2011年07月29日

タビダチ

一昨昨日(さきおととい)はJazzDayの仲間たちが
一昨日は息子2名の誕生日を兼ねてわが8人家族が
昨日は浅草で下町グルメ会の仲間3名が
『お見送り』の名目で宴を催してくれました

858728_1237058489_175large

ありがたいことです。 858728_1237058490_237large

858728_1237059419_181large

では、今年も行ってきま〜す。

858728_1237059427_37large

858728_1237059424_188large

858728_1237059421_36large

858728_1237059418_104large

858728_1237059417_7large

858728_1237059416_26large

858728_1237059413_206large

858728_1237059412_53large

858728_1237059411_61large

858728_1237059410_79large

858728_1237058488_21large

858728_1237058487_252large

858728_1237058486_1large
  

Posted by cpiblog01502 at 04:54Comments(2)TrackBack(0)

2011年07月27日

16皿目:名古屋『味仙』

さすらいのエイジシュート   
『冷し中華51皿』の旅は  858728_1164443388_189large
名古屋の人たちが愛してやまない、台湾料理『味仙(みせん)』にやって来ました。
858728_1179584353_210large

名古屋といえば、味噌カツ・エビフライ・きしめん・味噌煮込みうどんでしょ!
、、、、、というのは観光客の方々で
地元の人にとっては、この『味仙』こそが“欠かせない存在”だそうで  
どの店もいつも賑わっている、とのこと。  858728_1179584357_180large

んま、驚いたのはこの居酒屋然とした店で
学校帰りの賢そうな私立女子高生が2人
「台湾ラーメン」をおやつ代わり(?)に食べていたこと。
ある意味、香川における讃岐うどん的な位置づけなのかもねー???

料理のほうは、 858728_1179584394_187large
名物の「台湾ラーメン((辛口!!))  」をはじめ
858728_1179584427_102large
          858728_1179584425_228large
                    858728_1179584409_31large
858728_1179584403_34large
           858728_1179584400_254large
                    858728_1179584430_224large
なかなか美味しい小皿料理のオンパレード    858728_1179584419_199large
 

シメに目当ての「冷し中華」をいただきましたが
特徴的!といえるのが  858728_1179584384_12large
858728_1179584391_15large
添えられたマヨネーズと“野菜を細切りにして煮たもの”が具の中にあること。

麺もタレも普通といえば普通ですが
ワイワイ飲んで、色々食べるには絶好の雰囲気。

会計時には、卓上のしゃもじをレジに持って行くという
エンタテイメント性にも優れた、  858728_1179584380_81large
愛され続ける理由をもった、地域の名店でありました。

おススメ度:★★★★
  
Posted by cpiblog01502 at 03:47Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月26日

JazzDayのある街

23日の『JazzDayかすかべ』は大盛況!のうちに幕を閉じることができました。
これも出演者・観客・スタッフの皆さんが一体となって盛り上げてくれた故、
名ばかりの実行委員長として、心より感謝申し上げます。
15th_Jazzday_Poster_Light


開演前の担当マネージャーと超司会者 003
                           ま、衣装のことはこの際は語るまい、語るまい、、、、、
幕開けは『J's』の、 022
ノリのいいフュージョンから。  026

036

いつも“盛り上げ役”として   039

044
お世話になっておりますです。 047

048

続いては初見参の『水岡のぶゆきグループ』
067
シンプルに、  068
流れるようなメロディラインが  070
くウ〜泣かせてくれます。  

昨年に引き続いては『ナイトハピネス』 077
ゆるゆると心地よいハワイアンは和みますナー 
081

087

いつしか会場は、満席&立ち見のお客さんであふれています。 091


そして本日デビューの覆面バンド  099

101
『ザ・昭和歌謡団』   102

105
前半はベンチャーズナンバーでテケテケ 107
 
どこかで見たことのある   111
バンマスのMCのあとは  
コーラスグループ『スキャンティーズ』が登場  114
>会場を沸かせる“昭和歌謡”を熱唱して118

