2013年01月24日

「after you」

フランス人の素敵な紳士が、
ドアを開けて先に通してくださいました。
そう、レディファーストです。、
(マダムではなく、マドモアゼルのおまけ付きで・笑)
本当に自然で、スマートな行為にうっとり。。。

英語で「after you」と言う言葉があるそうです。
日本語にすると、

「お先にどうぞ」

この言葉は、さまざまなシーンで使われているそう。
たった一言の言葉と、たった一つの動作が、
二人の人の心を、瞬時に温かく、幸せにしてくれる。
つまり、譲られた方と、譲った方・・・。
譲られた方はもちろんだけれど、譲った方も、
同じくらいの笑顔になれる。
なんて素敵な言葉なんでしょう。

「after you」と言う言葉は、
心に余裕がなければ、使うことは出来ないものだと思います。
心がともなったさり気ない動作は、とても美しいもの。

日本も昔は三歩下がって殿方の後ろを、
控え目に歩く時代がありました。

どちらも「ゆったりと流れる時」が感じられます。
忙しい毎日が続くけれど、
心の余裕だけは、意識して守りながら日々過ごしていきたい、
そんな風に感じています。。。


cpiblog01592 at 08:57│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