2007年05月27日

美しくあること

・・・・・10年ほど昔のこと、を突然思い出しました。

仲間十数名で“日本一の個人庭園”を有する
山陰地方の某社長様のご自宅にお邪魔したときの事。

誰もが「素敵なお庭ですネエ」とか言う訳ですYO!
それを耳にした社長は
「ホオ?あなたはこの庭をほんの数分見ただけで
  私達の365日の苦労がお分かりになるのですか」
と言われたので、一同(し―――――ん)

そうなんですね、
ホンの一片を見ただけでは
そこに達するまでの本当の苦労までは分からない。

優雅に水面を渡る美しい白鳥が
水面下では、じたばたと足を掻き続けるように。

ほんの10日間だけの新茶のために
1年間の愛情と努力を茶園に注ぐように。

誰のためかは知らぬが
少しでも美しくあろうと
自分の身体に美を注ぎ込む女性たちのように。

「美しくあろうとする、その心こそが美しい」
そのようなことを、件の社長は言われた・・・・・

  

Posted by cpiblog01502 at 23:09Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月21日

最後の茶摘み

f339019b.jpg・・・と、いうわけで
イベント終了後は“会長の一言”
で茶摘みにやってきました。

もうこの時期になると、手摘みではなく機械刈りです。
1.2mほどの巨大な“バリカン”を2人で持ち
茶の葉を「バリバリ〜」と刈っていきます・・・写真1

僕はその後ろで袋持ちしながら高さの指示をし
会長は手持ちバサミで残ったところを刈っています。

刈り落とされた、硬い枝葉は数日で発酵し
緑の葉が、紅茶色に変わります。
こんなものがペットボトル茶に使われたりする訳ですよ!

今年の茶摘みも、今日でお仕舞い。
また来年まで、、、、、と感慨を深めながら
なかなか沈まぬ夕日に(ハア・・・疲れたァ〜)
今日は、へとへとでありました。  
Posted by cpiblog01502 at 23:40Comments(1)TrackBack(0)

三州製菓工場祭

121d004a.jpg昨日も早よから、仕事仕事。
7時集合、三州製菓本社工場で
お茶の無料接待と販売なのです。

会場前に130人ほどの行列
会場と同時になだれ込む、人人人。
一袋200円のワレせんべい大袋が飛ぶように売れています。

当方のお茶もそれなりに・・・

しかし、天気が良すぎたのでしょうか?
混雑は1時間と経たずに途切れ
平和に買い物をする風景に変わっています。

おかげさまで交替でおせんべいを買いにいったり
恒例の「アリーナ釜飯」を食べたりする余裕もあり
それはそれとして、まあいいのかなっと。

13時には、お客さんも引け、後片付け。
(今日は早上がりかなッ)と思いきや
「さあっ残り時間は、茶畑にお茶刈りに行くか〜」
という、会長(父)の一声に
(ゥゥッ)っと震え上がる我々でありました。  
Posted by cpiblog01502 at 07:45Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月20日

はい、終わりました。5

5ea0f16d.jpg・・・・・今年のお茶摘み教室

参加してくれた皆さん、ありがとうございました。


今宵は友と飲んだくれて、
帰宅して賄いカレー食べて、
またまた焼酎飲んで、
小春と直とくだらねー話して、、、、、、

さらなるお礼はまた後日。  
Posted by cpiblog01502 at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月16日

「こども茶摘み教室」5

cf6e15fe.jpg

12・13日は「こども茶摘み教室」を開催しました。
各日こども11名+おとな10名超が参加して
朝9時半から11時まで楽しんでいただきました。

下は3歳から上は中学生まででしたので
まあ、ナカナカ大変でしたが
30分の茶摘みと、おやつタイム・簡単な講義
そして一番の目的である
「親への教育」も軽く取り混ぜて、無事終了。

ありがとうございました。
  
Posted by cpiblog01502 at 09:01Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月10日

Days of Wine & Roses (& Tea)5

98a206b0.jpgお茶摘み教室も今日で三日目。
、、と、突然バラの花束が届きました。

贈り主は、匿名の女性から。。。。。

ではなくて、敬愛する人生の師であり
毎年ALASKAに旅を共にする最愛の友人でもある
S先生からの“社長就任祝い”の花束でありました。

それでなくとも
プレッシャーに潰されそうになりながら
人目につかぬように細々と(自称)生きている僕に
さらにプレッシャーをかけてどーする!と思いつつ
御礼の電話をしたのでした。。。。。