              、、、、、いや、僕の同級生が歌ってるんですけどー!?(年齢はヒ・ミ・ツ・・・・・・・・)  121

意外なほど、ウケておりましたです。はい。 131


さらに“大人のための中学生ビッグバンド”と 143

144
やや屈折気味の呼び声高い147
『白岡町せいが中学校』 149
全てはこの先生↓の手腕(というか、趣味)にかかっています。 152


1年半前の会場で拾われた猫「Jazz」がやってきたり   
166
(ネ)コはかすがい!ともいいますナ 164

長男かつ僧侶かつオタクかつWebデザイン研修中の長男が暗躍していたり
180

石川市長のご挨拶を頂戴して   182

193

意味不明の記念写真を撮るおぢさんたち、、、 187

195

“ドリキンなくしてJazzDayなし”とも言われる
『ドリームスィングキングダム』 197

今回もタップダンスの鬼遺産(おにーさん)や  201

206
ヴォーカルの素敵な尾根遺産(おねーさん)を  210
>220
フィーチャーして、一歩引いた素晴らしいステージでした。
この模様はツイキャスで同時中継。  227
 
228

234

そしていよいよトリを務めるのは  236

244

『ジュン田中とザ・ココナッツ』  250

253

          259

その迫力たるや・・・・・・・・・・・・・・・ 265

269
 
会場は完全に一体化しておりました。271

279

15回目もこれで終わってしまうのか。  283

288

と、ふと目眩すら覚え   299


観客席からも教え子さんたちが登場して 312

306

ところで「レインスプーナ」といえば、僕らが大学生の頃の憧れのブランド
さすがハワイアンの方々・・・・・・・・  314

アンコールはなんと、大先生のソロダンス。 320

321
一人でもド迫力でございます。 

びっくりして木に上る輩もおりましたが315
とりあえず事故も無く、なんとか無事に終えられましたことを
改めて感謝いたします。 858728_1224281868_97large



  
Posted by cpiblog01502 at 05:47Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月25日

15皿め:西荻窪『支那そばいしはら』

さすらいのエイジシュート  
『冷し中華 51皿』
達成のためには、 858728_1164443388_189large
春日部だけに留まらず、遠征にも出ねばなりません。

この日は↓こんなコト↓やっている某社様との打ち合わせで、西荻窪です。
858728_1179575575_209large

1時間ほどの打ち合わせを順調に済ませ
“食べ歩きの師”と仰ぐJ.C.オカザワ氏にメールで指示をいただいた
『支那そば いしはら』へ。 858728_1179575594_131large
エントランスからして、蕎麦屋然としておりますな。。。。。

してメニューを見ると  858728_1179575588_243large
まァ西荻価格で少々お高うございますが「冷やし中華 950円」を確認。

他のお客様は「ワンタンメン 肉海老ミックス 1000円」を頼む方が多く
次回来訪時には、是非そいつを食してみたいもので。

頑固そうなオヤジの冷やし中華は   858728_1179575598_144large
小さな丼にこんもりと盛り付けられて出て参りました。
858728_1179575595_187large
店構え同様に、地味な外観ながら
色とりどりの具を縦に深く盛り付けて
食べ進むにつれ味が広がっていく仕組みで、驚き!

麺のゆで具合、甘みを押さえたタレといい申し分なく
ぜひ、次回も!と思わせる西荻の小さな名店、でした。

ワンタン麺 肉海老ミックスを、ぜひ!

おススメ度:★★★★


マ、このあと西荻駅ウラの超名店
『はつね』にも行き   858728_1179579121_70large

858728_1179579135_215large
スーパークリアーなタンメンをいただいて〆たことは
858728_1179579126_44large
女房閣下殿には秘密にしといてくだされ。。。。。。。。。

こちらのおススメ度:★★★★☆
  
Posted by cpiblog01502 at 04:27Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月23日

続けることで、見えてくるもの

さて、本日は“15回目”『JazzDayかすかべ』

15th_Jazzday_Poster_Light

「え?もう15回もやっているんですか!」なんて驚かれるけれど
年3回開催×5年間続けていますので、ここまでになりました。

実行委員の仲間たちとは
「自分たちが楽しまねば、
  お客さんを楽しませることは出来ない!」
を合言葉に
企画〜打合せ〜準備〜開催〜後片付け〜反省を協力して行っています。

“音楽で、街なかに賑わいを!”という旗印のもとに、毎週集っていますが
会議となるともう本気モードで意見を戦わせ、喧嘩腰になることも。
しかし、会議のあとには気に入りの居酒屋に移動して、
先ほどの言い争いを忘れたかのように、和気藹々。

