなホテルをイメージしていましたが、意外とクラシックな内装でハワイ伝統的なオブジェが印象的。
子供連れのファミリーだけでなく、シックに大人でも楽しめるインテリアに、満足しました。
日本のディズニーホテルのイメージとはちょっと違いますね。

IMG_4337

(ホテルフロント先を抜けたところから、両側にある客室がある建物を望みます。客室数の多いこと、多いこと…)

大規模なホテル。圧倒的な存在感。ここにステイしたら、ずっとここにいるだけで十分、という感じです。
大自然の中に立地しているだけであって、ビーチは目の前。そして車を少し走らせれば、ダウントゥアースなどオーガニック店もあります。ペットコも発見!(入らなかったけれど)。

コオリナのダウン・トゥ・アース

(最近、ダウントゥアースでは昆布茶バーが流行っているらしい?)

IMG_20150112_091545


今回私が参加したツアーは、基本、このコオリナリゾートとワイキキとの往復ツアーでしたが、こんなツアーもあります。私の大好きなダウントゥアースにも行ける、「オアフ島西海岸をめぐるオーガニックスタイル・ウエストオアフツアー」です。これ、痒いところに手が届いた(行きたいところばっかりだぁ!)中身充実のプランです。

ツアーで訪問するヨコハマベイ、カネアナ洞窟などは今回私も訪れましたが、島の西端のここまで行くと、もう大自然の中に身を置いた開放感にどっぷりと浸れて最高です。

IMG_4373


このカネアナ洞窟には様々な言い伝えがありますが、何をどう信じるのかは自分次第。まずはそこに立ち、エネルギーをどう感じるのか見極める。それでいいのでは、と思います。
(写真を撮るか撮らないか、洞窟の中に足を踏み入れるかやめるか、もすべて自分で決めたらいいと思います)

IMG_4386


私はとりあえず最初に自分の心の中で許可を貰って中に入りましたが、良くも悪くも、何も感じず、ただ洞窟の奥にあるウエットナ部分に恐怖感を少しだけ覚えただけでした。
こういう場所は、一緒に行く人のエネルギーも大きく関わってくると思います。私は、WILDLIFE HAWAIIの陽気な3人のメンバー(彼らはほんとうに明るい!)と一緒に行ったので、彼らのエネルギーがクリアでとってもポジティブだったせいか、不思議とこの洞窟に対して、不安とかそういう感情が湧き出ませんでした。
それより、シーズンだったせいか、ホエールウォッチングが[洞窟のこの目の前のスポットで]出来ました。「ほらほら、見てよ、見てよ」と言わんばかりにジャンプするホエールさんたち。

IMG_4363


さすがにここまで(西端)まで来ると、観光客も少ないし、海も独り占め、という感じがします。

IMG_4344


ここがオアフ島?ネイバーかと思ったほどです。

IMG_4356


今自分がいる場所を地図上で教えてくれるWILDLIFE HAWAIIの代表のMASAさん。好きだなぁ、こんな穏やかな人。彼の存在がまたひとつハワイの癒やしにプラスされそう。ハワイ島で家づくりをしたそうで、そんな話もいっぱい聞きたかったなぁ〜(これはまた次回の楽しみに)。
ハワイを愛し、ハワイの自然に敬意を示し、ハワイに暮らす人々の生き方を丁寧に紹介する人に出会うと、私はハワイに来てよかったな、と思います。

今回も特別にカフマナ・カフェ(2009年にオープン)と、その裏にあるカフマナファームにも連れて行って頂きました。(私がそういう場所、そういうところで働く人々に興味があるため)。

IMG_4399

(これがカフェの入り口です)

IMG_20150112_112703


カフマナ・カフェは、1974年に社会的事業を行う組織として設立されたオルタナティブ・ストラクチャー・インターナショナル(ASI)の一部として発足し、ハワイの社会的弱い立場にある家族のために持続可能で、健康的で生産性のあるコミュニティーを創造することをミッションとしている。また、当カフェは、精神的な病に苦しむ住民へヒーリングトリートメント、ヘルストリートメントなどをハワイの伝統的な方法をも用いながら実践している。カフマナとは命または魂の保護者という意味を持つ。(WILDLIFE HAWAIIのHPより抜粋)

IMG_4406


ファームのテント内で、野菜を洗ったり選別したり、働いている人たちの写真を撮ったら、「わぁ、僕を有名にしてくれるの〜〜」と陽気にポーズをとってくれました。いいねぇ、こういうの。