今日の昼食は、恒例のお茶の天ぷらと茶飯。
オプションには
マグロ中トロのタルタルとコールスロー(自家製)
カリカリ餃子と白菜の漬物(仕入れ品)
そして昼酒に最適な白ワイン・サンセールをいただきました。

まさに『酒とバラ(とお茶)の日々』
・・・連日ログでこの曲(by DAIRO & CREW)
をかけていることをご存知の方はいないとは思いますが。

遠くから見守ってくださるS先生と
連日満席のお茶摘み教室に参加されるお客様に
感謝を込めて。。。。。  
Posted by cpiblog01502 at 07:54Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月06日

明日から・・・・・

0e26f8c7.jpgお茶摘み教室が始まります。

7日から17日までの10日間という長丁場。

今年から無料→500円に進化してグレードアップしたり
はじめての“お子様茶摘み教室”を開催したり

200人を超える“お茶好き”のかたが見えるのですから
ただいま、緊張感がピークに達しています。

がむばります!

  
Posted by cpiblog01502 at 00:37Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月05日

閉店(数日)前夜に

a1ce08b1.jpg

“無くなったら死んでしまう”と公言して憚らない、
http://u.tabelog.com/ozsan1959/r/rvwdtl/85708/
僕の一番大切な店『六本木オーシザーブル』が
5月8日を持って閉店することになりました。

残念ながら(?)完全閉店ではなく、
改装のための一時閉店なので、
僕が死ぬことは無いのですが、
閉店の一報が届いた時には・・・・・僕は本当に泣きました。
泣きながらマダムにメールを送り、
別れの花束の手配をしたのでした。

単なる僕の勘違いだったとマダムは言うのですが、はて。
あちら様の言い分はシザーブルのHPに
(ほぼ名指しで)書いてあります↓
http://www.sixarbres.com/top2.htm

という訳で、新茶で多忙な間隙を縫って
『オーシザーブル』へ。

23年前、初めて一人でランチをいただいた時
常連のお客様が一番奥の深紅の席に座り
サービスの山田氏と親しげにやりとりしていました 。

(いつかはあの席に座りたい・・・)
と憧れていた最上客席に、今日は案内されました。

今日は料理のことはどうでもいいのかもしれません。

この店と、訪れた人々と、シェフたちと、素敵なマダムと
29年という長い時を共有できたことに感謝をして
『オーシザーブル』の新たな一歩に乾杯! します。
  
Posted by cpiblog01502 at 01:02Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月04日

ソフト犬、あらわる!

02adc49e.jpgふじ祭りも終わったというのに、、、、、、、、、
ソフトクリームを食べに来られるお客様が後を絶ちません。

そんな人たちの笑顔と会話に癒されながら
ふと見ると、犬が抹茶ソフトを
食べているぢゃあ〜りませんか(古ネタ?)

あっという間に舐め終わると
今度はコーンを愛おしそうにガジガジかじり
挙句の果てにはお腹が冷えたのか?
ヒクヒクいいながら、よろめいて帰って行きました。  
Posted by cpiblog01502 at 19:46Comments(5)TrackBack(0)

2007年05月02日

5月1日5

3791dc25.jpg
社長になりました。

座右の銘は「私が変われば、世界が変わる」

・・・・・変わります。


  
Posted by cpiblog01502 at 08:28Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月01日

春日部ふじ祭り5

ふじまつり


おかげさまで無事終了。
というか、大忙しの一日でありました。

一番ありがたかったのは“初対面の親友”こと
マイミク・るみさんとその友人(現役ウグイス嬢)が
片道1時間半かけて手伝いに来てくれたこと。

二人とも“元気なだんご娘”となって
パレードや屋台に目もくれず
一生懸命だんごを焼いてくれましたので
缶ビールの1本や2本や3本や4本くらいお安いもので・・・
「このお礼はスタミナ苑で!」と約束し
感謝を込めてお帰りいただきました。

さて、今年は天候不順が幸いしたのか、藤の花持ちが良く
過去最高の人出(推定13万人!)
ソフトクリームは30分待ち、お茶て詰め放題は1時間待ち。
それでもお客様皆さん喜んでくれ(と、思いたい・・・)
昨年対比105%の売上をあげることができて、
社員に、お客様に、手伝ってくれた皆さんに、そして天候に
感謝感謝です。






  
Posted by cpiblog01502 at 08:51Comments(0)TrackBack(0)