そんな家族のような、兄弟のような、素敵な仲間たちがJazzDay実行委員会ですが
(時には、週5回もいっしょに呑むこともあり、
                   女房閣下様より長く顔をつき合わせていたり。。。。。)
一応の成功を収めると、言い寄ってくる怪しげな輩も多く
政治的な力、一部団体の声、時には妨害的行為や誹謗中傷に襲われることもありますが
そこは普段の団結力がモノをいい、何とかピンチを切り抜けてきた次第です。

続けることの大切さと、続けることの大変さ。

はじめることは簡単だけど、続けることは困難と立ち向かうことです。

僕らにとって、ほぼ人生にも等しい  858728_314774407_58large
『JazzDayかすかべ』にどうぞお越しくださいませ。

858728_1224281868_97large
  
Posted by cpiblog01502 at 03:56Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月22日

旅と本と人

『人を成長させてくれるのは、
           “旅”と“本”と“人”ですよ。』

という、敬愛する師の言葉を信じて
858728_103308926_1large
1999年からALASKAを旅するようになって 画像 127
今年で13回目を迎える。 画像 129

現地にも友人が出来て  858728_103308953_1large

旅をする理由がさらに深まった。 858728_103308945_1large
 

ALASKAのグリズリーたちとも、 面識が出来た。 858728_103308915_1large
、、、、、、、イヤ、本当に僕たちの顔を覚えているのです858728_103308878_1large
 (ママ〜あいつらまた来てるよぉ。)
         (タケシちゃん、見るんぢゃありません!食べられちゃうわヨ)
なんてね。

時にはこんな熊たちの命をかけた戦いや 858728_103308900_1large

858728_103308913_1large
 
目前で起きた熊のダイビングに驚かされたり  
858728_103308955_1large

嵐の中の命がけの食事、 858728_103308932_1large
本物のアウトドアクッキングを経験して  858728_103308928_1large
たまに熊がシャケを届けに来てくれたり   858728_103308891_1large

もちろん、旅には本を5冊以上持って行き 858728_1150540617_98large

TabiosuruKi
 
ALASKAで読む、小池真理子の愛の物語は、、、、、ムフフフ  858728_1150540622_208large


「もう立派な70歳のヒザです。歩かないほうが良い。」 858728_331078682_165large
と医者に言われたヒザも、ヒアルロンサン注入のお陰で、元気元気
858728_103308916_1large
  

今日の第四金曜日の売り出しと
明日の『JazzDayかすかべ』が終われば
とうとう旅の支度をするのみとなった。  画像 134

ことしのALASKAは
7月29日から8月8日まで。

画像 131

行ってきま〜す 858728_103308863_1large
  
Posted by cpiblog01502 at 13:52Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月21日

14皿目:『世界のラーメン』

「ビーフシチューラーメン」や「クリームシチューラーメン」なる変化球で
度々TVや雑誌に取り上げられているこの店の本名が
『貴陽(コイヤン)』だと知る人は、意外に少ない。

店内も、中華なのか?洋風なのか? 858728_1179554959_58large

西海岸風カフェなのか? 858728_1179554967_216large
 
おそらく40年以上にも及ぶ歴史の中で
少しづつ、少しづつ積もって行ったものなのでしょう。

もちろん「餃子」も  858728_1179555025_58large
「レバニラ炒め」も  858728_1179555023_208large
「チャーシューメン」もある 858728_1179554990_153large

その味は、意外なほどにベーシック。

そして冷やし中華だ。  858728_1179554974_84large
(このPOPは、かなりイカしている。と思う)
この日はいつもと意趣を変えて「五目冷し中華 980円」を注文。

“五目”とは一体ナンなのか?と疑問に思うことが時々ありますが
この店の答えが・・・・・・・コレ  858728_1179554984_170large

858728_1179554979_140large
いやいや、これは「五目焼そば」ではなく
冷たい麺に、冷たい具、冷たい甘酢ダレがかかった「五目冷し中華」です。

しかし、キュウリも紅ショウガも錦糸卵もない。
あんかけする前の具をそのまま載せたという、意外性。

そう、この店の特徴は“意外な”ということ。

1枚目画像を拡大すると
お客様に感謝「生ビール550円→290円」とありますが
2枚目左側には
「麦とホップ 間違いありません」って堂々と。

だからといって
(オイオイそりゃ生ビールぢゃなくて、発泡酒でしょ!!)
などと目くじらを立ててはいけません。

なんせココは意外性が支配する、地域の小さな名店なのですから。


※さて、何回「意外」と言ったでしょうか?
  