IMG_4407


太陽を浴びて育つハーブや野菜たちを見ながら散歩、贅沢な時間です(ほんとうにこういう時間こそ私を幸せにしてくれます)

IMG_4413


敷地内には、オーガニック果物や野菜などを育てるカフマナオーガニックファームとコミュニティーキッチンとダイニングホールなどがあります。

IMG_20150112_112902


集いの場もある滞在型施設でもあります(宿泊用の棟も別にあるとか)

IMG_4422

(ライブラリー)

オーストラリアのグインガナ・ライフスタイル・リトリートにちょっと似ていますね。
あちらのほうが施設としての完成度が高く大規模ですが(2006年のオープン当時取材しましたが、背筋がピーンとする場所でした)。
ここでは、楽しく、リラックスして、自然を楽しみながら、美味しくお食事を頂ける、素朴な感じがします。

私は今回「WILDLIFE HAWAII」社の、コオリナリゾートの往復送迎のツアーに参加しつつ、そのオプションで、行きたいところに連れて行っていただきましたが、興味がある方はぜひ、相談してみてください。貴重なハワイステイの時間を、自分に興味のある場所に、連れて行ってもらって、素敵な思い出を作りましょう(カスタムツアーあり)。with ワイルドライフハワイの皆さんと。

IMG_4368

<代表のマサさんと、アイランドナビゲーターのしょうこさんと、あきらめん>


SPECIAL THANKS:WILDLIFE HAWAII
http://wildlifehawaii.com/jp/
17

MAHALO

IMG_4388


人はどうしてハワイに惹かれるんでしょうね。そして、私も。
ハワイに行くたび、ハワイのことを考えます。時々、ハワイが近すぎて、あたり前過ぎることに意識が行かなくなってしまうけれど、でもやっぱり、ハワイの自然は、訪れる人全ての人を、優しく包み込んでくれます。

日本に戻り、滞在中にお世話になった人たちにサンクスメールを書きながら、彼らの顔が浮かび、あぁほんとうにみんなによくしてもらったなぁと、胸が熱くなっているところです。その繰り返しをずっとしていくことでしょう。そういう時間がとても自分の心を落ち着かせて、平和な気持になります。ハワイの癒やしは、ハワイに暮らす人たちとの心の交流から生まれるもの。沢山の人に助けられ、心と心を通わせて、そこから湧き出るように、感謝の気持が生まれてきます。だからハワイが好きです。ハワイに暮らす人々との交流で、もっとハワイが好きになります。そのためにハワイにこれからも通いつづけるでしょう。

今回のステイは、取材もたくさんあって、スケジュールもいっぱいいっぱいで辛いこともおおかったけど、辛いことがあったからこそ、助けてくれた人の優しさがじーんと胸にしみました。

私も人を助け、人に愛を送り、いろんなものを与えられる人になろう。そして人を許そう。いろんなことを受け止めて人を許せる人間になろう・・・・。これが、今回の私のハワイ滞在で得たものです。ホ・オポノポノのクラスに参加して、頭ではなく心で気づいたことです。MAHALO。
10

ハワイでオススメのスパといえば

今日はカイルアに行き、LOMILOMI Hana Limaのオーナーの英里さんに会いました。

オバマ大統領がハワイ滞在中にマッサージをリピート依頼することでよく知られていますが、英里さんは、本当にハワイそのもの。アロハスピリッツ、愛に満ち溢れ、いつも笑顔でひたむきで、そして聡明な女性です。

IMG_4272


若くして自身のお店をカイルアにオープンし、8年目。
今では予約のとりにくい人気のスパとなりました。そしてこちらのスパ、訪問するたびに、空間もスタッフの雰囲気もどんどん良くなっていき、たとえ1年ぶりでも、「あぁやっと帰ってきた、ここに」とホッとできる。私にとってオアフ島にある最高のヒーリングスポットです。

IMG_4297


スタッフの方もみな笑顔で、とっても素敵です。

ワイキキのスパももちろん、素敵なところはいっぱいありますが、カイルアまで足を伸ばせる方はぜひ、こちらに行き、そして英里さんの笑顔を見ながら、彼女のロミロミを受けてください。

IMG_4261


ワイキキからの通り道にある、ウルポ・ヘイアウにもぜひ。

IMG_4246
Recent Comments
Profile
  • ライブドアブログ