2006年11月25日

友の死1

大学時代の仲間から、一通のメールが・・・・・

社会福祉学部の友人が、一昨日亡くなったそうだ。
それほど親しかった訳ではないが、驚いた。

通夜は昨夜、神奈川方面で僕は行けなかったので
代わりに行って貰った、その返事だった。

(以下、ほぼ原文どおり)
------------------------------------------
吉田くんの葬儀に行って来ました。
宏子さんが本当に辛そうだった。
ずっと泣いてて倒れそうだった。
吉田くんはアルコール依存で、
体はボロボロだったらしく、
昔と顔つきが随分かわってたよ。
大学時代の友人達がいろいろ来てくれました。
斉藤くん、渡辺くん、その他宏子さんの友達も。
高柳君が泣いてて辛そうだった。
児玉君も言ってたけど、
またそのうち集まりをして、
宏子さんを元気づけてあげたいです。
では、またね。集まりがあったら、
声かけるね。お元気で。お体大切に。
------------------------------------------

久しく会っていない友人たち。
生きているうちに、もう一度。。。。。  

Posted by cpiblog01502 at 07:32Comments(427)

2006年11月18日

一の蔵を楽しんできました!5

da97c209.jpg去る14日、某せんべい会社社長と某漬物会社社長に連れられて
(両社とも埼玉を代表する大企業・・・汗)
「一の蔵を楽しむ会」に行ってきました。

特別招待会のくせに、会費は5,000円。
なんと今回で29回目なのだそうです!
続けるって、スゴイですねえ。

丸の内パレスホテルの大ホールで
まずはウェルカムドリンクの「生原酒」
続いてテーブルには「木桶仕込純米酒」

料理はチケット制で「海の幸」「山の幸」「宮城の幸」
と、一皿づつもらいに行っちゃあ、また一杯飲って。。。

さらにチケットで「発泡清酒・すず音」と
最高級酒「純米大吟醸・松山天」を2杯。

もうこの辺から、酔い酔い酩酊状態で
知らないおばさまグループと談笑(してたような気がします)
名刺を配ったら「あ、春日部おづつみ園?知ってるわよォ」
なんて言われたりして(おぼろげな記憶ながら・・・)

途中、一の蔵経営陣による仕込み歌の披露や
大抽選会があったりして、広い会場は大盛り上がり!

チケットの最後の「粕汁」と「酒饅頭」(どちらも激ウマ!)
をいただき、ほろ酔いで会場をあとにしたのですが
まだまだ話し(飲み)足りないおぢさん達は
千代田線を千駄木で途中下車して
私の隠しレストラン・某になだれ込んだのでした。

このレストランといったら、、、、、次回へ続く  
Posted by cpiblog01502 at 20:40Comments(25)TrackBack(0)

2006年11月15日

不思議な名前の鰻屋さん

f7dff313.jpg隣町の岩槻に
「せんべい屋」なる鰻屋があると友人に聞いた。

まずは、その不思議な名にギュッと掴れ
更に「岩槻で一番美味しい鰻屋です」と言われては
頭の中では「煎餅〜鰻〜煎餅〜鰻」とグルグル回る始末。

早速、妻と行ってみたのは
聞いてから10ヵ月ほど経っていた。(遅ッ!!!)

場所は「丸山クリニック」の入口に当たる信号前。
     ↑(あの、ダンサー・SAM氏の実家です)

平日の昼下がり、
13時を過ぎた店内には誰もいない。
ヒマそうに小さなTVを見てるお姉さんは
まるで昭和中期の“あの頃”の風情を醸してる。

鄙びたテーブルと、鍵の手の小上がりもまた風情。
小上がりに座ると腰窓の向こうには小振りな庭が。

まずはビールを一本に、お通しは「菊花和え」だ。
こりゃいいぞ!
子供の頃は、天敵のように食べられなかった菊花が
(うん、旨い)
とかいって食べられるほど大人になった自分がいる訳で。

酢の物は、さすがに小肌とはいかずサーモンと帆立だけど
イカやタコには丁寧な包丁目が入っている。
煮物もそれぞれに丁寧な、昔ながらの甘味勝ちな味付けだ。

そして、僕は鰻丼を。妻は一寸高い鰻重を。
蓋を開けると、ふんわりと香ばしさが漂う。

しかし残念ながら、鰻はいたって普通。
少々焼きも強すぎて、こげ味もする。

それまでの盛り上がりも、ここで収束に向かった。
起・承・転・落、というところか(ウマイ←自画自賛)

「ご馳走様!」
外に出て、今いちど看板を見ると
「割烹 せんべい屋」となっている。
成程、料理が丁寧なはずだ。

いまどき、あの懐かしい時間を体験できる
貴重なお店です。


「せんべい家」  
さいたま市岩槻区本町2-2-31 (地図を見る)
048-756-0076 
  
Posted by cpiblog01502 at 13:44Comments(815)TrackBack(0)

2006年11月13日

JAZZYな一日5

ab93b29e.jpgフウ、、、、、

どうなることやらと心配していた
『JAZZ DAY かすかべ』も無事終了。

関係者各位、感謝感謝です。

ちと残念な、小雨の一日でしたが
それもまたJAZZYな感じで、結構結構。

初めての極小予算イベントながら
たくさんの人たちが楽しんでくれたようです。
(推定500名、公称3000名・・・・・)

関わった一人としては、もー感激。
更には打ち上げの二次会で
突然プロの演奏が始まったりして。

JAZZYな夜は更けていった。

さて、次回はどうするか
3月下旬ということだけは、決まっているのだけど、、、、、

  
Posted by cpiblog01502 at 17:28Comments(2839)TrackBack(0)

2006年11月02日

JAZZ DAY かすかべ のご案内

ひょんなことから巻き込まれ 反対派だったはずの僕が いつの間にやら中心(のチョット横)に。 それほど魅力的なイベント、と言っておきます。 11月11日(土)昼12時開演(〜15時) 春日部西口・第四公園というところで “JAZZ DAY 春日部”を開催します。 入場無料だというのに、 某ビッグバンドと埼玉大学のスイングバンドのほかに スペシャルゲストとして“宮本大路スーパークインテット” までが登場!!! http://mixi.jp/view_diary.pl?id=225308501&owner_id=6279760 お時間ある方は、是非春日部まで足を伸ばして。 詳細は、また後日。   
Posted by cpiblog01502 at 11:56Comments(1777)TrackBack(0)