Posted by cpiblog01502 at 04:13Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月20日

23日は『JazzDayかすかべ』です!

実はワタクシ、、、、、、、、
6〜7年前のことですが、、、、、、、、
今まさに話題の、、、、、、、、
アノ、例の、、、、、、、、
『なでしこJAPAN』 858728_1224288725_199large
の皆さんと、朝食を(ほぼ)一緒にしていたのです。

イヤ、たまたま所要で汐留の某ホテルに宿泊し
女房大天使様と朝食をいただいているところに
ゴツい尾根遺産(おねいさん)の集団がゴワゴワとやって来て
大皿一杯に山盛り料理を盛り付けて
僕らの少し奥でワシワシと召し上がっていた、ト。

澤選手はじめ、皆さんのナマの笑顔が印象的で
サインを貰おうか?どうしようか?とは思ったものの
ま、お互いプライベートの時間でしょ、ということで
「がんばってネ!」と一声かけるだけに留めました。


さて、今月23日は
『JazzDayかすかべ2011夏』

15th_Jazzday_Poster_Light
が開催されます。

我々が立ち上がって、早5年。
もう今回が15回目のステージになるんですね(しみじみ・・・・・・・)
“続けることの大切さ”を少しでもご理解いただければ幸いです。

タイムスケジュールは
12:00〜12:30 J's
12:40〜13:10 水岡のぶゆきグループ
13:20〜13:50 ナイトハピネス
14:05〜14:35 ザ昭和歌謡団
14:50〜15:20 白岡町立菁莪中学校吹奏楽部
15:20〜15:35 市長、会頭のあいさつ
15:35〜16:15 ドリームスイングキングダム
16:30〜17:30 ジュン田中とザココナッツ

の予定となっております。

特に「菁莪中学校吹奏楽部」は久しぶりの“カムバック”登壇で
顧問の先生が変わられて、どのように変貌しているか楽しみです。

そしてこの度、初ステージにして、ここでヴェールを脱ぐ
「ザ・昭和歌謡団」
果たして、どんなグループなのか?いったいナニをするのだろうか?
すべてはナゾのままであります。

とはいえ、こんなのモノも・・・・・・・
858728_1224308057_166large
スポンサーとして、心より応援する次第でありますが。ハテサテ。

トリはいつもの「ジュン田中とザココナッツ」ですから、ひと安心。
858728_314894728_4large
858728_314774508_76large
858728_314774504_31large
858728_314774483_130large
858728_314774407_58large

皆さま、熱中症対策だけはしっかりとされて
どうぞご来場くださいませ。

858728_1224281868_97large
JazzDayかすかべ 実行委員会 一同
実行委員長 尾堤 宏  
Posted by cpiblog01502 at 11:09Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月19日

13皿目:『北海園』

立て続けに『目指せ!冷し中華51杯』シリーズです。 
6d9f4a0a

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
春日部は藤塚地区にある『北海園』の外観は
レトロというか、生活感あふれてるというか、、、、
なんとも味わい深い姿であります。  画像 065


餃子の皿も思いっきりレトロなら  画像 056
チャーハンも  画像 059
やんわりとしたタンメンも  画像 058
至極穏やかで、懐かしい美味しさです。  画像 057
 

そんな中、目当ての冷やし中華は“色合い重視”の成れの果て
画像 061
なんと「缶詰みかん」がトッピングされていて、愕然!といたしました。
画像 062
(缶詰みかんと紅ショウガと甘酢ダレマッチさせるのは至難の技、かと思いますが)

「私はここのラーメンで育ったの!」というヒトも居るほど
地域の方々に深く永く愛されている“イイお店”なのです。
  
Posted by cpiblog01502 at 15:15Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月18日

10・11・12皿目:『宝宝飯店』

久しぶりの『目指せ!冷し中華51杯』
シリーズです。 6d9f4a0a

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
春日部西口ふじ通りに彗星の如く現れた中華料理店が
『宝宝(パオパオ)飯店』であります。
画像 004
若き中国人シェフと、茶髪の元気な若奥様の店は   画像 023
春日部市役所の方々のランチの選択肢の一つとして定着した感があります。

