2010年09月22日

本日『十五夜コンサート』です。

昨日は『日光けっこう日帰り半日弾丸打ち合わせツアー』してまいりました。

12時のスペーシアに飛び乗り、下今市で乗り換えて日光に13:20着。
カインド技研のM浦さん、SEのT田さんと合流し、『螢疋ァ挈佑悄

日光駅からほど近い、木造の社屋は杉の香りにあふれ心地良く
我が社のPOSレジ&顧客管理システムとホームページを繋ぎ
一元管理することで精度アップと合理化を狙うという
できそうで出来なかった環境整備の打ち合わせ。
(ほうほう、ナルホド、そんなことまで、、、、)
I本社長の“ITでありながらナチュラリスト”な考え方は
面白くて、楽しくて、2時間超があっという間に過ぎました。

I本社長の趣味は、山歩きと日光の自然の撮影。
その腕前は、もうプロフェッショナルの領域です。
現在の夢は、オーストラリアでモーターグライダーを操り
雲の間から撮影しながら飛ぶこと、、、、、、ってスゴイ!

ふと気がつくと16:00を回り
M浦さんが「行きましょ、湯滝に!」と叫び
女性取締役A木さんの運転でいろは坂を登り、中禅寺湖へ。

実は『螢疋ァ戮賄鯊譴諒産館を運営し
その奥の、湯本温泉にある「山の宿」という旅館も経営。
何故にそんな多角経営をしているかというと
奥日光の自然をこよなく愛するI本社長は
景勝の中に閉館している建物がなんとも我慢出来ず
潰れてしまった施設を自ら買い取って運営すると言う、男気。

夕闇迫る巨大な湯滝に  s-画像 070
飲み込まれそうなM浦さん。。。。。。。。
s-画像 068
 
鄙びきって、自然に溶け込む物産館。 s-画像 066

昼食を食べ損なっていた僕たちは、 s-画像 075

山女と団子をいただき   s-画像 074
 
湯滝の水源・湯ノ湖まで0.4キロ  
湯本温泉に移動し、「山の宿」へ。 s-画像 079

s-画像 080
日帰り弾丸半日旅行の僕たちは、泊まることも温泉に入ることも叶わず
夕暮れに飲み込まれそうな男体山を横目に  s-画像 084
一路、いろは坂を下り
コレもまた『螢疋ァ戮侶弍弔垢襦 s-画像 088

『梵天』でラーメンをかき込み   s-画像 089
(ここも知人の手放した店を引き継いでいるそうで)

東武日光駅から電車に乗り込み、21時過ぎに自宅に辿り着くと
改装中の店舗に煌々と電気が灯り s-画像 095
内装業者さんが天井を張っていたのでした。 s-画像 092
ご苦労様です、感謝!


さて、今宵は良い月が見えますかネ。  fee73356f8d45bbb492a-M


Posted by cpiblog01502 at 06:09│Comments(0)TrackBack(0)  | ご報告・感想

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cpiblog01502/51565901