10人も入れば一杯になる、小さな店ですが  IMG_0600
メニューの豊富さは目を瞠るものがあります  IMG_0606
 
画像 005

        画像 007

                   画像 021

ランチ時には数種のセットメニューが  画像 008
用意されていてお得です!    画像 010
 
 
炒飯もナカナカ美味しいっス  画像 014


さて夏の限定メニュー・冷し中華は 画像 013
3種類が用意されていて 画像 012
 
「五目冷し中華 720円」は彩りもよく   画像 017

画像 020
トッピングのピリッと辛い干し海老がアクセント
甘みを抑えたタレが麺に絡み、あっという間に食べ切ってしまいます。

「バンバンジーサラダ冷し中華 690円」は   画像 015
麺が見えないほどの鳥肉とレタスで、女性に人気の様子。

「冷し坦々麺 690円」が最も個性的で IMG_0601

IMG_0603
ドロリと濃い辛味噌ダレと干し海老が脳幹を刺激して、ピリピリ。

そう、ここは四川系の中華料理店。
油断をしていると思いっきり辛い料理もありますので
メニュー選びには細心の注意を払わねばなりません。

まだまだ、進化と成長が期待できる若い店なので
ランチだけではなく、夜も一度行ってみようかと思っています。


おススメ度:★★★★


  
Posted by cpiblog01502 at 14:37Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月17日

『2011七夕ライブ』大成功!

10日間のご無沙汰です。
ここのところ、イベント〜夏祭り〜片付け〜鹿児島〜屋久島出張と続いていて
全国54人(?)の読者の方には、すっかりアップが遅れて申し訳ありませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月7日は、夕刻より『2011七夕ライブ』をログハウスで開催しました。

ライブ終了後は、出演者・スタッフと打ち上げ会を盛大に催し
ふと目覚めると、ログハウスの床で朝を迎えておりました。

翌8日は膨大な量の空きビンと空きカン、ログと庭の後片付けに精を出しつつ
記憶をたどれば、前夜の『七夕ライブ』は最高の盛り上がりだったト。
手元に残る画像をもとに、ご報告させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
18:00ライブ開始に先立ち
僕が挨拶をさせていただき  画像 089
司会は友人のM輪Y子さん。  画像 092

お客様も予定の40名を大きく上回り、なんと60名近くになってしまいました。 

フラメンコギターの池川さんと、カンテ(歌い手)の大類愛子さんが登場!
画像 105
お二人ともアウトドアで、 画像 117
しかも茶畑の真ん中での演奏は初めてのようで  画像 132
最初のうちは手探りの様子でしたが、、、、、、、、画像 109
グイグイと満席のお客様をフラメンコの世界に引きずり込み
画像 112
夕暮れを前にして、第一部は終了。

休憩時間は、 o0800060011338051716
弊社社員が腕によりをかけた、おにぎりとお茶を召し上がっていただき、一段落。
みなさん思い思いにくつろいでいました。  画像 102


陽が西の空に沈みかける頃、  画像 156
『七夕ライブ』の第二部が始まりました。

この美しい姿のどこから出てくるのでしょう?
画像 130
大類愛子さんの歌声は、魂の奥底を揺さぶるように深く響き
(カンテ・ホンドと呼ぶそうです)
フラメンコと言えば、まずはこのカンテが重要といわれます。
画像 118
・・・・・・・・・(惚れてまうがな)


そして一見優男、しかしその喋りはお笑い系の関西弁(!?)
池川寿一さんのフラメンコギターは  画像 142
時には悲しげに、 画像 135
時には情熱的に茶園に響きわたり 
  画像 137
薄暮の中一段と盛り上がってきたそのとき!!!!!
2名のフラメンコダンサーが登場し、 画像 151
 
観客を魅了します。 画像 154
特に最前列のオジ様は目をパチクリ!

さらにはこのライブの仕掛け人、カルロス・シモネッタ氏が
パーカッションで乱入  画像 174


燃えさかる炎に火をそそぐが如く
超ベテラン(失礼!)ダンサーがさらに2人   画像 178
ログハウスと茶園の境にあるステージ狭しと   画像 183
「セビジャーナス」が繰り広げられ、、、、、、、、、大団円。
緑一面の茶園が、漆黒の闇に包まれる頃には
“お決まり”のアンコールにスペイン語の「マイウェイ」
画像 159
情熱的な七夕の一夜を、シットリと締めていただいて
今年も『七夕ライブ』は大成功のうちにお開きとなりました。

参加されたお客様すべてから、満足そうな笑顔と共に
「ありがとう、楽しかったよ。」
「またやってね、必ずだよ!」とお声をいただき
皆様を見送ったあとは、
演奏者・スタッフ・友人とともに大打ち上げ会!
(これがなけりゃ、やってられないッス)

前日から仕込んでおいた僕の手料理の数々を
M輪Y子さん、女房弥勒菩薩様にも手伝ってもらって皆さんに出し
いつしか僕もその輪の中に加わり
(その画像といったら、凶器集合準備罪的な状態でお見せできませんが)
八海山や磯自慢の大吟醸がポンポン空いて
2000年の極上ブルゴーニュや1999年の希少イタリアワインまでも、、、、、、

というのは記憶に確かではなく、
翌朝の片付けの時に発覚したのですけど。。。。。。。。

ま、そんなわけで
いつも仕舞いはこんな風に記憶喪失になってしまうのですが
ログハウスにひとり残って寝てしまったということは
僕にとって、それほどまでに去り難く、楽しかったのだろうと。

快く手伝ってくれた社員の皆さん
また、お手伝いくださった友人やスタッフの皆さん
最後までお付き合いいただいた皆々様には
心より御礼申し上げます。


感謝

  
Posted by cpiblog01502 at 19:11Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月07日

ケニーさんがやって来た!

午前中は東口店で、広告関係の打合せ。
午後は西口店に行き、エヴァンゲリオンで有名な某社の訪問を受け
わが店舗および茶園を案内させていただいた。

夕方になると、友人K氏から連絡があり
「OZちゃ〜ん、ケニーさんと食事に行くよー。」 とお呼びがかかる。

ケニーさんとは、あの懐かしの歌手ディック・ミネ氏の長男
ケニー・ミネ氏のこと。

akl-024-l

http://www.youtube.com/watch?v=ahVc2CxIMLc

(どんなヒトだろう?大丈夫かなー)と不安を抱えつつ
待ち合わせ場所の『キッチン・HARU』へ。

いやはや、コレが。
直前の不安を吹き飛ばすほどの、面白いオッサン(失礼!)で。

もう75歳だというのに、アタマもココロも青年のまま。
アメリカで10年生活した話、偉大な父親との関わり、
自分が癌に侵されている話、いまだに消えない心の中の炎。
もちろん、切れ味鋭いシモネタも。。。。。。。。。。

たぶん、超偉大な歌手ディック・ミネ氏とはイロイロとあった事でしょう。
「オレが親父より上手に歌うとね、お客さんが怒るんだよ。違う!ってね。」
まァ、そうでしょう。そうでしょう。


笑い、飲み、頷き、食べ、ケニーさんのCDを聞きつつ
ほんの2時間程度ながら、楽しい一夜は更けていったのでした。


※お土産に、ケニーさんの自主制作CDを2枚いただきました。
素敵なご縁をいただき、感謝  
Posted by cpiblog01502 at 09:38Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月06日

8皿目&9皿目:『えぞ春』

“この夏、最大の大発見!”
と“大”を2回も入れて、声高に叫んでも過言ではない
極めてごく普通の、、、、、街の中華料理屋さん。

〜コトの発端は、我が家の次男サトルの情報〜

ある夜、彼の徹夜バイトのラーメン店のカウンターで
常連客『Bar Cooper's』のサイ●ウさんがこう言ったそうな・・・
「あのなアノ店は一見普通だが、とてつもなく普通だ。しかし俺は愛してる。」
そんな話を聞いちゃ、居ても立ってもいられないのは僕のほうで
さっそく次男が行く前に、自主的に探検に行ってみたのでした。
外観は、なんの衒いもなく普通。  IMG_0661
店内も、清潔感はあるが極めて普通。  IMG_0659
メニューは、ほんの少し普通ではない気配。  P6121268
  

で、同行の士・K谷さんは一風変わったメニューの「カレーラーメン」を注文。 
IMG_0653
すっきり系の醤油ラーメンに、ドコン!とカレーが乗り意外な調和を見せる。
半ライスを注文して、残り汁に投入するに相応しい、シンプルな味わい。

それを知らず、うっかり「チャーハン」を注文してしまったのは、やや後悔でした。
イヤしかし、このチャーハン。 IMG_0658
パラパラではなく、しっとり系で優しい美味しさ。ああ、癒されるゥ〜

ボクは、お決まりの「冷やし中華」600円也。  IMG_0655
特徴といえば、添えられた白ゴマが食感に風味をプラスする。
なぜ麺類に春雨(もしくはビーフン)を添える店が多いのか、謎でありますが。
IMG_0656
丁寧に盛り付けられた具が、真面目な仕事ぶりを表し
ちゅるるんっとした麺が、口中で弾けて大満足でした。


しかし、この店の“他店には無い”特徴がさらにありまして。
それは、、、、、、、、、、、、、、、「もうひとつの」冷やし中華の存在が!
091
そう、普通は「冷し中華 600円」の右上に
「特製冷やし中華 850円」とか「海鮮冷やし中華 1100円」という具合に
“グレードアップして客単価を上げよう”根性が垣間見えるもののはずが
この『えぞ春』さんはその逆に左下に
「のり冷し中華 450円」とグレードダウンして顧客の利便性を図っているのです。
(150円分か?微妙にポスターが小さいのも、ご愛嬌)

これが「のり冷し中華 450円」の全貌だぁ〜 P6121271

P6121272
具は、きゅうり・紅しょうが・ゴマと
至ってシンプル。  P6121273
どうしてもゴマだけは外せないンだ!俺は。という意思がヒシヒシと伝わってきます。

もちろん、店名からも想像が容易な「みそラーメン」も  
093
醤油ラーメンに野菜炒めが載った「野菜ラーメン」も 
P6121274
充分に納得の味でございます。

「しょうが焼き定食」は、自称「生姜焼きマニア」の三男スナオが言うには
095
“わが人生において最も生姜の利いた生姜焼きである!”と絶賛。

そして、どうしてもこの店でハズせないのが、接客に当たられるお母さん。

時には厳しく、時には優しくお客さんを見つめ続け
僕をこの店にいざなってくれたSイトウさんのことも、
近所に住むHヤシダさんも、Yワラ保育園のIタバシ園長のことも
全て彼女の頭の中に時間軸と共に入っていて
まだ、ここ3週間で5回目の僕などは駆け出しの部類。

「あなたたち、家族揃って食べに来てお店は大丈夫なの?」
と心配してくれたり
「こないだ見慣れない女の子と
お父さんが来たけど。OZさん、あなたが紹介してくれたの?」

などと絶妙の分析力と記憶力を見せてくれる
『看板お母さん』なのでありました。


オススメ度:★★★★★
  
Posted by cpiblog01502 at 10:25Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月04日

復活宣言!

6月23日あたりから不調を感じつつも
仕事と、会議と、友との付き合いと、数々の呑み会に追われ
寝たり〜起きたり〜出掛けたり〜を繰り返し
ここ10日間というもの、すっかり体調を崩してしまっていました。

いわゆるひとつの風邪なのだけど   BlogPaint
生来のエアコン嫌いが災いし、軽い熱中症的なものを併発。
(未だに自動車運転中は“クーラーをつけない派”所属)
頭痛・めまい・呂律が回らない状況に恐れをなし
必要に応じて使用するコトにして、ようやく復活して参りました。

ということで、
お知らせでございます。+版下おもて1106_01

7月5日から18日まで『夏の感謝祭ウィーク』を開催します。
(内容詳細は画像をクリックしてください、鮮明画像に切り替わります。)

+版下うら1106_01
お得なプレゼントや、季節限定の商品
夏の美味しいお茶やお菓子を用意していますので
どうぞご来店くださいませ。

そして、7月7日は恒例の『七夕ライブ』を、内牧ログハウスで開催予定!

七夕ライブ2011_01
昨年の「テンダリーズ」ライブもしっとりと感動的でしたが
今年は「フラメンコギター」で情熱的に盛り上げたいと思います。

どうぞご期待あれ!  
Posted by cpiblog01502 at 03:41Comments(0)TrackBack(0)